スポンサードリンク

洗脳

479 : 名無しさん@HOME 2012/10/10(水) 13:28:08.51
旦那の姉夫婦、わたしにとってはコトメ夫婦が中学生の息子の家庭内暴力でボロボロ。 
帰国して家建てて、十年ぶりに子どもを引き取ったら、 
癇は強いけど、優秀だったコトメコが一気に壊れた。 
カウンセリングなんて笑う。 
育児経験のない町医者なんかに、十年かけた洗脳がとけるわけない。 
なんのために私が、問題児の親をお茶に誘っては話し相手をし、 
輪に入れるように気配りしたのか、誰も不思議に思わないなんて、ほんとばかげてる。 
問題行動をどうして起こすか、我慢させたらどうなるか、 
サインは何か、うまく世間を取り繕うにはどうするべきか? 
私を崇拝させたり、私がいないと何も判断できないように、どうしたらできるか。 
全部生きたデータで実験済み。
スポンサードリンク

11 : 名無しさん@HOME 02/07/24 17:50
まずは長文スマソ。 

義理親は、遠いところに住んでいるのだが、 
上京してくると、用もないのにうちを宿代わりにしたがる。 
もっとも、最近は夫ががんばって、断ることの方が多いのだが。 
スポンサードリンク

907 : 本当にあった怖い名無し 2012/02/04(土) 19:06:38 ID:pLa/D9i+0
復讐というにはぬるい話な上、長文でゴメン。 

A家はうちから歩いて1分かからない距離にあった。 
うちの家族構成は父・母・姉・俺。 
父が亭主関白の暴力オヤジで、子供のころから親父絶対王制な家庭だった。 
稼ぎは母の方が良かったのにとにかく親父が威張っていて俺たちは絶対服従だった。 
スポンサードリンク

398 : 名無しさん@おーぷん 2015/10/06(火)14:18:39 ID:FQF
私の武勇伝ではないけれど

数年前、友人のA子に彼氏が出来た
第一印象はのほほんとした優しそうな人だったけど、実際はとんだDV野郎だった
A子が段々やつれていくのを見て心配になった私と友達4、5人でA子の家まで様子を見に行くと「彼氏から暴力を振るわれている」と泣きながら初めて聞かされた
(最初は悪い病気に罹っているのかと思ってた)
スポンサードリンク

244 : 名無しさん@HOME 2012/05/07(月) 16:24:13.74 0
中学生レベルの陰湿DQN返しなので、嫌な人はスルーして下さい。 



舅が糞だった。姑(長年の洗脳でデモデモだけど良い人)に日常的にパワハラ。 
些細なことでもテーブルを叩いて大声で怒鳴り散らす、物をひっくり返して暴れる、物を投げる。 
姑の髪を掴んで引きずる、殴る、蹴る、肌着姿で表に放り出す、等々。 
夫や義弟が独立した時、姑を引き取ろうとしたが「お父さん一人では生きていけないから」 
「あなた達の結婚の妨げになりたくないから」「慣れているから大丈夫」とエネmeだったそうです。 
私が夫と結婚後見かねて、姑を引き取り同居を申し出たときも、同様の返答だった。
スポンサードリンク

113 : 名無しさん@おーぷん 2015/05/22(金)11:47:26 ID:lKC
毒親から逃げるまでが修羅場だった。
でも毒親だなんてずーっと思ってなかった。むしろウチの親はよそよりいい親だと思ってた。
苦労して俺を育ててくれてるんだ、頑張ってくれてんだと思ってた。なんでかというと親が毎日
夕飯食いながら「おまえのためにこんなつらい仕事をやってんだ」「おまえを学校に行かすためだ」
「おまえが今食ってるメシを稼ぐために、こーんないやなつらい仕事をやってんだ」
って言い聞かされてきたから、何の疑いもなくそれを信じてた。
ウチは実際貧乏で欲しいものとか買ってもらえなかったけど、貧乏なのに頑張って俺を育ててくれてんだーと思ってた。
スポンサードリンク

559 : 2011/02/25(金) 03:33:20.31 O
修羅場というか、家庭内のゴタゴタかもしれないが書く。

俺が中学生の時、父親がうつ病で自刹した。
葬儀などの為にうちに来ていた父親の両親が帰り際に何故かタヒ亡診断書をコピーしてくれと言ってきた。
ただでさえ見たいような代物ではない上に、自刹だと判る内容。
一体何の為かと訊いてみたら、
「○○に生命保険掛けてるから」
息子が亡くなったら自分(親)に保険金が入る設定をしている事にもびっくりしたが、面倒なのでコピーした。
(後日、父親に無断で保険を掛けていた事実も判明)
スポンサードリンク

4 : 恋人は名無しさん 2011/04/11(月) 11:32:13.86 ID:3/1646jYi
新スレ記念投下。あんまり修羅場じゃないかもだけど。

自分で言うのもあれだけど、蝶よ花よと育てられた私は世間知らずな娘だった。
その世間知らずが進学のために地元を離れて一人暮らしを始め、初めての彼氏もできた。

彼男は8歳年上のヴァイオリニストという、当時の私には素晴らしすぎる物件だった。
スポンサードリンク

このページのトップヘ