スポンサードリンク

衝撃

42 : 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)17:23:33 ID:zJT
自分が不幸な式の話。長くてごめん。

昨年のクリスマスイブに、先輩(20代後半♂)の結婚式に招待された。
先輩と私は同じ集落の出身。。
いわゆる過疎地で、喩えだけど、小学生から高校生まで同じ校舎で学んでいるようなド田舎を想像してもらえればいいと思う。
子供が極端に少ないために友人の年齢幅も広くて、10歳くらい違っても一緒に遊ぶような関係だったりする。
親戚関係もあったりするので、小学生も中学生もなくてみんな仲良し!という感じ。

先輩は東京の会社に就職し、そこで同僚女性(先輩の6歳年上)と結婚することになって、私を含めた共通の友人たちに招待状が来た。
私たちは先輩が上京した後は先輩とほとんど交流がなかったけど、皆に慕われていた人だったので全員で出席することにした。
面子は、男6人(20代〜30代)、私を含めて女2人(20代)。
スポンサーリンク

571 : 名無しさん@HOME 2014/03/28(金) 05:26:18.93
こんな時間だからこそ書き逃げ

修羅場って言うか、俺としてはホントに不可解な出来事
オカルトとも悩んだが、一応家庭のことだからこっちに書いてみる
違ってたらスマン

かなり現実味のない話だし、俺自身も何でそうなったのか分からない
だからネタに見えるだろうけど、俺だってネタだって思いたいし、最初はドッキリか何かかと思ったくらい
だからこそ、俺にとっては超ド級の修羅場だった

数年前、気が付けば俺は結婚してた
スポンサーリンク

12 : 名無しの心子知らず 2013/08/07(水) 01:12:01.76 ID:iavJVXJH
キチというには小さなことだけど、常識の無い人を久々に見かけたのでカキコ
今日の昼、電車に乗ると3歳くらいの男児が手すりによじ登っていて絶句
母親らしき人も足場にされてる祖父らしき人もニコニコ笑って見てる
スポンサーリンク

685 : 名無しさん@生活サロン板できました 04/10/01 19:19:05 ID:0WuwcHbj
会社で会議のレジュメ作ってたら突然雨が降ってきた。
外にではなく室内に。
壮大な雨漏りか何かと思って
「うおッ冷てえ冷たい何だこりゃわえsrdtfgyふじこlp」と喚きながら
慌てて使ってたPCに上着をかけ、
部署中の電化製品の電源を落としてビニール掛けて、
ふと振り向いたら室内の全員が( ゚Д゚)ポカーンとしていた。
スポンサーリンク

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:36:11.27 ID:C8aaZlff0
久しぶりに声をあげて泣いたよ
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:37:26.13 ID:lcJEMEMkO
何があった
5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:39:25.84 ID:C8aaZlff0
>>2
街中で久しぶりにあった同級生のバックをひったくって
女がキャってなって振り向くと男がよっ!久しぶりっていうのあるじゃん
それをやったら警察沙汰になった
9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:41:16.27 ID:0imgn6n8O
>>5
それはないわ…
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:39:50.63 ID:ca68BOz1O
その時お前は主役だったはずだ
7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:40:49.58 ID:mX9V2lpM0
>>6
どう見ても脇役です
スポンサーリンク

193 : 本当にあった怖い名無し 2006/06/30(金) 17:34:08 ID:uoC/HSlxO
自分なりに恐かった事を書いてみようと思う。
もう4、5年は経ったし、何より関係者全員無事に生きてる。
恐い思いだけだったんだからいいやと思う反面、やっぱりあれは何だったのか不思議で仕方がない。
つたない文章だし、あやふやな表現もあるかもしれない。そこは勘弁してほしい。
本当に体験した出来事なのにいまいち自分の中で未消化なもので。

スポンサーリンク

560 : 名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)00:36:01 ID:???
友達だと思っていた奴等にされたドッキリが衝撃的だった。

俺と友人4人は高校からの付き合い。
所謂カースト下位のグループで高校時代はみんなモテなかった。
でも4人は有名大に進学したこともあり彼女が出来、彼女がいないのは俺だけになった。
スポンサーリンク

このページのトップヘ