スポンサードリンク

183 : 名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火)09:07:07 ID:2bv
離婚する前の話し。すべて元が付きます。
次男妊娠を機会に、大トメとまだ50代前半のトメと同居が始まりました。(ウトは離婚)
大トメは良くしてくれたけど、お察しの通りこのトメが曲者。金銭面大トメにおんぶに抱っこ、掃除もしてない汚部屋、料理は肉料理ばかり、近所の方の評判も最悪、だけどプライドは人並み以上にあり、嫁の私のする事は何でも気に入らない。まぁ、よくいるクソトメでした。
「金目あてだ」「あんたのせいで大切なものを沢山失った」「私とあの子は(旦那)は一卵性親子だからハァト」等々、散々言われ、最初は旦那は味方してくれていたものの、次男を出産のため入院して戻って来たら、すっかり仲直り、私だけが悪者になってました。
早くタヒねと祈る日々……でも50代前半、先は長い……と思っていたら、クソトメ肝臓癌に!!
スポンサードリンク

921 : 名無しさん@おーぷん 2015/07/08(水)11:22:33 ID:e8G
今日休みなのでつらつら書いた。長くてすまん。

一度目の結婚、俺は24で元妻(以下“元”省略)は29、5つ年上だった。
が、妻は背がちっこくて可愛くて、誰が見ても年上女房には見られなかった。
2年目、仕事から帰ると妻が泣きはらした目で産婦人科に行ってきたことを話した。
子宮がん検診に引っかかって、全摘を勧められたらしい。
子宮を取ってしまったら妊娠は望めなくなる。だけど摘出するなら早い方がいいそうだ。
不思議なぐらい迷いは無かった。
早い方がいいと医者が言うぐらいだから、迷ってるヒマはない状態なんだろうなと思ったし。
そりゃあ子供は欲しかった。だけど妻の命に代えられない。
そして手術を受けた。
「鎹なんかなくたって、俺たち大丈夫だよ」本心からそう言った。
この時は本当にそう思ってたし、妻を愛していた。
スポンサードリンク

615 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/28(土) 18:08:04.83
過疎っているようなので、嫁への愚痴を勝手に書き逃げします。

ある日のこと。
嫁が「電動チャリンコに乗るようになって体力が落ちた」と言い出した。
何のことかと問うて見ると「階段の上り下りがキツイ」とか、
「少し走っただけで息切れがする」と言う。

俺は嫁より2歳年上だが、週に2回運動をしているので
40半ばに近いが未だ体力には問題ない。
だから、「体力云々よりも健康診断に行け」と言った。
何度も言った。何度も何度も言った。
2週間くらい言い続けてやっと町医者に言ってくれた。

町医者は「ウチでは判らないから・・・」と言って、
大学病院に紹介状を書いてくれた。

大腸がん(S字結腸がん)のステージ4だった。
スポンサードリンク

965 : 名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水)16:38:34 ID:bkqdsmPsp
塞翁が馬のようだった今年の出来事

年明け早々体調不良で病院に。検査の結果、初期のガン見つかる。すぐ手術とのこと。

半同棲だった恋人にガン打ち明ける。「色々あてにしてたのに予定狂った」と、打ち明けて数分で別れを言いだされる。

手術成功。転移見つからず。しかし体重は戻らず、165cmの身長に40㎏代というやつれ具合。服や化粧で
やつれをごまかそうと必タヒ。

何故か職場でもどこでも、「綺麗になったね」とモテるようになる。

会社のゆるふわ系モテ自慢の同僚女性を敵に回す。
スポンサードリンク

このページのトップヘ