スポンサードリンク

裏切り

158: 2019/02/08(金)01:42:41 ID:K3y.od.id
裏切られてしんどい
趣味で手芸してる
今闘病中で失業もしてしまって、これからどうやって生きていこうかって考えてた
そんなとき、兄嫁から双子のための衣装を作って欲しいとお願いされた
兄も兄嫁も働いてるから、時間無くて、お金出すしお願いって
足は動かないけど手は動くから、私にもできる仕事だと思って引き受けた
仕事があることが嬉しかった

一万円くらいかけて必要なもの一昨日ネットで注文して、昨日届いた
裁断も済ませた
そしたらさっき「やっぱり全部キャンセル」だって
あんなに話詰めたし、期日まで指定されたのに
兄嫁の母親が「病人に作らせるなんて縁起が悪い」と言って無かったことにして欲しいって
なけなしの貯金から出してきたから、せめて注文したもの買い取ってとお願いしたら
兄嫁が選んだものなのに「お母さんが作るから好きなの選ぶって」と買い取り拒否された
兄に言ったけど既読無視
切っちゃったからもう返品もできない
一万円かけてゴミを抱えただけ

しんどいときに身内からの裏切りって一番辛い
この大量のゴミどうしよう
彼氏のところにいる母に相談したら「甘い話にのっかるからだ、自業自得だ」って
信じてたのに、正直者がバカを見るんだな
兄は母似で私は父似らしいけど、父も正直だったばかりに母に裏切られたんだもんな
本当にしんどい
誰にも騙されずに正直に生きていたい



スポンサードリンク

488: 2018/12/19(水)19:06:00 ID:u1t
20代半ばの頃、恋人を親友に略奪された。
お互いの両親に紹介もして、形式に則った結納まで済ませてた。
招待状も出して、披露宴の打ち合わせもほぼ終わって
あとは今のうちに車の免許を取ろうと自動車学校に通ってる段階だった。
彼と彼のご両親の意向で、仕事も退職済みだった。
彼の実家が会社経営してて、そこで働くことになってたから。
その段階で、彼と親友が突然我が家に現れて玄関で土下座して
「結婚は白紙に戻してもらいたい。私さんとは結婚できません。
彼女のお腹の中には赤ん坊がふじこふじこふじこふじこ!!!」

彼の父親が、息子をなんとか説得するからこのまま式を挙げてほしいと言ってきた。
披露宴には彼の父親の自慢の交流関係の人をたくさん呼んでたから。
籍は入れずに離婚するならそのあとで、とか言って。

彼とは中学時代から10年付き合って、大学時代離れ離れだった遠距離恋愛を乗り越えて
ようやく結婚できると思ってたからショックで、しかも相手が親友だったから余計にきつかった。
あんまり辛くて死にたいと思って、マンションの最上階まで上がったこともあった。
駅のホームに入ってくる電車に吸い込まれそうになったこともあった。
でも結局死ぬ勇気がなくて、でも地元にいられなくて
母の年の離れた妹が独身のキャリアウーマンだったんだけど
昔からお姉ちゃんお姉ちゃんって慕ってたその叔母さんを頼って地元を出た。



スポンサードリンク

554: 修羅場ステーション 2018/11/09(金) 13:53:49.67 ID:T5cwlxBX
婚活時代の嫌な思い出が未だにモヤモヤしているので聞いてください。

アラフォーで婚活をはじめてすぐに知り合った女性(7年婚活していて私より二つ年下の女性)と婚活仲間になりました。
知り合って二ヶ月後に彼女に言われたこと。
「私、婚活に疲れた。もう一緒に婚活を止めませんか?」
と、私まだ二ヶ月しか経っていないし疲れていないけど、一応、話は合わせつつ
「確かに疲れるけど私はもう少し頑張ろうかな。今は種まきしている段階だし」
と言ったら、急に
「〇〇さん、私を裏切って誰かと付き合って、急に結婚しそうだよね!危険な人~裏切らないでね」
と、怒りモードで言われた。
確かに、種まき段階だけど既に良いかなって人はいて(今の旦那)、裏切る事が婚活でいけない事なのか?凄く怖くなり彼女とはそれ以来会わない様にした。

数年した今も彼女は独身らしい。
共通の友人達とのライングループも私の結婚を聞いた直後に無言で退出していた。
私は彼女を優先していたら未だに独身だったなと思えてならない。



スポンサードリンク

174: 修羅場ステーション 2018/03/14(水)11:51:37 ID:usk
一昨年、夫が県外出張の夜、大学時代の友達2人と待ち合わせて一緒に夕飯を食べた。
夫から電話がかかってきて「今どこだ!」
「お店でゴハン食べてる」
「証明できるのか!」
一緒にいた友人2人はどっちも結婚式に呼んだ子だったから電話を代わってもらった。
夫は「あ、どうも……」とモゴモゴして電話を切ったらしい。
私にスマホが戻った時はもう切れてた。
出張から帰った夫にあれは何だと聞いたら、夫友人Aが「奥さんを今ホテル街で見た」ってLINEして来たんだって。
相手の男の背格好とかホテルの名前とかかなり詳細に。
友達と一緒でよかったと思った。
自宅に一人だったら「証明ってどうやって?」とアタフタして怪しまれたかもしれないから。
その時はAの見間違いで片付いたんだけど
後日Aがまた同じようなLINEを夫友人Bに送って、B妻は家に一人だったから証明できずかなりゴタゴタした。
そのB夫妻騒動を聞いて、夫が「まさか俺の時のあれも?」とAを問い詰め
Aは否定したけどずっかり仲間内の信用はなくなった。
それ以来夫とAの付き合いはほぼ消滅。

そのAが、又聞きなんだけどまた同じことを仕出かしたらしい。
相手はAの後輩C。夫とCは付き合いないけど、CとBが元同校なので噂が流れてきた。
C妻は疑いがかかったとき実家にいたので、C親がCを怒鳴りつけて、騒ぎが大きくなった。
C親はAに激怒していて、謝罪に来い!と言ってるのにAは逃げ回ってるみたい。
いわゆるモメサなんだろうけど、Aの神経がわからんわ。



スポンサードリンク

83: 修羅場ステーション 2015/12/22(火) 00:11:24.27 0
夫は結婚前から「うちの親は毒親。家業があるから縁は切れないけど仲良くやっていくつもりもない。」と言われていた。

夫は実家に行くと精神に変調をきたすので、子供が産まれて孫見たさに義実家に来い来い言われた時も私だけで子供達を連れて行ってた。

そんなの、私だって気を使うしイヤイヤだったけど家業の事もあり嫁の仕事だと思って頑張ってた。

最近になって、そんな夫は実はしょっちゅう義母に電話をかけては私の愚痴や文句を言っていたと知った。
話に尾ひれも背びれも付けまくりで好き放題に私の悪口を言っていた。
それを勝ち誇ったように私に言ってきた義母にも、ずっと信じてきた夫にも嫌悪感以外何もない。

離活、始めるとするかな。

スポンサードリンク

540 : 休憩所249 2006/09/24(日) 16:36:32
スレ違いどころか板違いだけど、かまわず投下。 

子供の頃父親から軽く虐待(セクハラ含む)を受けていた私は 
高校を卒業して家から遠く離れた寮のある会社に就職しました。 
寮と言っても、独身寮は男性ばかりなので、 
私は家族寮を一人で使わせてもらっていました。
スポンサードリンク

185 : 名無しさんといつまでも一緒 2009/08/09(日) 22:35:50 O
結婚考えてた彼氏が、人妻と浮気していたことが発覚。 

人妻が妊娠したらしく、彼の家に来て家具や家電を壊したり、彼を半殺しにしたり、大騒ぎだったそうで。 
彼からSOSメールが来て、様子を見に行ったら、その人妻が彼の家に居ついてた。 

人妻の話によると、私の他にも彼氏を訪ねてきた女がいたらしい。 
つまり、わかってるだけで3また…。 
スポンサードリンク

302 : 名無しさん@HOME 2015/07/14(火) 21:54:39.97
辛党が原因で旦那と離婚した話。 

私は辛党。旦那は甘党。 
私は甘いものも食べられるが、旦那は辛いものがまったくダメ。 
結婚してから辛いものは控えていたが、職場の先輩からジョロキア粉末を頂いた。
スポンサードリンク

40 : 名無しさん@おーぷん 2015/04/15(水)01:16:27 ID:nvU
なんか目が覚めたのでカキコ
職も金もない人生どん底で人間不信女性恐怖症を発症していた俺(25)が
人間不信男性恐怖症だった恩人の娘さん(17)に
家庭教師することになったのがきっかけ。
今思えばいくら「持ってる」恩人とはいえ無茶したものだと思う。
41 : 名無しさん@おーぷん 2015/04/15(水)06:34:07 ID:qsh
>>40
aa
42 : 40 2015/04/16(木)00:37:11 ID:9mv
>>41
手を出したときは合法だから問題ありません!
仕方ないkwsk説明させていただこう。

登場人物
俺 フツメン 人間不信の上女性恐怖症を発症
現嫁 Aさんの娘 人間不信の上男性恐怖症を発症
Aさん 現義父 入社当時の直接の上司で大恩人
B君 地元支社に異動してきた後輩
元嫁 幼馴染 俺のトラウマの元凶の片割れ
クズ太 同級生で同僚 俺地元の名家の出 俺のトラウマの片割れ
逝 イケメン 現嫁の同級生 現嫁のトラウマの元凶 

ウチの父は転勤族だったが、俺や兄貴が大学に入るまでは移動しないでいいようにしてくれていた。
俺は地元の人たちと仲が良く、大学に入って母が父のもとに行って実家がなくなっても地元に帰っていた。
当時実家のアパートで隣に住んでいた幼馴染(元嫁)を何かと助け、自分が中3のころから正式につきあい始める。
両親はどこか考え方が古い部分があり、貞操は結婚するまでは守ること、と常々言い含められ清いお付き合いだった。
スポンサードリンク

このページのトップヘ