344: 修羅場ステーション 2018/02/22(木) 19:14:07.66 ID:HRUsjrqv
携帯に、近在の姑さんから着信アリ。昼休みに折り返したら
「家が変だ」と、震え声で言うわけよ。どう変なのかと言うと
「どこからともなく、人の啜り泣きが聞こえてくる。ヒッヒッって、時々なんだけど怖い」
なにそれ、どういうオカ案件wとにかく電話じゃわからないから
私が帰るまで姑姉の家(これも近在)に居るように言った
んで夜。姑を迎えに行き、一緒に姑宅に行った。キッチンでお茶いただきながら耳をすませたが
怪しい音はしない。でも姑が怖がってる(舅は鬼籍で独居)ので
夫に電話して「コレコレこういうわけで、今夜はこっちに泊まるから来て」と話してる時に
「ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!」
突然、狂ったような笑い声が家中に響き渡った!私、びっくりして立ち上がろうとしたはずみで
椅子を蹴転がし、足を取られて転倒、姑さんはと見ると、両耳を抑えて床に丸くなり、震えている
夫も電話越しに聞こえたのだろう「なに!?変な人いるの!?」と叫んでいる
「ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!ヒヒヒヒヒー!」ゾッとする甲高い笑いが続く…
いや、どうもおかしい。人の声に聞こえるが、妙に規則正しいし、続きすぎるし、幽霊にしちゃ元気すぎる
逃げたい気持ちを抑えて、声の出所を探してみた。甲高い声で家中に反響していてわかり辛かったが
出所はどうやら居間のようだ。恐る恐る行ってみると、ひときわ耳障りな笑い声が大きく響いている
ここまでくると、人の声ではなく、何かが擦れる音?とわかる。ヒとキの中間みたいな音
ジッと見渡すと、壁付の空気清浄機が目に入った。コンセント引っこ抜いてみたら
「ヒヒヒヒ…ヒヒ…ヒ…ヒ… …」ってな具合に音は収まった
のちに聞くと、舅さんはタバコ吸う人だったので、何年も前に空気清浄機を取り付け
以来ずっとそのまま。姑さんは機械に疎い人なので手入れの必要性とか全く思い至らず
何年も稼働しっ放しだったらしい。回転部分に汚れが溜まって作動不良起こしたのだろう
しかしあんな、人間の声みたいな音立てるとはね。姑さん独りの時じゃなくて良かった
幽霊の存在をマジで信じたあの一瞬が修羅場でしたw



スポンサードリンク