837 : 愛と死の名無しさん 2010/03/22(月) 00:24:22
新郎が少し不幸になるだけのはずだった結婚式 

ウチの姉の結婚式での話。 
結婚式の招待客を決める席で、母と姉と新郎母が新郎にないしょで 
新郎がずっと好きだった人Aさんを呼ぼうということになった。 
その人は新郎母のいとこの子(?)なのか、新郎が子供の頃からずっとあこがれていた人だったらしい。 
スポンサードリンク