スポンサードリンク

毒親

485 : 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)20:19:01 ID:LiX
弟に首を絞められ怒られました。家に帰りたくありません。
弟26、私28才です。いつもはどなるだけなのですが首を絞められ◯してやると言われたり、殴られたりしたのははじめてです。
すごく大事にしているズボンだったらしく、すごくどなっていました。
スポンサードリンク

113 : 名無しさん@おーぷん 2015/05/22(金)11:47:26 ID:lKC
毒親から逃げるまでが修羅場だった。
でも毒親だなんてずーっと思ってなかった。むしろウチの親はよそよりいい親だと思ってた。
苦労して俺を育ててくれてるんだ、頑張ってくれてんだと思ってた。なんでかというと親が毎日
夕飯食いながら「おまえのためにこんなつらい仕事をやってんだ」「おまえを学校に行かすためだ」
「おまえが今食ってるメシを稼ぐために、こーんないやなつらい仕事をやってんだ」
って言い聞かされてきたから、何の疑いもなくそれを信じてた。
ウチは実際貧乏で欲しいものとか買ってもらえなかったけど、貧乏なのに頑張って俺を育ててくれてんだーと思ってた。
スポンサードリンク

556 : 名無しさん@おーぷん 2015/03/30(月)12:35:19 ID:RW8
Aという男の話。
A本人はフツメンで、正社員だったし、ちょっと気弱だが性格も良いし
欠点らしい欠点がなかったのだが彼女いない歴=年齢で27歳まで過ごした。
何が悪いかというとAの幼馴染のBというやつがガンだった。
Bは子供の頃からAにおんぶにだっこで生きてきたやつで
宿題はAのを丸写し、読書感想文などもAに書かせ、朝顔の世話も二人分Aにやらせ
って具合で小中時代を生きてきた。
Aの母親が「いいじゃないそれくらいやってあげなさいよ〜」と
息子に押し付けて放置するタイプだったのが
さらにBを調子に乗せた。
スポンサードリンク

294 : おさかなくわえた名無しさん 2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:RlDYjtlR
統合失調症の母親が「自刹したい。ひとりで逝くのは寂しいから一緒にタヒんで欲しい。」と言い出した。
その頼みを断った日の夜中、ふと目を覚ましたら
枕元に母親が立っていた。
そうして自分の顔をじっと眺めていた時が人生最大の修羅場。

スポンサードリンク

272 : 名無しさん@HOME 2008/09/01(月) 00:07:28
流れをぶったぎって長文失礼します。

離婚3周年。
最近母がぽつぽつと話す内容から
父親がとんでもないエネミーだったとわかりました。

私が小学校3年生ぐらいの頃母親が家で常に暗黒オーラをまき散らしていました。
当時私は学校で軽度のいじめに遭っていて母親に話を聞いてもらいたくても無視されて
子供心にずいぶん恨めしく思ったものです。
また母は運動会から帰ってくると父のパソコンを庭に放り投げていたり
理由は忘れましたが私の漫画を破り捨てて部屋中にまき散らしたり、
夜中に叫んでいたりとヒステリックなところがありました。
父は対照的に穏やかな人で母親の機嫌が悪いとき
よく父の元に避難して愚痴を聞いてもらったりしました。
今思えば何故母がそうなるのかよく考えるべきでしたが
私にとって母親は天災のように突然爆発するものでした。
スポンサードリンク

510 : 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)01:00:37 ID:G1U
私は父方の祖父母・父・母・私の5人で暮らしてきたが
幼いころから祖父母と父から叩かれたり蹴られたり暴言を吐かれて育ってきた
口答えしたと言っては祖父母から叩かれ、母親の血を引いてるからこんな出来損ないの孫が生まれた
と言われた
父が仕事から帰ってくると祖父母はその日に私がとった言動(口答えしたなど)を逐一父に報告し、
それを聞いた父が怒って私を叩くといった毎日だったけど、
どれだけ叩かれても母が庇ってくれたことはない

ただ一度だけ私が小学生のころ、両親が出かている間に祖父母から唇を縫われそうになったことがあり
帰ってきた母がぐったりしている私を発見し、それ以降は私が高校を卒業するまで
私だけおいて出かけることはなくなった
スポンサードリンク

このページのトップヘ