スポンサードリンク

葬儀

803: 修羅場ステーション 2018/05/07(月)00:55:56 ID:Xya
人の話、聞かない人って何なんだろう。
少し前に母が他界して、その話を知人にしていたら、月命日の供養がどうのって言われたのだけどうちは母の希望で宗教色のない直葬。火葬場でお別れして終わりっていうのだったんです
その旨を話したら、いや、月命日をやらないのはどうのってしつこいから、それはその家それぞれだからって言っても、いや、でもーみたいな感じでほんとにしつこくてほっといてくれと強めに言ってそのときは終わった。
そしたらさっき、
お母さんの納骨はすんだのかな、つぎは月命日の供養ですね、みたいなラインが。
人の話聞かないとかあるなあとは思っていたけどほんとここまでとは。そもそもそこまでの関係でもないけど共通の知人もいるからほんとにめんどい。



スポンサードリンク

776: 修羅場ステーション 2017/11/26(日) 07:50:19.97 ID:k4KAAMB/0
お悔やみ欄好きトメほんと多いね。うちのトメも御多分にもれず大好き。
年齢も載ってるから、全く知らない人が若くして亡くなってるとニヤニヤして「あらあら若いのに可哀想に~~自殺かしら~~」っていうからスルーしてるよ。
そういえば救急車も大好き。近所にくる(サイレンが止まる)と一目散に見に行く。70すぎているのにそういう時だけ俊敏。
先日は救急隊の方にアレコレ聞いて叱られて帰ってきたって。全くの他人のことなのに「だって聞いておかないと困るじゃない!」だってさ。
何が困るんだよ。本当に心底軽蔑するわ。

スポンサードリンク

90: 修羅場ステーション 2016/10/08(土) 11:30:00.95 ID:D23pjCQJ
棺桶に入った死んだ人の顔写真は撮影しないのが常識だと思うし葬儀屋もそう言ってたんだが、死に顔や火葬中の炉や焼いた骨の写真をリアルタイムでバンバン撮影し
わざわざ後から送付されて心底愕然とした。
お寺にお炊き上げ頼んだから良いけどさ。どういう神経なんだろ

スポンサードリンク

169: 修羅場ステーション 2017/09/26(火) 01:49:26.08 ID:xwO5AsxI0
先日、私の父が急死してショックで病院の廊下で呆然としていたら
ウトメが押し掛けてきて「ボーッとして!しっかりしろよ!」と急に怒鳴ってきた。
そっちこそ場を弁えろという意味で無言で睨んだら
トメが「パパァ、女の子なんだから優しくしてだってよ」と馬鹿にしたように言ってきた。
ちなみにウトメの親はどちらも元気で生きている。

その時、夫が私の肩を黙って抱いてくれたら
トメが「ちょっと、親の前なんですけど?
ねえパパァ、親の前でいちゃついてるんですけど?」と真顔で攻撃してきて
夫が「もう、いいよ母さん、そういうの」と悲しそうに言った。

それでやっと分かったんだ。
ああ、なんだ、この人はただ嫁が憎くて息子をとられたから許せなくて
どんなことがあっても呪い殺すんだなって。
だったら私もこんな生き霊は相手にせず
粛々と排除しようと。

それで上記のことを静かに淡々とトメに言ってあげたよ。
長文すみません。
たぶんトメに勝てたので
続きはまた今度書きます。

スポンサードリンク

598: 修羅場ステーション 2017/12/26(火) 17:12:30.57 0
先日自分のことを大事に大事にしてくれた親族が亡くなり、葬儀のあとの食事会を旦那両親含めかなりの大人数でしていた最中
クソトメが旦那がお手洗いに行ってるのをいいことに、親戚中の前で
「ようやくこれであんたの母親は私。」
「これからは家族みんなで住みましょう」
「あっ、間違えた亡くなったのはあなたのお母さんじゃなかったわねw」
「でも今日の葬儀はお金かかりすぎて逆に下品」
など死体蹴りを散々してくれました。
しかも私の両親の前で。

うちの親族はみんな気が弱くあまり喋らないためポカーン
両親は流石に怒りでプルプル震えてましたがその前に私から。

スポンサードリンク

55: 修羅場ステーション 2017/12/15(金) 09:03:31.23 ID:cJC8Ugk5
祖父の葬儀の日に、大学生の従妹がゴスロリ服で現れたこと。
周囲は当然ドン引き、叔母は従妹をひっぱたいてたけど、従妹は「これが私の礼装」とドヤ顔。
挙げ句、お坊さんにまでチクリと苦言を呈されていたが、本人的には全く気にしていない様子だった。
大学生でもう成人してるのに、冠婚葬祭の礼儀も分からないとは。

スポンサードリンク

357 : 1/3 2008/06/17(火) 20:56:36 ID:IaXroU3C
吐き出し&相談させてください。

夫の遠縁のお宅で不幸があって、お通夜の手伝いにかり出されました。
そのお宅(T家)は昔ながらの狭い路地に建つ、小さい住宅だったのですが、
最近新築に立て替えたお家。キレイになったけど狭いは狭いので、
その界隈では会館かホールでやる人が多いのですが、今回は自宅葬儀。
どうやら新築お披露目も兼ねてるみたいでした。
故人は天寿をまっとうした形でしたので、ご遺族もすっかり落ち着いていて、
手伝いの人をねぎらったり、終始和やかな雰囲気でした。
ただ、唯一の例外はT奥さん。最初玄関で挨拶しても無視。ブツブツと
「人が出入りするのはイヤだ」
みたいな事をこぼしてて、かなり妙な雰囲気の人でした。
スポンサードリンク

このページのトップヘ