スポンサードリンク

116: 修羅場ステーション 2018/10/20(土)11:46:33 ID:fRU
近所にAさんというとても上品で優しい70代の女性がいる
誰に対しても親切なんで、素敵なお婆ちゃんだなぁと思っていた。
でも、町内会や趣味の会でAさんを知る私の母は、「いい人なんだけど、ちょっと神経が分からなくて怖い」と言う
どういうこと?と聞いて、母が「うまく説明できないけど」と言いつつ出した例。

やはり近所のおばあちゃんでBさんという人が居るんだけど
このBさんは強烈にワガママでキツイ人。
一人息子が結婚した時に強引に同居させたんだけど、
結局息子と嫁・孫に逃げられて、10年くらい完全に音信不通にされてしまっている。
そのBさんが最近ガンになり入院した。
旦那さん以外寄り付く人のないBさんのことを、優しいAさんはたびたび見舞っている。
そして、息子の連絡先がわからないから、入院のことも教えていないというBさんの話を聞いたAさんは一念発起
近所に住む息子さんの同級生を周り、電話番号をゲット。
そしてAさん自らが息子に電話したそうだ。

あとでAさん自身が嘆いて言うには
「私、親子が和解する最後のチャンスだと思ったから必死に息子さんに
あなたのお母さんはもう長くないのと説明したの。息子さんもさすがに驚いていたけど
私が、“今は意地を張ってる場合じゃないのよ。何があったかは聞かないけど、でも親子でしょ
お母さんを見捨てたらきっと後悔するわよ ちょっと頭を下げて、最後の親孝行をしたら”
と言ったら急に気色ばんで、あなたに何がわかる!と言われて切られちゃった。
もうその電話番号も通じないの…」 

うちの母の個人的な見解だけど
息子さんにBさんを見舞う気持ちがあったとしても、
Aさんのその一言でその気持ちは消え、かえって反発したんじゃないかな、と。
Aさんは昔からその調子で、本当に最後の一瞬の希望を善意の行動で消してしまう事が多いそうだ
本当に純粋な善意なので、だれも文句言えないし、文句を言う自分の方が汚れていると感じるけど、
でも母は、悪意ならわかるけど、善意だからこそ神経がわからないと言ってる




スポンサードリンク

80: 修羅場ステーション 2018/05/04(金)01:56:48 ID:slV
もう30年ほど前のことだけど、第一子の長女を出産し、最初の反抗期を迎えた頃
その頃娘はお母さん全能説を持っていて、娘の反抗を分析した結果
ワガママは「お母さんが意地悪してやってくれないんだ!」という思考からきてるんだと判明した
そこでものすごく反抗したとき、淡々と「お母さんにもできないことはあるのよ」と真顔で伝えた
まだ3歳かそこらの、言葉もろくに自分で伝えられない子だったけど、私の言った言葉でハッとした顔をして、そのあと何かをジッと考え込む素振りを見せた
それから反抗期はピタリとやんだ
何かを求めるとき、私にどこまでできて、どこからができないのかをじっと考えるようになった
言葉を覚えると、今度は考えていることをなんでも口に出すようになった
早生まれの割に語呂が多くて、人一倍お喋りなんだけど、子どもだから大人に意思が伝わらない
そして自分の喋りが伝わらないとわかると、じっと考え込んでどうして伝わらないのかを懸命に考えだした
そのうち大人が嘘をつくと理解しだすと、下らない嘘を一つついた
そして私に聞いた「良い嘘ってなに?」
娘がついた下らない嘘は良い嘘をつこうとして失敗したものだった
それからは小学校に入って三年生頃まで、頻繁に「この考えをあらわす言葉が見つからない」と言っていた
「こうこうこんな気持ちはどんな言葉で表現するの?」
これが口癖になった
「コレコレの言葉の意味って何?」と聞かれるより100倍難しい質問だった
他の親に相談したら、そんな事を口癖にしてる子はいなかったらしくて、よく「神経質な子なのね」と言われた
娘は一時期国語辞典にかじりついていたが、そのうち「国語辞典じゃ言葉の持つニュアンスや血の通った使い方がわからない」と言い出し
そのうち辞書を読まずに本ばかり読むようになった
それがいきすぎで、今では日本語に携わる仕事についている
我が家は夫も私も片親育ちでとても貧しく、高卒共働きだったから、正直長女とは幼い頃の触れ合いが他の子に比べてかなり乏しかった(専業が当たり前だった)
保育園・幼稚園に預けていたとは言え、思い返せば娘があれほど大人の言葉を理解し、豊富に蓄えていたことが不思議でならない
そして幼い頃あれほど色んな言葉を蓄えていた娘が、日本に大量に入ってくる横文字に全く対応できていないのが近ごろの衝撃
「たとえば英語のdutyは義務と訳されるけど、でも日本の義務とdutyはその言葉に含まれる根底の意識が全く異なる
日本人が義務というのと、向こうの人がdutyを使うときの意識は間逆に近いのよ
それが気持ち悪くて仕方ない、他にもっと適切な言葉はないものなの?
この意識の違いはあちらの文化を理解しなければ真に理解することができない
日本語の詫び寂びを英語に訳せないのと同じ
この気持ち悪さがわかる?」
そんな弱音と愚痴が送られてきたけど、カーチャン、難しすぎてわからないよ



スポンサードリンク

534: 修羅場ステーション 2018/10/17(水)04:52:19 ID:JM8
衝撃的ではあったけど、衝撃スレに書き込む程ではないかなと思ったのでここに。
何が衝撃的だったのかというと、特に理由の無い直感で、生まれてきた赤ん坊の名付けを変える事を、その場にいた全員が同意したこと。
生まれてくる前から、Aという名前で決まっていた私。
だが後日、病室に見舞いに来た親族と母の間で
「何か違うよね」
「この子、Aって名前の顔じゃないね」
「違うね…そんな風じゃないわね…」
とのやりとりがあり、急遽、名前を考え直すことになったそう。
これを知った私は、赤ん坊の顔なんてそんなに大差ないでしょう? と首をひねったのですが、母曰く、
「本当に、この子の名前はAじゃないと思った」
んだそうです。私の顔を見た親族は、皆それに同意したそう。
ちなみに、私に付けられることはなかったAという名前、確かに私も(名前から受けるイメージと、私の性格、真逆だなあ)と思います。
勝手な連想ですが。

出生届を出すまでの短い時間で関係者一同頭を抱えつつ、全員が納得する名前に決まったそうで、私も今の名前が大好きです。
…でもやっぱり、赤ん坊の顔って、そんなに大差無いと思うんですよねぇ…。産めばわかるのでしょうか。
そんな感じの軽い衝撃話でした。



スポンサードリンク

502: 修羅場ステーション 2018/06/30(土)10:25:54 ID:XD8
私には双子の妹がいる。
双子と言うと以心伝心みたいな芸人のネタとかあるけど
二卵性だからそう言うの全くなくて、寧ろ子供の頃から性格的に合わず
ハッキリ言って仲が悪かった。
両親は双子なのにどうして仲良くできないの!とよく嘆いていたけど
合わないものは仕方がない。
25の時に父が急死して、その後私は27、妹は29の時に結婚。
同じ県内に住んでても法事以外で会うことはなかった。
旦那同士も妻の仲の悪さを知ってるからか交流もなかった。
母が一人暮らししてる実家に行っても、妹の車があると返ってくる。
妹も同様。それぐらい意識して避けてた。
なんでそこまでと言われるだろうがとにかく合わない。
そして40代も半ばとなり、昨年母が亡くなった。
相続の際、妹が実家をくれくれ五月蠅かった。
(家以外には殆ど何もなかった)
実家が欲しいのなら、相当額の半分頂戴って言ったら
そんなお金はないと言う。
だったら売って折半するしかないでしょって言ったら
売らない!私が貰う!の一点張り。
古いし狭いし立地も大してよくないし、売っても一千万にもならない実家。
旦那と相談して相続放棄することにした。
そういえば、と思い出した。
妹が嫌いになった理由。
小さい頃から何でもかんでも独り占めしたがるやつだった。
姉妹同じように同じものを貰っても、自分の分を確保して私の分を欲しがった。
欲しがったと言うより取り上げた。
お菓子なんかも、自分のはポケットに入れて私のを横から取り上げて
アッと言う間に口にいれてしまう。
だから私は妹には近づかないようにしたのが最初だったんだ。
父から相続した預貯金もとうに使い切ってたらしい。
子供がいるわけでも家を建てたわけでもないのに。
昔からお金は持ったら持っただけ使うやつだった。
放棄する時に、今後一切付き合いはしない、連絡もしてくるな、
両親の供養はこっちで勝手にやると言ってきた。
自分勝手でお金にだらしない身内ならいない方がマシだ。



スポンサードリンク

403: 修羅場ステーション 2018/06/11(月)14:14:59 ID:565
人からしたら私も同罪。懺悔込みなので長文です。

私は世に言うコトメ。
たぶん兄嫁さんからは、例え実家を出てる存在だとしても十分邪魔な存在だろうと思って、一定の距離を保っていた。
兄の子が生まれたときも抱っこもしてみたかったし、早く会ってみたかったけれど、所詮は旦那側の肉親だと割り切って兄経由で出産祝いと手編みの顔を引っかかない用のミトンを渡したくらい。
月に一回実家に帰ったときに、遠目で眺めて微笑んでいるくらいにしていた。
まあ世のお嫁さんからしたら、これでも十分ウザい存在だったんだろうけれど。

問題はトメである母だった。
母は口を開けば「自分は大トメにこんなことをされたけれど、お父さんは全く助けてくれなくて毎日泣いていた」と言い、今現在はウトである父をサンドバッグのように扱っている。(父の自業自得でもあるから放置している)
それだけ苦労を語っていた母だけれど、同居中の兄嫁さんに対してクソトメ化していきている。
そもそも元からその気はあったし、兄から相談をされたときも「だろうな」っていうのが、感想だった。

最初同居するときも、兄や父には少し釘を刺したけれど全くもって役に立たなかったようで。
当時大学生だった私は「まあ、お互い良い大人なんだから上手くやるだろう。もし嫌になったら別居するだろう。もう自分だけでの兄ではないし、別家庭なのだから放っておこう」と思っていた。

しかし、その何年か後。
兄嫁さんが真冬なのにも関わらずつっかけサンダル、コートもなしで車で30分ほどの距離の私のアパートに突然やってきた。
月に一度くらいは会ってはいたから、痩せたとか顔色が悪いとかの見た目の変化はなかったけれど、見た瞬間に、これはまずいって分かった。
今考えても、なんでかは分からない。「突然だけど遊びに来ちゃったー」と確かに笑っていたはずの兄嫁さんを見て、兄嫁さんのメンタルがおかしくなっているのはすぐ理解できた。

そこからは、ニコニコ笑う兄嫁さんから少しずついろんな事を夜通しで聞いた。
・トメである母が子供を手放さない。
・ジュースとお菓子ばかり与える。
・仕事で帰りが遅くなる時、少しでも早く帰って子供に会いたいのに執拗に「外食をして来い」と言ってきて、帰っても当然ながら夕食が用意されていない。
・子供のために早く帰ることもできないからと仕事を辞めたときに、来客に「家の中に無職がいて、気が休まらない」と言われた。
・子供に食事を食べさせるために、自分の食事を後回しにして世話をしていたら「早く食べさせろ。その後は抱っこしていてやるから」と良いとこ取りで決して手伝ってはくれない。
などなど。
聞いているだけで、自分の親ながらヘドが出るような内容だった。
そこからは、一定の距離を保とうと思っていて実家に干渉しなかった私だけど、一気に覚醒?した。
実家にこまめに顔を出すようにして、母のことをクソババアと呼ぶようにした。

「なんで食事させるの代わってあげないの?育児の良いとこ取りとか、やってることは大トメと一緒じゃん」
「大トメのことクソババアって言ってるけど、やっていることは全くもって同類。二代目クソババア襲名おめでとう!」
「自分は共働きで、子供を大トメに預けるのが嫌だった。お父さんに経済力さえあれば自分で育てたっていう口で、兄嫁さんのことは無職って言うとか……。自分で言ってることもろくに覚えていない鳥頭かな?クルクルパーならぬ、クルクルババアかな?」

と、自分の親に対して酷すぎるかもって思うくらいに言った。
なんか兄嫁さんが泣きながらつらい、死にたい、離婚したいと訴える姿を見て、自分が言わねば!何かに火がついた感じだった。
兄や父は言い過ぎだと私を責めたが、自分の母親がクソトメ化していたことに対して、頭に血が上っていた私は

「今までは別家庭だと思って黙っていたけど、なんで言わないの?『私は良かれと思って』と言い訳してやっていることが、全部大トメと同じことしてるって誰も分からないのかな?兄さんが離婚して、養育費を支払って月一回の面会だけでこれからの人生良いならもう言わないけど?」

と、兄や父にまで感情任せに攻め立てた。
実の娘にボロクソに言われ、ようやく事態の重さに気づいた父と兄にも責められ、日に日に母は小さくなり結局兄夫婦と別居した。

それから私は兄嫁さんと仲良くやっている。
別家庭だからと思い口を出さなかった私を、トメコトメと敵認定していたらしく、あの日突然やってきた時も離婚する前に何か仕返ししてやろうと思ってきたらしい。
しかし別家庭だからと余計な干渉をしなかったという私の言い分を聞いて、それもそうかと兄嫁さん自身が納得し、互いに謝罪しあって終わった。
兄嫁さんの良い嫁キャンペーンも終わり、兄を尻に敷き、母にも負けじと言い返すようになった義姉を見れるようになって本当に良かった。



スポンサードリンク

545: 修羅場ステーション 2018/09/12(水)13:13:21 ID:bOa
母が祖母に「おばあちゃん、あのね」と声をかけたら「あたしはあんたのおばあちゃんじゃない」とピシャリと言った
私には気付いてない感じだったから、嫁と姑の二人きりの時におばあちゃん呼びされたと思ったんだと思う
ちなみに同居だから高確率で私もその場にいるから、母は頻繁に祖母のことをおばあちゃんと呼んでた
祖母は母のことをお母さんと呼んだり名前にさん付けだったりと使い分けてた
姑どころか嫁の立場にもなったことないけど、嫁におばあちゃん呼びされるのって嫌なもの?
よそでは嫁と姑はどういう風に呼びあってるの?



スポンサードリンク

102: 修羅場ステーション 2018/09/07(金)14:06:34 ID:loc
先日、私が三十路の誕生日を迎えたときに来た母からのメールが神経分からん。
「お誕生日おめでとう。(中略)15年くらい前、30歳を迎えた職場の後輩が、そのことをとても残念がっていました。
私が30歳の時は毎日が苦しくてたまらなかったから、30歳になったという事実だけをそれだけ残念がれるのは他に悩みが無いという事で幸せな人だと当時は羨ましく思いました 。
今思えば誰にでも他人に言えない悩みはあるのに。」
当時私は2歳。確かに祖母はクソトメだったし、亡くなった父は甲斐性なしで借金繰り返してていつも生活が苦しかったし、高校生になった私に「この家に嫁いで幸せだったことは一度もない」て言い切るくらい苦労はしたんだろうけどさ。
ねぇそれ今このメールにしたためなきゃいけない?15年くらい前ってあなた当時三十路から干支一周してるのにまだそんなこと思ってたの?
昔からネガティブで不幸を見つけてそこに居座る天才でそれに娘を巻き込む人だったけど、重すぎる。
義母が朝一でくれたラインは「子供も生まれ、これからも元気で楽しい時間をすごしてね」て嫌なこと一つも書いてないのに。
散々離婚しろって言っても「子供に悪影響が」て言ってそれを拒み、お金が無いのに正社員にならずパートに甘んじ(医療系で引く手数多)、挙句今年に入って父が亡くなったら「もっと色々してあげたかった」と自責の念にとらわれ、辛い苦しいと娘に愚痴り、ほんと神経分からん。



スポンサードリンク

259: 修羅場ステーション 2018/03/07(水)11:29:54 ID:2Fw
はずかしくて友人に聞けないんで相談させてほしい
俺 31 サービス業 年収450 今日は非番 弟あり
婚約者 28 同業他社 年収300

俺んちは俺が高1の時に親が離婚している
理由は父がキャバ嬢(ピーナ)にハマって貯金を使い込んだから
俺の高校合格まで隠し通して高1で離婚という流れ
現在母は弟と住んでる
母・弟ともに収入ありでここは問題ない
問題は俺の結婚式に父が「今の嫁と出席したい」とゴネていること
今の嫁は前述のピーナとは別の女。ホステス。中国人
籍を入れていて正式に結婚している

親が離婚した場合こういうケースはどうするのが普通なもの?
愛人だったら論外だが正式に結婚しているので
結婚式には親族って普通夫婦ペアで招待するものだよな?
でも心情的に「弟・母、父、父嫁」で並ばせたくない
また、女性新婦目線でこういうのどう思いますか?
彼女には父が再婚済みで相手が日本人でないと話してある
彼女は人種偏見とかない方だが、新婦友人の目とかもあるし、どうかなと



スポンサードリンク

822: 修羅場ステーション 2018/08/25(土)02:21:37 ID:S18
絶対に弟には伝えるなって念を押してたのに母が我が家に娘が産まれたことをクソ弟に伝えた
案の定吐き気がするメール
スマホ床に叩き付けたわ。壊れなかったけど
口下手な私より人の方がこの怒りや吐き気を上手く伝えられると思ったから代わりに義兄に返信してもらった
そしたら「女に産まれたことをコンプレックスに思ってるからそんな反応する」だってさwwwww
なにがコンプレックスだよお前みたいな男がいなけりゃ済む話だろ
うちの弟は国立大の大学
ただし一浪二留
昔からずっと弟の味方ばかりしてきた母も「次留年したら仕送り打ち切る」と最後通牒を出した
弟はこの期に及んでも「どうせ何だかんだ言って出してくれる」と余裕に構えてる
実際これまでもそんな感じだったから母は弟を見捨てないだろうなと思う

弟が講義サボってやってること
・ひたすら気が済むまで寝る
・飲み歩き
・ソシャゲ
・ツイッター
・5ch

まだわかる
わからない

・道で女性に卑猥な声かけ(当人曰くストレス発散)
・アニメやゲームのスレで気に入らない書き込みに女性蔑視のレス(当人曰く自治)
・ツイッターで気に入らないこと呟いてる女性にクソリプ(当人曰く日本人として当然のこと)
・大学の近所の女子中高生に道を聞く(当人曰く趣味)
こんなクソみたいな弟に生活費まで与えて大学生させて暇なんか作らせたらロクなことしないって分かってるだろ?
今後しばらく母との連絡も絶つわ
私と旦那と娘に被害が及ばない形で破滅しろゴミが



スポンサードリンク

このページのトップヘ