スポンサードリンク

結婚

508: 修羅場ステーション 2018/05/07(月) 11:13:57.30
昨夜夫の伯父が自殺だったという事をなりゆきで知った
結婚より随分前に亡くなってたんで普通に病死か何かだと思ってたわ
結婚10年以上経って知るなんてなあ
差別するわけではないけど身内に自殺者がいるなんて知ってたらもっと色々考えてから結婚するかしないか決めてたと思う
両親もあなたが決めたならーみたいなゆるい賛成すら簡単にはしなかったと思う
実際結婚してみれば夫はメンタル超絶弱くてそれをフォローし続けていた私がストレスで帯状疱疹になった過去もあるし
結婚時点では就職間近だという触れ込みだった当時23歳の義弟もまともに社会に出ることはなく
職歴は20代にしたバイトのみのニートでもはや30代半ば
結婚前の身辺調査とか前時代的だと思って私も両親もそんなの考えもしなかったけど
こういう事があるからすべきものだったんだなって今更痛感

夫には他にも小さな嘘がいくつかあって、それはもう私の見る目がなかったで諦めてたけど
このことに限っては義両親も黙ってたんだよなー
なんだかなー
ただ小梨なのがひたすら救い



スポンサードリンク

1: 修羅場ステーション 2018/05/04(金) 06:27:08.052 ID:bIt834JF0
親父「なんであんな顔の子と結婚したの」

ワイ「家庭的やしええ子やからや」

親父「そうか…でもブスだよな」

ワイ「ワイが子供の頃に人を見かけで判断するなって言ったのは親父やで」

親父「そうだけど…」

自分の教え方に後悔してて草



スポンサードリンク

676: 修羅場ステーション 2018/04/17(火)02:25:13 ID:Bmk
結婚するとき、義実家から「今どき女性は家庭におさまっていてはダメよ。社会に出て立派に働かないと」と言われていた。
仕事は大好きだし辞める気も更々無くて、仕事>>>家事な私にとって家庭におさまるなんてとんでもないことだった。
だからバリバリ働いてるんだけど、私の仕事は給料がいいかわりに準夜勤がある。
今日も仕事を終えて帰路についたのは0時を過ぎてから。
家についたら来客があったのか、水切り籠に来客用の食器が並べてあった。
すると寝室で寝ていた夫が半分寝ぼけて「オカンとオトンが旅行帰りに寄ってった。(私が)帰って来るまでに追い出したけどゴメン」と回らない頭で懸命に謝ったあと二度寝に入った。
テーブルには土産と、土産の下に隠す形で手紙が残されており、中を読むと、説教の文字が並んでた。
内容は要約すると
「折角顔を見に来たのに夫に家事をさせ夜も家にいないとは何事か。女が家庭をほっぽりだして何をしている。12時まで待っていたのに戻ってこない。非常識な対応の埋め合わせは後日必ずしてもらう」
二人はもちろんアポなし訪問。
夫は私と違い朝が早いので、時には4時代に起きるから、寝る時間が10時頃だったりする。
それなのに二人は私の顔を見るためだけに夫を起こして12時まで居座ってたのかと思うと腸が煮えくり返る。
夫は重機を扱う仕事だし、寝不足は大事故にも繋がるのに、自己満足のために夫さえ蔑ろにする二人に心底腹が立った。
これでも本当に人の親なのか。



スポンサードリンク

1: 修羅場ステーション 2018/04/30(月)21:35:05 ID:f4a
はっきり言ってやったわ。
もう手遅れです。諦めてくださいって。
孫とか期待されても困るわ…
気まずくて早めに戻ってきた。



スポンサードリンク

【1/4】  【2/4】  【3/4】  【4/4】←今この記事です。


112: 修羅場ステーション 2017/07/13(木)12:09:30 ID:I0X
昨日の話し合いの流れ

私「別れたい。子供もいらない。あなたがどうしても結婚して子供が欲しいなら別れてくれ」

カレ「子供欲しいって言ってじゃん。なんで今さらそんなこと言うの?ずっと、二人で子供が生まれたらどうしよう、こうしようって話をしてたじゃん」


もう本当にこの人の頭の中では、私20代のときから時間が止まっていた。
あれだけ話をしていたのに、きっと彼の中では嫌よ嫌よもなんとやらだったんだと思う。

〇〇(姪っ子)の入学式を見に行ってから、本当に何かが途切れたみたいな感じで「もういいや」ってずーーーっと思ってた。
この気持ちがなんだったんだろうってよく考えてみたら、本当に不思議なことに生まれた時から見てきた子が大きくなっていく様を傍から見る人生に満足したんだと思う。

ってな感じなことを言ったら、押し黙ってた。

私「私の人生を相談なく決めたことは悪いと思うけど、姪っ子を見て『自分には自分の子供を愛せたかもしれない』っていう可能性と『結婚したいと思ってくれた人がいた』っていうだけで自分の人生は捨てたもんじゃなかったって思う」

カレ「じゃあ子供産めばいいじゃん、結婚すればいいじゃん、それが何が嫌なのかわけ分かんない」

私「簡単に産めば良いって言うけどさ、じゃああなたは生まれた子供に対してどんな親になれる?何してあげたいの?」

カレ「………お風呂入れたり、一緒に遊んだり、おむつ替えたりとか」

彼の言っている理想の親像が、叔母の私が姪っ子にしてあげたことだらけで笑えた。
思わず真剣な話をしているのに笑っちゃった。



スポンサードリンク

【1/4】  【2/4】  【3/4】←今この記事です。  【4/4】


55: 修羅場ステーション 2017/07/12(水)08:47:58 ID:jDW
おはようございます。
とりあえず途中報告です。

昨晩は親元に帰って話をしてきましたが、
いつの間にか彼の評価が『いつまでも娘と結婚しない、うだつの上がらない男』から『娘をもらってくれる男』にジョブチェンジしてました。
そんな彼と別れるというのが、父だけが受け入れられず「子供は産めば絶対可愛い。そんなへそ曲げたガキみたいなことを言っていないで嫁にもらってもらえ」というお言葉をいただきました。

32歳にもなって親の言いなりにはなりたいわけではないですが、
人格否定というか「育て方を間違えた」とか「頭がおかしい」とまで言われて、
心が折れそうです。



スポンサードリンク

【1/4】  【2/4】←今この記事です。  【3/4】  【4/4】


12: 修羅場ステーション 2017/07/11(火)14:44:23 ID:dtj
スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part74
から誘導してもらって、来ました。
(別れるのは決まっているので)相談というよりは、長年誰にも言ったことのなかった愚痴が爆発シています。



スポンサードリンク

【1/4】←今この記事です。  【2/4】  【3/4】  【4/4】


494: 修羅場ステーション 2017/07/11(火)11:18:12 ID:dtj
長文になりますが、失礼します。

とにかく今の彼と別れたい話。
前提として、交際して7年になる彼がいる。
当然私も早く結婚して、子供が欲しいと思った時期もあるけれど、不思議な事にそのピークをすぎてしまうと、子供も結婚も本当もうどうでも良くなった。
正直、今のままブラブラと交際しているわけにはいかないから、籍だけは入れたいけど、もう結婚式なんてする気もないし、子供もいらない。
結婚するなら、もう子無し人生を歩んで、二人で旅行に行ったり、趣味にお金を費やしたり…そんな人生を歩みたい。

彼とは25歳からお付き合いをして、現在私は32歳。
彼は37歳。
本当は20代の内に結婚する話が出たけど、彼の転職した都合とか彼の親戚、私の親戚の不幸やらが続いて話が進まなかった。
最悪、入籍や出産だけ済ませて落ち着いてから身内だけの小さな式か写真だけでも良かったとも思うけど、彼両親が良い顔をせずそのままズルズルと。
別に彼のことは嫌いではなかったらか、もう現状を受け入れる覚悟ができてしまったし、もう私の人生はこの道なんだと思っていた。

それなのに、今になってから彼から「結婚しよう。子供は二人欲しいね」とか言われて困る。

私は絶対子供は20代の内に一人生みたいと思っていたし、当然結婚だって同じ。
それを仕方ない事情とは言え、私の人生設計が崩れたので、もう二人きりの生活から老後のためにお金を……というイメージに頭が切り替わってしまった。
もう「どうして今更になって?」という言葉しか出ない。

(別に30代で子供を生むことが人が駄目とか否定するつもりはないけれど、言葉選びが悪かったらごめんない。)

とにかく25歳の当初は、自分の人生設計があって、子供が欲しいとか純白のウェディングドレスを着たいとか、夢のマイホームとか…とにかく結婚に憧れる時期はあったけど、その時にいくら「せめて入籍だけでも…」と発破をかけても、親が良い顔しないから……という理由で微動だにせず。

友達が子育てや行事への出席で遊べなくなる

遊び相手がいなくて寂しい

俺も結婚しようかな

どうせ理由なんてこんな程度だと思う。
本人はそれとなく良い感じの理由を連ねてるけど、無駄に7年交際してないからそれくらいなんとなくだが分かる。



スポンサードリンク

【前編】結婚して3ヶ月だけど離婚になりそう...義母には「あなたが悪い、私は娘を守ります」とまで言われた。

【後編】結婚して3ヶ月だけど離婚になりそう...義母には「あなたが悪い、私は娘を守ります」とまで言われた。←今この記事です。


52: 修羅場ステーション 2017/12/19(火) 01:59:16.57 ID:Dq+C7oZM0
とりあえず嫁親が普通じゃないな


スポンサードリンク

このページのトップヘ