スポンサードリンク

炎天下

10: 修羅場ステーション 2018/07/22(日)09:23:44 ID:Oub
昨日、会社のイベントスタッフとして朝7時から夜10時まで働いて
室内から炎天下を行ったり来たりしたり重い荷物を運んだり
ずっと立ちっぱなしの動きっぱなしで今は座ってるのがやっとなくらい疲れてる
イベント準備で2か月前から残業続きで疲れてたのもあって
それがようやく終わったと思ったら一気に糸が切れたみたい
昨日の夜は玄関についた瞬間崩れ落ちてしばらく動けなかった
全身痛い、特に足が痛くてゆっくりしか歩けない

そんで、夫は不定休だから今日は仕事
朝食出したあといつも玄関で見送るんだけど、壁に手をつきながらゆっくり玄関まで行ったら
「遅い」「軟弱すぎない?」「疲れてるアピール激しいね」と苦笑しながら出て行った
「今日はゆっくり休んでね」「帰りに何か買ってくるものあったら連絡して」くらい言えないのかと
がっくりきた

自分が休みの日は「疲れてるから」とずっと寝てて朝食も出してくれなければ見送りもしてくれないのに
なんで妻には365日妻であることを求めるのか
普段から掃除も洗濯も買い物もしなければ、出したものを仕舞う、開けたものを閉めることすらも出来ないのに
ただ働いてるだけの分際で偉そうにしないでほしい



スポンサードリンク

189 : 愛と死の名無しさん 2010/09/09 13:02:50
8月の後半の昼間の結婚式行ってきたよー。ちなみに関東。まさに炎天下。 
駅から会場に歩くだけで、すでに新婦に頼まれて着た振り袖も汗だくでびちゃびちゃ。 
会場に着いてから、ガーデン演出があるよーと知らされた。
スポンサードリンク

809 : 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)00:13:26 ID:WX1
これまでの夏祭りでみたずうずうしい人たち
俺の地方、最近やたらと和服優遇されててさ、着物や浴衣を着てると特典が受けられる
和服の方限定、先着○名様まで粗品プレゼント(手ぬぐい、竹製のうちわ、アクセサリー、風鈴、甘酒など)とか
和服の方限定、写真撮影、○○体験、とか
そのイベントに参加するために、和服を着れない人は当日お金を出せば浴衣をレンタルしてくれるサービスもある
スポンサードリンク

このページのトップヘ