スポンサードリンク

自立

743: 修羅場ステーション 2018/04/02(月)08:52:02 ID:FOm
コトメ(夫妹)がとにかく自立しない。嫌いじゃないけど不安だ。
コトメは趣味も似てるし明るいし美人だし付き合いやすい人ではあるんだ。
でも、ずっと実家(私にとっては義実家)住まいで一人暮らしの経験はなくて
自分で生活基盤を作ったことがないからか、何とない幼さがすごくある。
義実家はとても不便な場所にあってコトメの職場まで二時間以上かかるのに、
自分で物件探したり引っ越したりするのが面倒だし一人暮らしが怖いそうだ。
そもそも独立するという考えが全くないらしく
「結婚以外で実家を出る意味がわからない」
「自分で家を買う独身女性が理解できない」とよく言っている。
スペック的には独立できると思うし、本当は都会で暮らしたいそうなんだけど。
結婚したら自分の旦那が全部やってくれるから、という姿勢で、
でも婚活もしないし彼氏も作らないまま40歳を過ぎてしまった。

去年ウトが大きな病気をして、今後も通院・介助が必要になった。
ウトメ双方が体を悪くしていることは夫が何度もコトメに言っていたし、
何かの折に私の実両親や実家について先々のことを話していると
「私たちの親世代はまだ元気だし死なないから。心配しすぎ」と言ってた。
でもこうなって、ウトメは老人向けマンションを夫婦で確保した。
それ以来、コトメが急にこちらに接近してくるようになった。
元々親しく付き合っていたけど、もっと距離詰めて家族の一員として接してくる。
初めて親の老いに気が付いて寂しくなったのかなと思っていたんだけど…。

私や夫にさりげないマウンティングをする。そんなに不快なものではないけど。
「私は社会の大体のことは全部わかってる、賢い、役に立つ、情報通」ってことを
すっごく匂わせる。今まではそんなこと全くしなかったのに。
子供にも急接近していて、一応ガードしているけど子供達も戸惑ってる。



スポンサードリンク

722: 修羅場ステーション 2017/12/07(木)13:37:25 ID:fP5
「自立していて仕事をバリバリやる女性が好き」って言われて交際OKしたのに
「なんで意見を言うの?」
「意見さえ言わなきゃ貴女は完璧なのに」
って言われた時。
自分の意見がない、言えない女なんて職場じゃ使い物にならないし、自立してるとも言いがたいと思うんだけど。
「合わないみたいだね」って即交際撤回した。

あれから数年。
自立していて仕事をバリバリやって、自分の意見がない女を彼は無事捕まえただろうか。



スポンサードリンク

192: 修羅場ステーション 2018/01/19(金)11:21:21 ID:6Ss
私が2歳くらいの時の話。
公園で走り回っていて、何かに躓いて転んだ。
けっこうな勢いで転んだのでそりゃもう痛かった。
そういう時、子供って泣く直前に数秒タメるじゃん?
私もそうだったんだけど、その数秒の間に
目の前のベンチに座っていた優しそうなおばちゃんが立ち上がって、転がってる私の前にしゃがんだのよ。
あ、助け起こしてくれるのかな、痛いの痛いのとんでけってしてくれるのかな、って子供心に思ったんだけど
次の瞬間、おばちゃんは両手をグーにして私の目をまっすぐ見て
修造ばりの力強い声で「頑張れッ!!」て言ったのよ。

それがあまりにも衝撃的だったもんだから涙が引っ込んじゃって
そうするといつまでも地面に転がってるわけにもいかないから
おずおず自力で立ち上がったら、おばちゃんは
自分で立てたね~えらいね~って褒めてくれた。
それまでは私が転ぶと親や通りすがりの人が「大丈夫!?痛くなかった!?」って助け起こしてくれるのが普通だったんだけど
そうか、自分で立ち上がればいいんじゃん!って目から鱗が落ちた。

一部始終を見ていた母(少し離れた所で私が遊んでるのを見守ってて、
転んだのを見て駆け寄ってくる途中だった)も何か思うところがあったらしく
それからは私が転んでもすぐに手を貸さずに
私が起き上がるのを待ってからヨシヨシしてくれるようになった。
後になって聞いてみたら
「それまで過保護なつもりはなかったけど、何もできなかった赤ん坊の頃から育ててるからその延長でいつも手を出してた。初めての子供で勝手もわからなかったし。
でもあの一件で、もう赤ん坊じゃないんだ、もっと手を離していいんだ!って気付かされた」
と言ってた。
母子ともども、ちょっと成長できた体験でした。



スポンサードリンク



269 : 名無しさん@HOME 2013/01/22(火) 17:31:48.35
子供の頃良く殴られた。雪の中裸足で放り出され事もある。 
「誰が養ってやってると思ってるんだ!」「誰のお陰で生きていられると思ってる!」辺りの 
セリフは覚えているけど、それ以外はあまり記憶にない。
スポンサードリンク

このページのトップヘ