スポンサードリンク

飲酒運転

99: 修羅場ステーション 2018/11/26(月) 21:53:11.35 0
旦那が毎日朝から飲酒している。仕事の有無に関わらず。
隠しているつもりだろうが気付いていた。
今日それを指摘した。そうしたら、
「焼酎45グラムだけを割って飲んでいるから飲酒運転ではない。」「朝は仕事に行く前に気持ちを落ち着かせる為に飲んでいる」と。
私が何を言っても旦那は反論。



スポンサードリンク

816: 修羅場ステーション 2010/02/01(月) 20:54:06 0
もう10年以上も前の話。

高校生だった俺は、担任に嫌われていた。
親が警察官で駐在所に住んでいたんだが、後で分かったが担任は飲酒運転して免停になり、警察官の子供の俺を逆恨みの対象にしていたらしい。
担任がいろいろしてくるから、俺は孤立。
自殺まで考えた。

ある時、本当に自殺しようとしたが、家族には理由を教えよう、と遺書を書いていたんだ。
そしたら、部屋に入ってきた姉ちゃんに遺書が見つかり、理由を説明する羽目になった。

当時姉ちゃんは大学生。
心理学を専攻していた。
「自殺しようと思うくらいなら、仕返ししよう。
手伝ってあげる。」

姉ちゃんがいろいろ情報収集した結果、先に書いた理由が分かったらしい。

後、行っている?み屋や家族も調べたらしい。

姉ちゃんがやった事。
1 1週間くらい毎日、?み屋の姉ちゃん風のけばい格好で担任自宅付近をうろつき、通りすがりのおばちゃんに担任の家を尋ねる。
2 県、市の教委に、担任の素行の悪さを苦情を申し入れる。
「高校に通う学生の父兄ですが、担任先生はおかしくないですか?
ちゃんと対処お願いしますね。」
3 時間割を確認して、担任の授業中を見計らい、学校に電話、
「担任さん、いますか?
授業中?
なら、良いんです。」
と言って切るを何日か繰り返す。
続く



スポンサードリンク

このページのトップヘ