スポンサードリンク

2人目

819: 2019/02/25(月)11:38:49 ID:1kc.aa.y4
愚痴らせて。上の子(女)の時はつわりがなくて、ずっと順調で、お産は辛かったけど生まれてからは大きなトラブルはなかった。
ミルクぐいぐい飲んで、すぐげっぷしてよく寝てくれる子だった。ヤダヤダ期はあったけどよその子より軽かったと思う。
二人目を作るのは全然迷いがなかった。当たり前のように上の子の時と同じようになるもんだと思ってた。全然違った。
下の子(男)の時はつわりがひどくて何も食べられなかった。脱水症状で起き上がれないくらいになった。
唯一食べられたのはガリガリくんで、それも少しずつ舐め取らないと全部ゲーゲー吐いてしまった。何度も点滴した。自分の唾液さえ飲めなかった。
生まれてからも辛い。全然寝てくれない。今までぶっ続けで二時間以上寝たことが一度もない。ちょっとした刺激ですぐ起きてギャン泣き。
二時間寝ないのに二時間泣きつづけるのはザラ。虐待だと思われてそうで怖い。
上の子と夫には一階で寝てもらってる。二人とも眠りが深いから、二階と一階に離れれば目が覚めないみたいでそれは助かる。
大人の私はこんなに睡眠不足が辛いのに、赤ん坊のこの子はどうして寝ないでいられるんだろう。一昨日から手が震えて止まらなくなったんだけどこれは睡眠不足のせいなのかな。包丁が使えない。
寝ないと一時的にハイになって、それが過ぎると鬱っぽくなって食欲がなくなる。
お乳が沢山出るのに赤ちゃんはいやがって飲まない。食べてないのに体が母乳を沢山作るせいか体重が激減した。皮膚がたるんだ変な痩せ方。
たったこれだけの文章を打つのに四日かけてる。赤ちゃんが泣くからもあるけど頭が働かない。



スポンサードリンク

652: 修羅場ステーション 2018/12/26(水)18:14:17 ID:rgK
相談です。当方38歳女、バツイチ。3歳の子供がいます。
子供の育児休暇中(当時生後7ヶ月)、元旦那がやたらと2人目を作ろうと迫ってきました。
私はせめてもう2年は待って欲しいと言ったのですが、聞き入れません。
私としてはすでに育児休暇を頂いているのに続けて休暇を取るのは印象が良くないですし、何よりも年子の子育てはきついです。
あとから元義母から元旦那の本音を聞かされて落胆しました。
育児休暇中の私の給料は元旦那の給料の5分の4ほどで、通常の給料は元旦那を超えます。
それが気に入らなかったようで、1人目の時に退職するかと思いきや育児休暇で済ました事も不満だったようです。
上記のように、続けて育児休暇を取る事に抵抗があると話した時に退職した方がいいんじゃない?とすすめてきたのにも納得がいきます。
元旦那とはすれ違い、子供が一歳半の時に離婚したのですが、
ここ最近、元旦那が再婚するという情報を共通の友人達数人から何度も聞かされます。
私としては元旦那の再婚なんて凄まじくどうでもよいのですが、何故か色々な人から再婚の情報を聞かされます。
この人達にはやめてくれと伝えたのですが、何故?再婚相手は美人だよと不思議がられます。
頭にきて、こちらは交際相手がいるしあまり過去の旦那とは関わり合いたくないと嘘をついたらピタッと止まりました。
そして、昨日。私に交際相手いるならそいつが新しい旦那になるだろうし、養育費はいらないだろう?と連絡があって頭が痛くなってきました。
みなさんだったら、子供のために嘘でしたと伝えますか?
それとも感情に任せて嘘を貫き通しますか?



スポンサードリンク

794: 修羅場ステーション 2018/08/01(水) 09:41:53.96 ID:VJtY3MSw
2人目妊娠希望なんだけど、旦那に相談したら産むのはいいけど疲れただのなんだの愚痴を聞かされるのはもう嫌だ
協力はするけど、愚痴だけは言わないと約束してくれって言われた
これって実質一人っ子でいこうってことだよね
旦那に愚痴を一切言わず育児してる奥様いる?



スポンサードリンク

441: 修羅場ステーション 2018/03/30(金) 07:23:04.39 ID:U2X7MSqv
1人目育休中に2人目妊娠出産して、今2人目6ヶ月。1年育休頂いているんだけど、来月から認可外に入れて慣らして1歳前に復職するつもりで、所属部署の上司にはその旨伝えて了承を得ていた。
でも最近、人事部では「早く辞めて欲しい」と思われていることが分かり復帰したくなくなっている。「上司には復帰して良いと言って貰えているのだから」と思っていたのだけど、来月その上司の他部署への異動が決まり、私の復職に対する了承は実質意味がなくなった。
育休延長により周りに迷惑をかけてしまった事は申し訳無いし、その分復職してから必死に頑張ろうと思っていたけど、辞める方がこれ以上迷惑をかけずに済むのだろうか。



スポンサードリンク

このページのトップヘ