スポンサードリンク

96: 修羅場ステーション 2018/07/04(水)15:52:56 ID:yGO
俺が生まれた直後に家庭内に問題があり、母方の親戚のところに養子に出された
ある程度大きく育った頃に問題が解消されて、また実両親のところに戻された
未成年で2度も養子縁組してるってところで身バレするかもしれない、ちょっとしたレアケースらしい
又聞きだが、家庭裁判所の審査でも養子縁組の案件としては結構長引いたらしいしね

聞くところによると、長らく子供に恵まれなかった養父母と縁組したけど数年後奇跡的に実子が生まれて
俺を愛せなくなったとかで手放すことにした(俺もあんだけ弟の誕生を喜んだのにwひどいw)
確かディズニーに行くよって変な時期に家族旅行して、その帰りに俺だけ駅に捨てられた
ミッキーのカチューシャつけたまま、両親と弟はどこいったんだと泣いてた記憶があるわ
警察に連れて行かれて、そのあとしばらく施設で暮らしてたら、あるとき知らない夫婦が
母方の親戚と名乗って面会に来て、週末や長期休暇に彼らの家に行くようになった
例の夫婦の子供になるかどうか聞かれて、恥ずかしくて「どっちでもいい」って言ったのは覚えてる
しばらくしてもう施設に戻らなくていいと言われて、多分時期的にはその頃に縁組の審査が通ったんだろうな、
俺は何もしてないけど、気づいたら実両親の名字になってた
俺にとっては物心つく前に別れた実両親は初対面の赤の他人で、養父母=生みの親だと思ってたので
結構荒れた気がするし、思春期には実父と何度も殴り合って実母も泣かせたw

問題は最初の養子縁組が特別養子縁組の制度を利用、次が普通養子縁組の制度を利用したことと
俺がそれを知らず、また実両親も自分たちが血縁上の親だと明かさなかったこと
養父母は、最初は完全に実子として育てるつもりで実両親と俺の縁を切るためにそうしたんだと思う
実両親との縁組では、法律上赤の他人同士の縁組だし、年齢的にも普通養子しかだめだったらしい
やむをえない事情とはいえ一度は俺を捨てた(実母の言葉)ので、血縁上の両親だと名乗るのに
躊躇いがあったのかなーなんて思う
俺の記憶に実両親が一切残ってなかったこともあるし

客観的に見たら「何でだよ言えばいいじゃん」ってなるんだろうが、そのへんは当人じゃないと
わからない葛藤めいたものがあったんだろうね
俺もそのやむをえない事情とやらを聞いて養子に出したのは納得したし、むしろ俺だけでも
生かそうとしてくれた両親の愛情に感謝したよ
そのあとちゃんと引き取って育ててくれたしね
でも話を聞いてまず、血縁上の両親だって言えよw別にいいじゃんwとは思ったが

ありきたりだけど、実父が亡くなって相続の段になって戸籍見て初めてその辺の事情を知った
俺の戸籍は見たことあるけど、実両親との縁組くらいしか書いてないからね
除籍謄本になんか色々書いてあんなーと思って実母に「なにこれ」と聞いたら
渋々って感じで話してくれたよ
もっと早くに話してくれよ~実の父だって知らないまま親父死んじゃったじゃんwって
そのときは苦笑いしたけど、そろそろ新盆のこと考えなきゃなーって思ったら涙出てきた
言えよクソ親父!10年もあったんだからどっかで言えただろ!



スポンサードリンク

796: 修羅場ステーション 2018/07/02(月)14:10:14 ID:8nO
子供時代と、大人の今、2つの修羅場。
まずひとつめ。
当時、9才の兄、5才の私の下に妹が生まれた。
男の子もびっくりのやんちゃ者だった私、退院してきた母と赤ちゃんに大興奮。
同級生にわりと妹弟がいる子が多くて、私もずっと妹か弟がほしかったから、もうものすごく嬉しかったのを覚えてる。
で、大興奮した私は帰ってきた母と妹を見るなり、妹のベビーベッドで跳び跳ねて足を骨折、額を7針縫う、ベビーベッドを折る。
折ったベビーベッドに足をとられて転んだ兄も、アゴと目の横を3針縫う。
ちなみに兄はやんちゃではなく、どちらかというと学級委員タイプ。
このときも、私を止めに来て転んだらしい。
退院した母は、そのまま私と兄をつれて病院へ。
総合病院で産んだので、そのままとんぼ返りの形で恥ずかしかったとこのと。
その後大人になり、妹の婚約者との顔合わせ。
そうか、妹も結婚かーと感慨深い気持ちになり、兄とも「もう骨折と縫うのはやめようねwww」と笑い合って、和やかに妹たちを待った。
豪雪地帯のためけっこう雪がつもり、スーツ姿で雪に不馴れな婚約者さんはかわいそうだということで、兄のジャージや長靴をもって迎えにいった。
ついてちょっと挨拶して、話しながら駐車場に向かう途中、婚約者さんいい人そうだなーと思った瞬間、雪に埋まった。
田んぼに落ちたんだよね。兄のジャージや長靴もびしょびじょだし、ひとつなくした。
私も生き埋め状態になって、婚約者さん大慌て。
その後、名誉挽回しようとするも母や妹に何もしないでと言われてしまい、仕方なく兄の子供たちと外で遊んでいたら、雪に埋まった有刺鉄線に気づかず突っ込んでしまい、けっこうな流血。
腕をぱっくりやってしまい、白いのが見えていたので皆に呆れられながら救急車を呼んだ。
結局16針縫って、今も傷残ってる。
妹の結婚はそのまますすんだからよかったけど、兄の子供たちはあれから雪が怖くなってしまったらしく、帰省しても外では遊ばないし、雪の中は、誰かの通った道しか通れない。
私のというよりは、私のせいでまわりの人が修羅場になる。



スポンサードリンク

502: 修羅場ステーション 2018/06/30(土)10:25:54 ID:XD8
私には双子の妹がいる。
双子と言うと以心伝心みたいな芸人のネタとかあるけど
二卵性だからそう言うの全くなくて、寧ろ子供の頃から性格的に合わず
ハッキリ言って仲が悪かった。
両親は双子なのにどうして仲良くできないの!とよく嘆いていたけど
合わないものは仕方がない。
25の時に父が急死して、その後私は27、妹は29の時に結婚。
同じ県内に住んでても法事以外で会うことはなかった。
旦那同士も妻の仲の悪さを知ってるからか交流もなかった。
母が一人暮らししてる実家に行っても、妹の車があると返ってくる。
妹も同様。それぐらい意識して避けてた。
なんでそこまでと言われるだろうがとにかく合わない。
そして40代も半ばとなり、昨年母が亡くなった。
相続の際、妹が実家をくれくれ五月蠅かった。
(家以外には殆ど何もなかった)
実家が欲しいのなら、相当額の半分頂戴って言ったら
そんなお金はないと言う。
だったら売って折半するしかないでしょって言ったら
売らない!私が貰う!の一点張り。
古いし狭いし立地も大してよくないし、売っても一千万にもならない実家。
旦那と相談して相続放棄することにした。
そういえば、と思い出した。
妹が嫌いになった理由。
小さい頃から何でもかんでも独り占めしたがるやつだった。
姉妹同じように同じものを貰っても、自分の分を確保して私の分を欲しがった。
欲しがったと言うより取り上げた。
お菓子なんかも、自分のはポケットに入れて私のを横から取り上げて
アッと言う間に口にいれてしまう。
だから私は妹には近づかないようにしたのが最初だったんだ。
父から相続した預貯金もとうに使い切ってたらしい。
子供がいるわけでも家を建てたわけでもないのに。
昔からお金は持ったら持っただけ使うやつだった。
放棄する時に、今後一切付き合いはしない、連絡もしてくるな、
両親の供養はこっちで勝手にやると言ってきた。
自分勝手でお金にだらしない身内ならいない方がマシだ。



スポンサードリンク

663: 修羅場ステーション 2018/07/01(日)00:12:19 ID:96M
大学を卒業して初任給で両親を連れて食事に。
全額出すつもりで寿司屋に誘ったが、母の強い要望で割り勘で行く事に。
その後も誕生日やボーナスなど何度誘うも「割り勘なら行きたい」としか言わない。
社会人3年目になり、一度もご馳走してない事に引け目を感じていたので不意打ちで回転寿司に飛び込んだ。
早々に全額出す宣言をすると、父は「本当に良いのか?」と嬉しそうで、私も「金はある。1万でも2万でも食え」と。
母は動揺していたが「普段から優柔不断な所あるしいきなりは緊張するのかな~」くらいにしか考えてなかった。

しばらく待ってカウンター席に通され、着席。
着席するかしないかのタイミングで皿を取っておしぼりで手を拭く余裕すらなく素手で食べ始める父。
慌てて止める母、呆気に取られ固まる私、こちらを一度も見ずに2皿目を取る父。
そこでようやく「いやいや、おかしいだろ」と父を制止する



スポンサードリンク

743: 修羅場ステーション 2018/06/24(日)14:48:41 ID:WYa
私実家に不出来な妹がいる。
21歳になるのに何度も仕事を辞める。
うちは父が早く死んで、母だけしか親はいない。
母は妹に甘く、妹が仕事をやめると実家で飼い慣らし、私にお金をたかる。
私は結婚していて、最近子供を授かったことを知った。
母も妹も喜んだが、妹が近々仕事を辞めるそうだ。
もういやだ。搾取子なのはわかっていたけど、おなかの子まで犠牲にする気はない。
絶対に断るけど死ぬ死ぬ作業親不孝コールされると思うと憂鬱。
はああああああもうやめたい。



スポンサードリンク

759: 修羅場ステーション 2018/06/24(日)15:34:37 ID:UlH
先日、弟が万引きで捕まった。
連絡を受けた母が取り乱した為、私が付き添い弟を迎えに行くことになった。
弟は事務所で無表情で黙り込んでいて、「あーこれは何かあったな」とピンときた。
弟は悪くもないのに責められると頭が真っ白になって反論できなくなるタイプ。
悪さをしていない=自己弁護をしない=ダンマリといった感じ。
名前と連絡先だけ言って黙りこくる弟に店側はイラついて通報直前だった。
母と私で店に頭を下げて2人がかりで弟から話を聞き出し、ようやく事の全容が明らかになった。
弟は高校でタチの悪い同級生に徒弟扱いされていたらしい。
幸い金を巻き上げられたりといった行為はなかったものの、都合よくアゴで使われていた。
その日も学校帰りに中古ゲームやDVDを取り扱う販売店に立ち寄り、荷物持ちをさせられていた。
店から出ようとしたところ警報機が鳴り、弟は動揺して立ち止まったが、同級生の方はそのまま逃走したとのこと。
持たされていた同級生のバッグの中から商品が数点見つかり、弟は万引き犯として事務所に拘束された、というのが今回の流れ。
店長の寛大な処置で学校への連絡はされなかった。
けれど、実際に万引きしようとした同級生を連れてくるよう言われ、弟と母と連れ立って、その同級生の家に向かった。
アパートの呼び鈴を鳴らすと母親が出てきた。
掻い摘んで説明して、息子を呼ぶように言ったのだけど、奥に引っ込んだきり音沙汰がない。
何故か父親が出てきて「何かの間違いじゃありませんかね~」とヘラヘラ。
そこのアパートの玄関は少し登る形になっていて、階段の上からニヤニヤと見下されて腹が立った。
と、そこで母がブチ切れた。
「息子を泥棒に仕立て上げただけでは飽き足らず、自分は家に逃げ帰って今も出てこない。この卑怯者」
「あなたもあなたです。なんですかその態度は。自分の子供がよそ様に迷惑をかけたのに、いつまでこちらを見下ろしているつもりですか」
「降りなさいーー 降 り ろ !」
メチャクチャ怖かった。
弟は吐きそうな顔をしていた。
父親は情けない表情をして引っ込んでいった。
それからようやく出てきた同級生とその母親を連れて店へ行き、改めて謝罪をしてきた。
弟に関しては巻き込まれただけということでお咎めなし。
同級生は弟に罪をなすりつけて逃亡したという行為が悪質、ということで、店長直々に説教と学校に連絡がいったらしい。通報までいったかは途中退席したので知らない。
家に帰ってから母は弟を叱り飛ばした。
付き合う人間は選べ。飼いならされた犬のような真似をするな。
あと、とにかく黙るなと何度も注意していた。
これで弟のダンマリが少しでも改善されればいいけど。



スポンサードリンク

865: 修羅場ステーション 2017/08/06(日)21:46:26 ID:UjO
投稿には慣れてないのですが、友人からここに吐き出したらと勧められ、書いてみました。書いたらすごく長くなってしまいました。
しかも、親に復讐した話なので、不快になられたらごめんなさい。

私は二人姉妹の姉で、母からは妹と差をつけられて育ちました
といっても、虐待やネグレクトというわけではなく、単に相性の問題なのですが
妹とはいわゆるピーナツ母娘で、いつも賑やかにキャッキャしてるけど、
私とはソリが合わないという感じ。
私が二人が話しているところに加わろうとすると、
「え?」という表情で二人で顔を見合わせて黙り込んだり、
二人が出かける時に、母は一応私も誘うのだけど、
「行く」と言うとあからさまに迷惑そうにしたり という具合でした。
母と妹はよく一緒に出かけて、そのたびに妹は服とか色々買ってもらってましたが、
私が何か買ってもらうことはありませんでした。
それを不憫に思った父が私に何か買ってきてくれると、妹は「贔屓だ」と泣き、
母は「お前は姉なのに、妹がかわいそうじゃないのね。
あんたはそういう子だから…」と嫌味グジグジ。



スポンサードリンク

403: 修羅場ステーション 2018/06/11(月)14:14:59 ID:565
人からしたら私も同罪。懺悔込みなので長文です。

私は世に言うコトメ。
たぶん兄嫁さんからは、例え実家を出てる存在だとしても十分邪魔な存在だろうと思って、一定の距離を保っていた。
兄の子が生まれたときも抱っこもしてみたかったし、早く会ってみたかったけれど、所詮は旦那側の肉親だと割り切って兄経由で出産祝いと手編みの顔を引っかかない用のミトンを渡したくらい。
月に一回実家に帰ったときに、遠目で眺めて微笑んでいるくらいにしていた。
まあ世のお嫁さんからしたら、これでも十分ウザい存在だったんだろうけれど。

問題はトメである母だった。
母は口を開けば「自分は大トメにこんなことをされたけれど、お父さんは全く助けてくれなくて毎日泣いていた」と言い、今現在はウトである父をサンドバッグのように扱っている。(父の自業自得でもあるから放置している)
それだけ苦労を語っていた母だけれど、同居中の兄嫁さんに対してクソトメ化していきている。
そもそも元からその気はあったし、兄から相談をされたときも「だろうな」っていうのが、感想だった。

最初同居するときも、兄や父には少し釘を刺したけれど全くもって役に立たなかったようで。
当時大学生だった私は「まあ、お互い良い大人なんだから上手くやるだろう。もし嫌になったら別居するだろう。もう自分だけでの兄ではないし、別家庭なのだから放っておこう」と思っていた。

しかし、その何年か後。
兄嫁さんが真冬なのにも関わらずつっかけサンダル、コートもなしで車で30分ほどの距離の私のアパートに突然やってきた。
月に一度くらいは会ってはいたから、痩せたとか顔色が悪いとかの見た目の変化はなかったけれど、見た瞬間に、これはまずいって分かった。
今考えても、なんでかは分からない。「突然だけど遊びに来ちゃったー」と確かに笑っていたはずの兄嫁さんを見て、兄嫁さんのメンタルがおかしくなっているのはすぐ理解できた。

そこからは、ニコニコ笑う兄嫁さんから少しずついろんな事を夜通しで聞いた。
・トメである母が子供を手放さない。
・ジュースとお菓子ばかり与える。
・仕事で帰りが遅くなる時、少しでも早く帰って子供に会いたいのに執拗に「外食をして来い」と言ってきて、帰っても当然ながら夕食が用意されていない。
・子供のために早く帰ることもできないからと仕事を辞めたときに、来客に「家の中に無職がいて、気が休まらない」と言われた。
・子供に食事を食べさせるために、自分の食事を後回しにして世話をしていたら「早く食べさせろ。その後は抱っこしていてやるから」と良いとこ取りで決して手伝ってはくれない。
などなど。
聞いているだけで、自分の親ながらヘドが出るような内容だった。
そこからは、一定の距離を保とうと思っていて実家に干渉しなかった私だけど、一気に覚醒?した。
実家にこまめに顔を出すようにして、母のことをクソババアと呼ぶようにした。

「なんで食事させるの代わってあげないの?育児の良いとこ取りとか、やってることは大トメと一緒じゃん」
「大トメのことクソババアって言ってるけど、やっていることは全くもって同類。二代目クソババア襲名おめでとう!」
「自分は共働きで、子供を大トメに預けるのが嫌だった。お父さんに経済力さえあれば自分で育てたっていう口で、兄嫁さんのことは無職って言うとか……。自分で言ってることもろくに覚えていない鳥頭かな?クルクルパーならぬ、クルクルババアかな?」

と、自分の親に対して酷すぎるかもって思うくらいに言った。
なんか兄嫁さんが泣きながらつらい、死にたい、離婚したいと訴える姿を見て、自分が言わねば!何かに火がついた感じだった。
兄や父は言い過ぎだと私を責めたが、自分の母親がクソトメ化していたことに対して、頭に血が上っていた私は

「今までは別家庭だと思って黙っていたけど、なんで言わないの?『私は良かれと思って』と言い訳してやっていることが、全部大トメと同じことしてるって誰も分からないのかな?兄さんが離婚して、養育費を支払って月一回の面会だけでこれからの人生良いならもう言わないけど?」

と、兄や父にまで感情任せに攻め立てた。
実の娘にボロクソに言われ、ようやく事態の重さに気づいた父と兄にも責められ、日に日に母は小さくなり結局兄夫婦と別居した。

それから私は兄嫁さんと仲良くやっている。
別家庭だからと思い口を出さなかった私を、トメコトメと敵認定していたらしく、あの日突然やってきた時も離婚する前に何か仕返ししてやろうと思ってきたらしい。
しかし別家庭だからと余計な干渉をしなかったという私の言い分を聞いて、それもそうかと兄嫁さん自身が納得し、互いに謝罪しあって終わった。
兄嫁さんの良い嫁キャンペーンも終わり、兄を尻に敷き、母にも負けじと言い返すようになった義姉を見れるようになって本当に良かった。



スポンサードリンク

325: 修羅場ステーション 2018/06/12(火)20:50:25 ID:5OY
うちのおかん(60代)は数年前に定年退職してからというもの、晴耕雨読の生活をしている。
(父は20年前に他界)

働いているときからおかんの休みの日を狙って、とある宗教の勧誘が来ていたんだが
この間帰省したとき、そいつが未だに来ていることを知った。
おかんの職場の同僚の奥さんが熱心な信者で、そのつてで訪ねてきたのがきっかけ。
あまり強引な人ではないらしく、忙しいときは「帰って」と追い返すと、素直に帰ってくれるらしい。

何の話をしているのかと聞くと、向こうが教義を語り、おかんがそれにつっこみ
→「勉強し直してきます」と退却
→「この間はこういうことで説明がつきました」とまた説明に来る
→新たな矛盾をおかんが指摘
→「勉強し直してきry の無限ループ。

勧誘の人はかれこれ30年くらい同じ人で、もういい歳らしい。
高卒で、ずっと接客一筋だったおかんを30年かけても論破できないのだから、
そろそろあきらめるか、その宗教の矛盾に気づいてほしい。



スポンサードリンク

このページのトップヘ