スポンサードリンク

手伝い

942: 2018/12/14(金)18:48:53 ID:MT3
今年の夏、高1の息子がネットにかぶれたか、「家事なんて楽勝、俺が代わってやる。主婦の価値なんてないな!」と嫁に喧嘩を売った。
ちなみに嫁はフルタイムでこそないが9時~15時で働いているから、この時点で何だかなーなんだが。
面白いから嫁と娘(大2)と相談の上、ちょうど夏休みだしやらせてみた。
息子の脳内家事は床掃除、洗濯機を回す、メシを作るで終わりだったようだが、主婦の価値というからには主婦の仕事を全部やってもらった。
もちろん親のチェックありで。
食費は月々使っている平均的な額を渡し、「追加はなし」と厳命。参考のため家計簿を渡し、記入も厳命。
町内会の仕事、ご近所付き合い、親戚付き合い、お中元の手配、お盆の支度、お寺さんへの連絡、お布施の手配、庭の草むしり、菜園の手入れ、生ごみの処理、全部やらせた。
お中元が届いたら礼状を書かせ、お盆に親戚が来たら食事はもちろん、布団の用意、駐車場の確保、酒の手配、聞かれれば教えたが、基本メインで全部やらせた。
親戚が「(息子)ちゃんえらい働くな?」と驚いたためネタバラシ。
親戚は爆笑し「いい経験だな!」とお盆玉を弾んでいこうとしたが「今こいつは一介の主婦なので」と辞退した。
息子は意地になってやってたが、お盆明け、町内会の集金の時点でついに音をあげた。町内に同級生の女の子がいるから行きたくないと。食費もすでに尽きていた。
しかし「男は主婦より偉いんだろ?主婦にできることができないとか、お前ゴミだな」と上の娘に言われ、半ベソで集金に出て行った。
食費は、甘いかもしれんが「貸しだ」と2万追加。
まあ夏休みの宿題もあったんで、25日で解放してやった。
その時は何となくなあなあに終わったんだが、さっき息子が「あんた冬休みも主婦やるんでしょ?」と娘に訊かれて
初めて「ごめんなさい」と頭を下げたw



スポンサードリンク

184: 修羅場ステーション 2018/04/10(火)01:34:35 ID:N2D
以前付き合ってた彼女のことなんだが
お互いの家(お互い1人暮らし)に泊まった時、朝ごはんや夕ご飯を俺がよく作ってた
俺は子供のころから母親の手伝いをよくしてきたんで上手いってほどじゃないけど家庭料理なら一応作れるレベル
魚を三枚おろしにしたりイカやナマコを捌くのは彼女より上手かったくらい

ただ、俺はいちいちレシピとか見るのめんどくさくてその場の気分で作ることが多かった
味付けもちょっとずつ味見しながら適当に調味料を入れて調節したりする
カレーもその時の気分で複数種類のルーを適当に混ぜてみたり、具を事前に炒めたり炒めなかったり
お肉が余ってたら鶏肉と牛肉を一緒に入れたりとかする
あと、卵焼きとか作る時に毎回焼き加減を変えてた(ある日は半熟だったり、ある日は十分火を通したり)
それに特に深い理由はなくて色んな味を試してみたいって程度
それが彼女には我慢がならなかったみたいですごくキレられたことがあった

彼女は毎回きちっとレシピを守るタイプで、卵焼きや目玉焼きも毎回ほとんど同じ焼き加減
なので同じ料理でも毎回味が変わる俺の雑な作り方がすごく気に障るとのことだった
あと、俺は和風の味付けと洋風の味付けとかをまぜこぜにしたりする
出汁巻き卵を作る時に和風出汁を入れつつチーズも入れたり中華調味料も加えてみたりする
それも嫌だとのことだった

じゃあ俺の料理が不味かったのかと聞くと、正直美味しかったとのこと
なので、いわゆるメシマズアレンジャーの類ではないとのことだった
美味しいのならいいんじゃないのかと思ったけど、それでも毎回味が変わるのも
和風なのか洋風なのか中華なのか分からないまぜこぜの調味も落ち着かなくて嫌だと言われてしまった

俺は自分の料理法にとくにこだわりはなかったからそれ以降は彼女の料理と同じような味付けにするようにしたんだけど
なぜか、私の真似ばかりして当てつけなの!?と怒られたことがあった
彼女の料理も美味しかったしそれが彼女の好きな味ならそれに合わせようと思っただけだったんだ
説明したら納得はしてくれたけど主体性がないと言われた
まあ結局この料理のこととは別のことが切っ掛けで別れてしまったんだけど

この料理については俺が神経が分からん野郎ってことなんだろうか
毎回味が安定しないとか調味の仕方が和洋中華混ざってるとかってそんなに嫌なことなのかな?
不味いなら嫌なのも分かるけど美味しいならいいじゃんって俺は思っちゃうけど
そもそも自分の流儀でもダメ、彼女の流儀に合わせてもダメで、何が正解だったんだろうかと今でもたまに悩む

一応言っておくと俺は自分の料理の考え方を押し付けたりはしてなくて、彼女から何か注文があればそれはきっちり守ったし
俺の作り方が嫌だと言われた時は(不味かったかどうかは聞いたけど)反論せずに次から彼女の作り方に合わせるようにした
彼女が料理を作ってくれた時はちゃんと美味しいありがとうと伝えたし、文句を付けたり
こうしろああしろみたいなことは言ったことがない(実際文句を言うようなところはなかったし)



スポンサードリンク

322: 修羅場ステーション 2018/11/25(日)21:36:16 ID:mFO
汚部屋の住民です。
友達を呼んで引越しの準備を手伝わせたら、連絡手段全部ブロックされました。
友達ならそれくらいしてくれてもいいと思いませんか?
たしかに廊下も部屋もキッチンも足の踏み場もないけれど、ゴミは捨てていたし虫は湧いていません。
激務で忙しいんだし、相手は専業主婦で暇そうだからそれくらいしてくれてもいいと思います。



スポンサードリンク

988: 修羅場ステーション 2018/07/31(火)21:48:29 ID:7WD
妊娠してから義母の対応に疲れた…愚痴らせてください。

何度断っても、義母から手伝い希望の連絡がくる。
臨月だし心配してくれているのはわかってる。
でも本当に手伝いはいらない。

実母がいなくて里帰りもできなくて大変でしょうって言うけど、
親が離婚したからこそ、大概のことは自分でできるように生きてきた。

掃除はルンバが、食器の片付けは食洗機がやってくれるし
買い出しはコープ、産後の食事はヨシケイを手配してある。
旦那には常に頼ってて、とっても協力的で感謝してる。
この状況でフルタイムで働く義母にお願いできることがない。
義母がいたらパンツ丸出しで昼寝もできないし。

何度丁寧に説明しても、旦那から断ってもらっても、手伝うよ!って連絡がくる。
どうしたらわかってもらえるのか、断り文句を考えるのがストレスで不眠気味になってる。

あと、無痛分娩を選択したことも「まずは普通分娩で頑張るのよね?」とか
「無痛は危なくない…?」とか遠回しに否定されてストレス。
痛みが怖いのもあるけど、産後の回復と旦那との仕事の兼ね合いを考えて計画無痛なの。
無痛のリスクも調べた上で、実績のある病院を選んだの。
理由やメリデメを説明しても、時間が経つとループする。

私と義母の価値観の違いが問題で、親切心で言ってるのはわかるけど疲れた。
こちらの判断を見守って、産まれたら孫を可愛がってくれれば、それだけで嬉しいのに。
産まれたら過干渉になりそうで今から憂鬱。
義母とは仲良くしたいのに、このままじゃ嫌いになってしまいそう。



スポンサードリンク

731: 修羅場ステーション 2018/04/09(月)19:07:26 ID:fg7
家を購入し、引越しの際にトメに手伝いにきてもらった。主に2歳の子どもを見ててもらうという形で。
子どもを見てるだけでいいと言ったのに、
・勝手にダンボール開けて片付けようとする。
・出かけてる隙に台所で料理してた。しかも壁と床に汁つけまくり。私まだ台所使ったことなかったのに。
・ディスポーザー使ったことないのに、大丈夫大丈夫といってなんでも入れようとする。
・やめろって言ってるのに子どもを急に抱っこして泣かせる。
台所をぐちゃぐちゃにされたのが一番腹が立った!
トメは一週間自分のやりたい事だけをやって帰っていった。
来たいって言うからお願いしたけど、もう2度とくんな。



スポンサードリンク

159: 修羅場ステーション 2018/03/13(火)21:14:53 ID:HBq
母が風邪をひいて2日ほどダウン
看病していた私も時間差で発症して動けなくなった
ちょうど明日から土日で弟が休みだから用事は弟に頼めばいいからねって
母に言って私も休ませてもらった
2日間ほとんど動けなかったからその間のことは何も分からない状態で
少し楽になって起きてみたら母が一人で晩ごはんを作っていた

掃除と洗濯は父が手伝ってくれたけど
他の買い物とかごはんとか後片付けは病み上がりの母がしてたんだって
そんで弟は食事とコーヒーの時間に飲食に来る以外は何もしなかったんだって

まだフラフラなのに弟に遠慮して用事のひとつも頼めない母の神経が分からん
母が病み上がりなのを知ってるのに手伝いの申し出すらしない弟の神経も分からん

土日休みで元気な弟が何不自由なく世話を焼かれてるのに
高熱で動けない私は100%放置されてたことも本気でワケ分からん



スポンサードリンク

793 : 名無しさん@おーぷん 2016/02/02(火)03:28:37 ID:HOp
まあなんでもいいんだけど
たまたまこのスレが目に入ってしまったので書く
需要なんぞ知らん フェイクとかめんどい

いま無性にサッポロラーメン塩味にキャベツ入れただけのが食いたい
中学生の頃、お昼兼おやつに一人でそれを食べるのがとても楽しみだった
母親が事務やってた小さい事務所でひとりで。なにもわからん、中学生の女子が。
スポンサードリンク

このページのトップヘ