スポンサードリンク

DQN返し

142 : 名無しさん@HOME 2008/02/05(火) 13:07:38
コトメちゃん、破談になって残念だったね。 
おまけに勘当されちゃうなんてね。 
大好きなおにいちゃんにも嫌われたね。 
毎日私に離婚しろって電話したり 
妊娠したら流れるように下剤盛ったり 
元彼にレ○プさせようとするくらい 
おにいちゃんが好きだったのにね。 
ごめんなさいね私のせいで。 
スポンサードリンク

190 : 名無しさん@HOME 2008/08/20(水) 13:08:20
かなり暴力系です。気分を害したらごめん。 


だいぶ前(私当時23)の話だけど、コウト(高校生)&その友達に灰皿で殴られてレ○プされそうになった。 
だがしかし、言うこと聞くフリして油断させつつ、無我夢中で必死で暴れた結果、
スポンサードリンク

795 : 名無しさん@HOME 2009/01/03(土) 21:25:35
年賀状ネタじゃなくてすいません。 

嫁いだ先が農家なのですがウトメ、親戚、皆良識ある方々です。おそれていた同居も無かったので一安心でした。 

ところが、コトメがすこぶるうざい。 
私、昔から剣道を嗜んでおりまして、元が骨太なのもあってかなりごついです。体脂肪率は低いですが、太いです。 
そこを「嫁子さんって太いよねー!女捨ててるよねー!」 
「そりゃ、ウチのゴリラ兄貴位しか嫁ぎ先無いよねー」 
「つか、農家の嫁とかwww」 

とネチネチネチネチ。 
スポンサードリンク

954 : 名無しさん@HOME 2011/10/20(木) 14:16:34.97
豚切ます。長いのでわけます。1/4 

義実家にて同居中。基本的にみんないい人。 

ある日、全員揃った夕飯の席で、 
夫が「主婦ってニートだろw楽しすぎw」と発言。 
会社のバカ後輩に何か刷り込まれたらしく 
「適当に家事して子の面倒見るだけなんて誰でもできる」と。 
さらにウトも夫に激しく同意。 
二人して、代わってほしいとか家族養うのは楽じゃないとかグチグチ。
スポンサードリンク

428 : 名無しさん@HOME 2007/11/11(日) 21:11:00
携帯からなので改行おかしいかもしれませんが、つい先ほど義実家でやらかしたDQ返しを投下してよろしいでしょうか? 

429 : 名無しさん@HOME 2007/11/11(日) 21:13:08
いいよ 

437 : 名無しさん@HOME 2007/11/11(日) 21:35:07
許可頂けたので投下します。 

旦那は次男。長男と三男は既に義実家(彼等には実家ですね)と絶縁済み。 
旦那は結婚前に「うちの両親が何か嫌な事したら、10倍返ししとけ。で、それが三回続いたら俺達も親と絶縁しよう。二回は俺の親孝行と嫁子からの絶縁執行猶予って事にしてくれ。悪いな」と言ってくれてました。
スポンサードリンク

70 : 名無しさん@HOME 2008/04/30(水) 13:00:47
やっと気分的に話できるようになったので、書きます。 
私たち夫婦は8歳年の差カップルで私が上。 
私の年齢的なこともあり、結婚してすぐにあかちゃんが欲しくて 
最初の子を一年目に産んだ。 
一年おいて2人目に挑戦するも、初期流産。 
その後稽留流産→初期流産→死産と続いて、診断は「不育症」 
長い長い時間と私たちにとっての大金をかけて治療して 
一昨年にとうとう妊娠した。
スポンサードリンク

254 : 名無しさん@おーぷん 2015/01/03(土)19:14:33 ID:bmm
義実家でDQNやって追い出されてきましたw

おせちは黒豆と煮物(小芋と人参とちくわ)だけをつくり、
あとはいつもスーパーで出来合い買ってたトメ。
毎年それを繰り返すくせに「ヨメコはおせちも作れない」とほざいてた。
スポンサードリンク

214 : 名無しさん@HOME 2009/03/27(金) 13:18:47
先ほど成功してきたDQ 

テンプレ一歩手前なトメ。 
自分は世界が広い、お友達がいっぱいなのが自慢。 
新婚旅行に海外を選ばなかったせいで、嫁は海外を知らない!世界が狭い!と決め付け。 
そんなんじゃダメよ、世界を知らなきゃ、とぐだぐだとツアー旅行の自慢話を繰り広げる
スポンサードリンク

436 : 名無しさん@HOME 2009/07/05(日) 02:09:17
去年、私をいびりまくった(イビリ内容は100%テンプレ)義実家と 
 やはりテンプレなヘタレ対応しかしなかったエネ夫にしたDQN行為。 
 去年の今日が、ちょうどその作戦決行日だったので、思い出に投下します。 

コトの始めに、去年の五月末 
 私が独身時代に所属していた会社の開発チームから連絡がありました。 
 当時開発(研究)していたものが、大々的に商品化されるという知らせです。 
 かなりディープな物だったので、当時はそれが日の目を見るとは思っていなかったけれど 
 ついにその日が来た、と。
スポンサードリンク

このページのトップヘ