450: 修羅場ステーション 2016/10/29(土)00:37:52 ID:rQZ
友やめってほどじゃないのかもしれんけど

ブラック企業勤めだった頃の私は愚痴がひどかった。
友人Aも職場でえらい目に遭っていて、やはり愚痴が多かった。
愚痴というか、上司や客への不満と怒りかな。
友達に会って黒い気持ちを吐き出すことで楽になっていた。

だけど友人Bはそれがとても苦痛だったらしい。
「貴方たちはいつも人の悪口ばかり言っている。
たまにはネガティブなことを言わずに過ごせないの?」と怒った。
Bの言うことはもっともだった。
聞きたくもない愚痴を延々と聞かされたら誰だってしんどい。
他人のネガティブな言葉にさらされ続けたら自分まで汚くなる。

だけど私もAも鬱屈が溜まりすぎてて、吐き出すのをやめられなかった。
だからBは誘わずに2人だけで会うようになった。
マシンガントークで上司や客への怒りをぶちまけてなんとか日々をやり過ごしていた。
Bも誘って遊ぶ時もたまにはあったけど、回数は減った。
そのうちBが誘われていないことに気づいて、「誘ってよ」と言ってきた。
「いや、私ら愚痴を言うから、Bとはまた別の機会に」と言ったら
「だから、悪口ばかり言うのやめれば?」と呆れられた。

だけど私にとってもAにとっても、愚痴の吐き出し合いは精神安定剤だった。
結局、段々にBとは会わなくなってしまった。
私もAも転職して、今では落ち着いて、2人で会っても愚痴大会にはならない。
今ならBも誘っても問題なさそうだけど、
別にBとの交友を復活させようまでは思わないかな。



スポンサードリンク