スポンサードリンク

DQN返し

719 : 名無しさん@HOME 2007/01/24(水) 13:27:23
旦那の弟嫁を散々いじめ抜き病院送りにしたウトメ。 
弟が嫁の病院の近くに引っ越した為、同居も解消されてしまった。 
それが気にいらないのか最近私たち夫婦に擦り寄ってきだした。 

うちは新築マンションを購入予定で 
正月に義実家に言った時、ウトメに間取りを見せながら 
「この和室はお父さんとお母さんの部屋にするんです」と言うと
スポンサードリンク

444 : 名無しさん@HOME 2009/03/05(木) 19:30:37
流れ読まずに投下します 

諸先輩がたのおかげで先日ついにやりました! 

同居トメ、トメ友とのランチに見栄はって、私の独身時代に買った 
YSLのスーツを勝手に着ていって、シミばかりかかぎ裂きまで 
作って謝りもしませんでした。
スポンサードリンク

96 : 1/2 2008/05/20(火) 10:08:27
本日めでたく方がついたので投下させていただきます! 

私は学がなく馬鹿で不器用で掃除もろくにできないダメな嫁。(トメコトメ談) 
 そんな嫁をしつけるためと、常日頃から凸されていびられたり、奴隷呼び出しを受けていた。 
新婚旅行先にまで現れるというキ○ガイぶり。 
 夫は「悪気はな(ry」「ちょっと厳しいかもしれないけどお前の〜」「家族なんだから」と 
これまたテンプレなエネ。 

そして三回目の結婚記念日。 
 来るだろうと思っていたら、やっぱり来ましたトメコトメ。 
 「あら悪いわねぇ、知らなかったわ」とトメ。「予約しゃったし。おにいちゃんいないと〜」とコトメ。 
エネ夫も「悪気は(ry 仕方な(ry」で3人で私を置いて外出。
スポンサードリンク

448 : 名無しさん@HOME 2008/02/15(金) 22:06:00
うちの頭弱トメも嫁いびりのつもりで腐ったものを送りつけてきてたわ。 
「ちゃんと食べてる〜?(ニヤニヤ」って聞かれたから「トメさんが送ってきた 
ものは全部旦那くんが食べてますよ」と言っといた。
スポンサードリンク

79 : 名無しさん@HOME 2011/04/11(月) 14:55:55.13
『お里が知れるわね』が口癖のトメ。 
 私がスカートはいてれば「お里が知れるわね」 
 私が髪をショートにしたら「お里が知れるわね」 
 私の手土産がお煎餅だっただけで「お里が知れるわね」←ちゃんと贈答用買ったのに!
スポンサードリンク

950 : 名無しさん@HOME 2009/01/20(火) 21:28:20
今、初めて義実家に来てる。 

数日前にトメから電話があった。 

トメ「嫁子さん好き嫌いはある?もし苦手な料理があれば教えて欲しいの」 

実姉のトメがテンプレ以上で、姉の影響で結婚前からこのスレを見ていた私は「もしや私の嫌いな物をわざと出すのか!?」と思ってしまい、とっさに
スポンサードリンク

105 : 名無しさん@HOME 2008/10/07(火) 23:17:50
1/3 
義実家に行く度に服装チェックしては文句をつけるトメ&コトメ。 
文句だけならともかく、身につけてるアクセサリーやバッグまで盗ろうとする。 
「地味な嫁子より私が付けた方が似合うしぃ」とコトメが言えば、 
「そうね!嫁子はどうせ似たような物いくつも持ってるんでしょ!コトメちゃんにあげなさい」 
とトメが頷いて二人がかりで奪い取る。 
服と靴はサイズが違うから対象にならないけど、それ以外はとにかくなんでも。 
(バッグを取られた時は変な柄のエコバッグを代わりに使ってと寄越す) 
スポンサードリンク

676 : 名無しさん@HOME 2009/05/23(土) 17:27:58
*オタク話です。ご注意くださいな。 

私、夫、ウトメ同居です。 
ウトメは、別に普通の人でした。 

私は、今はやりの「ロりファッション」が流行るちょっと前に、ロりファッションを着て遊んでいました。 
その当時は、メーカーもあまり進出しておらず、殆どオーダー物。 
私の一番の宝物は、5万〜10万前後のオーダーメイド物の服です。(3着だけ残してあります) 
まあ、今着る訳にも行かないので、本当に思い出の品として、箪笥の肥やしですがw 
スポンサードリンク

349 : 名無しさん@HOME 2008/06/07(土) 20:33:19
来月早々に二世帯同居中の義兄一家が家を出るそうだ。 
んで、今日からトメ親戚一家が親世帯に泊まりに来ていて 
お食事と言う名の義兄一家つるしあげ大会に出席してきた。 
トメが「嫁子ちゃんたらわがままでさ…」とヒソヒソしたり、 
ウトが「長男の癖に出て行くとか言って、全く困ったもんだ!」と怒ったり、 
親戚の方はみんな気まずーい顔。
スポンサードリンク

このページのトップヘ