スポンサードリンク

職場

796: 修羅場ステーション 2018/02/26(月)05:36:45 ID:iCI
愚痴書く
職場にある食堂のテーブルで朝飯代わりのクッキー食ってたら、こっちまでわざわざ歩み寄り
「あのっさ、いつもみんなにお世話になってるんだから、そういうの持ってきたら皆に(※恐らく自分含めてと思われる)「どうですか?」って配らないと」
とタッパーに詰めてきた5枚しかない私のクッキーをカツアゲしようとするBBA
私「えっ……アハハー、これ朝食代わりなんでs」
「それでもっさあ…」
とか言いながらフェードアウトしてったBBA
球体デブのBBA
それに対して私はBMI16

お前デブお前私を殺す気か?
カロリー取らなきゃ死ぬんだよこっちは
食いたくもない取りたくもない食事を必死に摂ってんだよこっちは
お前私を飢え死にさせる気か?
デブのくせにそれ以上食ってどうすんだおい?

という事が2回もあると、「老害」「デブは生きてるだけで害悪」「お菓子シェア強要BBA」「お菓子893」という言葉が脳裏をよぎる
お菓子シェアという女特有の文化が憎い
お菓子を持ってるとみんなに配らなければならないという同調圧力が憎い
菓子くらい好きに食わせろ
私からカロリーを奪うな
お菓子を持つ者はお菓子を持たざる者に分け与えよってか?ここは教会か?
だとすりゃ金持ちによる1億の寄付より寡婦の1万円の寄付の方が重いっていうだろうが
旦那に養ってもらってるデブBBAとは違うんだぞ
なけなしの金で買ってるクッキーなんだぞ
オ゛ア゛アアア!

以上愚痴



スポンサードリンク

175: 修羅場ステーション 2018/01/26(金) 20:14:29.06 ID:kfG4YE/m
現在進行系。
私(女性)の名字が少しだけ珍しいのだけれど、同じ名字の声優さん(男性)と親戚とかですか?と職場の子に聞かれた。その子も女性。
赤の他人だし、あまり声優さんとか詳しくないのでその声優さんの名前すらも初耳だった。
彼女曰わく、名前もそうなのだけど声や話し方もそっくりらしく私が電話に出たりすると仕事の手を止めてなにやらうっとりしている。
で今日、私が誰かと雑談してるときや、電話しているときなど、ボイスレコーダーで録音していると聞かされた。
無害だけど、ちょっと怖い。

スポンサードリンク

99: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2017/05/13(土) 00:21:53.90 ID:ejoSSBPT
会社に来たハケンのおっさんが凄かった。わが社は建材の販売をしているんだが、
商品を各現場に届ける配送部と商品を管理する倉庫にそれぞれハケンが一人ずつ来た。
俺の方、倉庫にはフォークに乗れるおっさんが配属され、
配送の方には体格のいい元気そうな二十代半ばの男が。
倉庫チームのリーダーはこの辞令を聞いて「あっちのほうがよかった」と呟く。
でもしかたないね、若いのはフォーク乗れないらしいから。
四十代でハケンなんてロクなもんじゃないだろ、すぐ切って別のを…というのが大方の予想。
ところがおっさん、初日から只者ではなさそうなところを見せた。
資材置き場には配送の部署が散らかしていった廃材が所狭しと並んでいて、
係長からそれを壊して片付けておくようにというのが最初の仕事。
目分量から考えたら産廃用のでかいゴミ箱もすぐいっぱいになって、
それでも入りきらんだろうと思っていたが、きれいさっぱり片付けてしかもゴミ箱には余裕がある。
ちょっと不思議に思って見に行ったら廃材がパズルのように整理整頓されて箱の中。
ほとんど余分な隙間もなく埋め尽くされていた。ゴミ箱の交換でもかなりの経費がかかるのだが、
おっさんが作業にかけた長い時間の時給と比べてもおつりがくる。

翌日配送部門からクレームが。あそこに置いてたのを今日再利用するはずだったのに…
そしたらおっさん「どの商品ですか?」なにやら商品名を書いてるメモ帳を出すや、
配送が使いたいものがどこにいくつあるかを説明。
それって在庫じゃないのにご丁寧に…と思ったが、再利用することで経費削減にもなる。
さらに廃材の中から使えそうなものをきれいにして返品伝票を書いて在庫に戻すなど、
おっさんがきてから経費の削減目標まで立てられるほど課長も注目し始めた。

スポンサードリンク

572: 修羅場ステーション 2017/10/07(土) 13:11:16.48 ID:/Vou0tW60
接客業をしていた頃の同僚の一人が嫌いだった
甘ったれで向上心がなくておどおどと八方美人な所が気に入らなくて

2~3年、仲良くしながらも毒舌キャラのふりしてちくちく嫌味を言って遊んでたけど
彼女が30歳を迎えた頃から結婚願望と出産願望を隠さなくなってきたので嫌がらせを路線変更した

仕事の手柄をさりげなく彼女のものにして、影で彼女を褒めて褒めて出世街道に乗せた
彼女のすぐ上の上司が横領してたのをチクり退職に追い込んだのも彼女を出世させるため
上役との会話のチャンスではとにかく彼女を褒め称え
やがて彼女は上司になった

彼女が激務に追われている隙に男を寝取り、そのうち男は別の女と結婚した

今では私も家庭を持ち時短で働いているけれど、気弱な彼女が上司なので何も言われず楽しく働いている
彼女が婦人科に入院したときには子供を親に預けて全力でフォローした

彼女はまだ独身
激務で婦人科を病み、年老いた両親を養っている
まもなく更に出世するお祝いにここに書き捨てる

スポンサードリンク

103: 修羅場ステーション 2012/09/01(土) 20:54:38.92 0
物を渡す際に先輩上司が言っている伝言をせず、無言で渡してきたからそれを指摘すると逆ギレして一言、
「見たらわかるじゃないっすか」

俺「見たらわかるじゃなくて連絡を回せということを言ってるんだよ」
ゆとり「~さん(先輩)の声聞こえるじゃないっすか」(そりゃ受け取ってるお前は聞こえるだろアホか)
俺「~さんは言ってるだろ、なんで言えないんだ?」
ゆとり「1回言うの忘れただけでなんなんですか」
俺「今まで何度もあったからいいかげん指摘しただけだ、~さんが言ってるんだからそれを次に渡す人には」ここで急に、
ゆとり「僕が悪かったです、すいませんでした(棒)」

どう見ても開き直りの態度に呆れはてたわ。

スポンサードリンク

503: 修羅場ステーション 2017/09/18(月) 00:29:47.38 ID:vm/i7nGw
長文だと嫌われるみたいなので端折りまくった 

本業とは別に配送業の夜勤バイトもやってるんだが、数年前そこにパワハラキチママが来た
同僚をお前呼ばわり、些細なことで怒鳴り散らす、本人は仕事できない(たぶん発達) 
→職場内の空気最悪に。さらにまだ10代で皆で可愛がってた新人♂をいじめて辞めさせる 

→新人がいなくなると今度は20代の不思議ちゃん♀(いちおう勤続7年でキチよりは仕事できる)をターゲットにしていじめだす 
→毎日毎日、誰も聞いてないのに不思議ちゃんがいかに服だけ可愛くて仕事できないか大声で言いふらす

→それが半年ほど続き、ストレスでおかしくなってたんだろうけど、気がついたらネットで呪いについて調べていた。
そしてキチが呪い返しで自滅してくれればいいのにとか思った 

スポンサードリンク

777: 修羅場ステーション 2018/01/26(金) 01:32:27.82 ID:MfFKcn2O
(1/2)
職場の年上のA
帰る方向が一緒で、帰り際ご飯行ったりしてる内にプライベートで遊ぶくらいに仲良くなった

その後Aは結婚し子供が産まれ産休に入り、産休明けて早々に戻ってきた
産休明けで早速愚痴
Aは契約社員なんだけど、契約期間の残りが足りないとかで、育休がもらえなかったらしい
更に旦那の給料が低いせいで、子供産んだのに仕事しなきゃいけない!と文句炸裂
え、旦那の給料が低いのわかった上で結婚して子供作ったの自分らじゃんって歯の裏まで出かかったけど飲み込んだ
聞く話によると、旦那の給料は手取り20万以下
Aが働かないと生活がままならないと言ってた
Aの旦那と同じ年齢でも、頑張って役職ついた人は60万くらい貰えてる人もいるらしく
「(A旦那)も頑張ってそれくらい給料貰えるようになってよ!!」って言ったら
「休みも今より少なくなるし、責任重くなるからやだ。万が一にでも役職なれって言われたら辞める」って返されたそうな
そりゃ旦那ねーわって思ったんで
「一生独身貫くつもりならまだいいかもだけど、奥さんと子供いてそれはない!」って共感したら
「いや、でもぉ、〇〇(子供)と一緒に過ごす時間少なくなっちゃうし…」
とさっきまで愚痴りまくってたのに、何故か旦那をフォローw
共感してほしくて愚痴ってんじゃないのかよwとイラッとした

スポンサードリンク

913: 修羅場ステーション 2017/10/18(水) 12:49:28.45 ID:0VhFCGxd
会社のパートさん(女60)が突然無断欠勤。家に様子見に行ってこいと上司から命じられ行くことに。
二階建て借家で草木ボーボー、いやな予感しつつさらに進む。パートさんのスクーターがあるので在宅と思い入り口へ
「パートさーん!」と叫ぶも応答なし、裏へまわりサッシを確認すると鍵かかってない。上司へ電話すると責任とるから中確認しろとのこと
びくびくしながら開けて中へ。
開けてビックリ天井まで積まれた大量の缶チューハイの空き缶、獣道のように奥へ伸びる一本の通路、さらに進む。

スポンサードリンク

293 : ハンディキャップ板より転載 2006/10/09(月) 13:02:47
漏れの昔働いてたとこの障害者(知的)も、同僚のおばはんにセクハラしまくり。
スポンサードリンク

このページのトップヘ