スポンサードリンク

荷物

896: 修羅場ステーション 2018/05/04(金) 12:05:00.92 ID:aXJyW5Bi
タクシーの運転手に嫌味を言われ未だイライラしてる

家族が入院してたんだが今日退院することになり、迎えにいって帰りはタクシーで帰ることにした
長期入院だったこともあり荷物がかなり沢山あったのでトランクを利用させてもらい自宅へ

タクシーを降りて五分ほどして、さっきのタクシーが再び自宅前に来たので何事かと応対すると
トランクに入っていた運転手さんの荷物まで間違えておろしてしまっていたらしく申し訳ありませんと慌てて謝った
この時点で睨まれてはいたんだけど、こちらのミスだしと平謝りしていたら
「はぁ…ご自分の荷物がどれかも分からないんですか…?」とキッと睨みながら嫌味を言われた

かなりカチンときたけど呆気にとられて何も言えず
こちらもわざとやった訳ではないのになんでそこまで悪態をつかれないといけないのかとモヤモヤしてる
トランクに荷物に乗せる時もおろす時もトランクを開けてもくれなくて自分で全部しなきゃいけなかったし
今後なるべくその会社は利用しないようにしようと思った



スポンサードリンク

784: 修羅場ステーション 2018/04/07(土) 16:22:34.14 ID:JctiH0Trd
嫁が妊娠して、結婚して3年で待望の妊娠
まだ初期だからどうなるか分からんけど、嫁の仕事が重い荷物を運んだりする事もあるので年度末で退職してもいいという話もしていた
本人は続けたいという希望なので、課長に相談してもらった
嫁の部署は子煩悩・親馬鹿の集まりだということもあり、部署全員で重い荷物については全力でフォローしてくれることになったし、他でもいろいろ気遣ってくれてる
1人は独身若手だけどすごくいい子で嫁がつわりのときもフォローしてくれていて、別室でゆっくり作業出来るのを頼んでくれたりするらしい
懸念していた仕事は、重い荷物を運ぶのは男性陣、作業は嫁、片付けは男性陣という感じで今までと仕事の仕方が変わって、数人の男性社員もなんとなく勘付いたらしく、軽めの荷物や台車でも手を貸してくれたりするようになったらしい
ありがたいし、無事生まれてくれるといいと話していた
最近になって嫁とその周囲の異変に気が付いた年上の女の人が、嫁に重い荷物を運ぶの手伝わせようとしたり、喫煙のお店に昼に誘ったり、今まで誘ってきたことがなかったのに飲みに誘って来たりするらしい
荷物とかは同じ課の人が、嫁には急ぎの仕事頼んでるからと代わりに行ってくれたりしていたらしいんだけど、最近はフロアで大きい声で叫ぶらしくて嫁が断りづらい状況を作られているんだと
俺の姉が死産したこともあり、限界まで周囲には言いたくないということで必要な人にしか言ってない
俺は嫁の話を聞いてガス抜きさせて、課の人たちに感謝することくらいしか出来ないんだけど、女の敵は女だと実感してるという愚痴
嫁のこと守ってくれていた課長も異動で次の人がデリカシーないらしいからそれも心配



スポンサードリンク

854 : 名無しさん@おーぷん 2014/11/16(日)10:46:37 ID:HcTjvIWFy
昨日嫁と一週間分の食料買出しにスーパーへ行き、重たいもんをいくつか買った
新しい土鍋とビール(秋味)1ケースと、キャンプ用の椅子二脚と一週間分の食料
うちは共働きなので土日しかスーパーに行けないのでどうしてもこうなる
スポンサードリンク

523 : おさかなくわえた名無しさん 2008/06/27(金) 23:53:06 ID:/6ht5mno
プチ武勇伝を投下。 


微妙にずれた時間の電車通勤の俺。 
その日は仕事で使う機材の入った大きなケースを肩から提げて電車に乗らなければいけなかった。
スポンサードリンク

140 : 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)13:38:15 ID:pFX
先日、生後半年の赤を前抱っこで近所の西友に行った。
長い雨の後で数日ぶりのスーパーだったので大量に買い、「さあカゴを荷造り台に運ぶぞ」
というところで、黒ラメトレーナーにパンチヘアーのおばさまがスッと前に立ちはだかり、
「運ぶわよ」
と言うと、カゴを掴んで運んでくれた。
お礼を言ったがロクに聞かない様子で、
「エコバッグあるの?貸してちょうだい」と言って、肉のビニールかけもしながら私のバッグに
サッサカ詰めた。
正直前抱っこだと手元見えなくて荷造り大変なので、とても助かった。
スポンサードリンク

344 : おさかなくわえた名無しさん 2013/02/28 11:13:00 ID:yjdaZ4S8
職場の馬鹿男A。
私用で買った私物を職場に届くように手配したのはいいが、A不在の上着払いだったため仕方なく職場のお金で支払。
スポンサーリンク

このページのトップヘ