スポンサードリンク

甘え

2: 修羅場ステーション 2018/09/07(金)23:47:40 ID:Y49
「引きこもり」の人は将来どうするんだろ?
SNSなんかみると「行かせない」選択肢を取った親を賛美する書き込みがすごく多いけど…
十代、二十代で引きこもり、何十年も家以外出たことが無いという人は将来、親が死ねばどうするつもりなんだろ?
まだ「学校でひどいいじめを受けた」「障害などで学校について行けなくなって自宅学習してる」ならわかる。
ただインターネットやSNSやりまくる元気はあってネットで「強いw」とか言われてヘラヘラしてる明らかに甘やかし過ぎで手に負えなくなって学校行けなくなったんじゃなくて、学校行かせれなくなった親の子は無理だと思う。
集団行動無理とか仕事限られてくるのに忍耐力も皆無で学力もないとかどうするんだろ。

一生食うに困らぬ資産を残して死ねるような親は滅多にいないから、残された引きこもりの子供は親戚が面倒を見るの?
障害のある人だって軽度なら親の面倒にならないように働いてる人ばかりじゃん。

「別に他人なら関係ないだろ」って逆ギレする人いるけど最悪国で面倒みるんでしょ?
それってうちらの税金でやるなら関係あるやん。
なんで態度でかいの?
「育児能力ないのに作ってすいません」ぐらい慎ましくすれば温情貰えるのにバカなの?

赤の他人の為に使うなら自分の子や親に回したいわ。
100歩譲って障害で働けないとかならわかるよ?
体も心も健康なのに我慢知らない甘やかされた他人の尻なんて拭きたくない。



スポンサードリンク

312: 修羅場ステーション 2018/11/03(土)23:20:19 ID:SLi
友人の紹介で出会った男性。
この人が強烈だった。付き合ってはいないんだけど、お試しでということで半日一緒にお出かけした。
その帰りに男性がスーパーでペットボトルのお茶を箱単位で買いたいと言うのでスーパーに寄った。
男性は2リットルのお茶が6本入ったケースを5箱買った。綾鷹、おーいお茶みたいにそれぞれ種類が違った。
レジで精算するときに、バイトの女の子が担当だったんだけど、ケースって大きいし重たいしバーコードにスキャナーをかざすのが大変そうだった。
ある程度遠くまで伸びるハンドスキャナーだったけど、カートの上に重ねて積んであるから下にあるケースのバーコードは上のケースで隠されていてどかさなければならなかった。
バイトの女の子はこちらに回り込んで重そうに箱をどかしながらスキャンしていたので、
私が手伝った。男性はただ見ているだけだったから堪らず私が手を出したんだけど、
精算後、なんで手伝った?女は甘やかされすぎだわと発言したので今後は会わないと決めた。



スポンサードリンク

247: 2019/02/13(水)20:28:09 ID:2mr
幼稚園児の頃、親が疲れたと発言することが心底許せなかった
疲れた素振りを見せるだけでも、親のクセに怠けてんじゃねーぞふざけんなよと思っていた
小学生の頃は、親が自分の個性や性格を出すことが死ぬほど許せなかった
一秒たりとも子供の前で一個人たろうとするな、子供を産んだなら一生涯子供の前では「親」という役割だけを演じていろと思っていた
根底には親に叱られることへの猛烈な反発心があった
人として同じだけの人権を持った人間同士なのになぜ叱る、怒るといったことを一方的に強制されなければならないのか
親であり子であるからという理由だけでこんな苦痛を与える権利を持つならば、私の前で一個人であろうとするのは卑怯極まりない
苦痛を強制するならどんな時でも親であれ、親であらずただの個人であろうとするな
親の仮面を被り続け私心を殺して子供に向かい合う努力も怠けるような人間は、子を産み叱るなんて権利はない、といつも怒ってた
中高生の頃は、低スペックな両親を見下していた
教師などという低所得で世間知らずな職を選び、社会性が欠けている事をひたすら軽蔑していた
大学で一人暮らしを始めて、4年間、親とあまり接することのない空白期間が生まれた
その後就職して社会人3年目で当時の父親の年収は超えたけれど、さすがに親を個人としても親としても多少客観的に見れるようになって
親父と晩酌しながら仕事の話をしたり、母親に子育ての苦労をきいて申し訳なかったと話せるくらいにはなった

小中高と手伝いが心から嫌いで、あれこれ理由をつけては逃げていたから、一人暮らしを始めてもまともに味噌汁すら作れない状況だった
手伝いとは親が本来すべき仕事の補助であり、偉そうに親然とするつもりならば子に親業をやらせようとするな、
断固として拒否する、といった心境だった。
それでも割り振られた洗い物や風呂掃除はこなしていたが、これまでのどんな苦労よりも苦痛で辛かった記憶がある
一人暮らしを始めてすぐに料理も家事も覚え、あの時の苦痛は何だったのかと思った
本当に精神的に「親が自分の義務を放棄してそれを強制させられている」という思いが自ら苦痛を産んでいたんだなと思い知った


すっかり忘れていたけど、最近妊娠がわかってふと子供時代の親への一連の恨みつらみ思い出した
基本的に無口な性格だったから、面と向かって上記のような事を親に言った記憶はない
でも蛙の子は蛙なので、自分の子が強烈にこんな感情を持つようになったら一体どうしようかと頭を抱えてる
共働きで三十路で正直そんな体力はないし、疲れたと言わない育児なぞ出来る気がしない
あんなに強烈に親の疲労や甘えを憎悪して20年生きてきた自分を思い出しても、どうすれば親の疲労をいたわるような子にできるのか見当もつかない



スポンサードリンク

6: 2018/12/22(土)23:00:31 ID:nPI
事情があって3週間ほど猫を預かった。
子猫の頃から室内飼いで大事にされてた可愛い猫で
最初は怖がってたけどある日突然ベタベタに甘えて来るようになった。
そして3週間後に飼い主が迎えに来たとき、飼い主の顔を見てダッシュで逃げた。

仕方ないから私が捕まえてキャリーに入れたんだけど
普通ここは本当の飼い主と感動の再会っぽくなるもんじゃないの?
なんか釈然としない。



スポンサードリンク

919: 修羅場ステーション 2018/03/19(月)18:10:38 ID:bRe
自分が子どもに過保護かどうか、皆様のご意見をお聞きしたいです。
うちの小学生男子が先日腕を骨折し、念のため学校の送り迎えをしています。
で、今日ママ友達とお茶をしていたときにその話になったときに、1人のママ友から「ちょっと過保護過ぎない??」と諌められてしまいました。
「骨折ぐらいで送り迎えなんて大袈裟。歩いて登下校させるべき。」
「今からそんなに甘やかしてたらロクな大人にならないよ??」
「知り合いの子なんか、年少だけど足に障害があるのに先生と歩き登園させてるよ??」
「そんな小さい子ができるのに、骨折ごときで甘すぎ!」
と捲し立てられてしまいました。
最初はうちのことなんだからほっとけと思ったけど、小さい子の歩き登園の下りで自信がなくなってきました。

皆さんはどう思いますか?やはり過保護なのでしょうか?
毎朝しんどそうにランドセルを背負ってる息子の姿を見てると、なんとかしてあげたくて…



スポンサードリンク

167 : 名無しさん@HOME 2013/11/24(日) 11:14:23
流れ切って申し訳ありませんが、昨日のことを。 
一言だけじゃないし体も張ってくれたけど、高校生のコウトがやってくれました。 
昨日、夫と7カ月の娘の3人で義実家に行った。ウトメにとっては初孫なので大喜び。……なのはいいんだがトメは娘を抱いて離さない。
スポンサードリンク

このページのトップヘ