スポンサードリンク

幼馴染

557: 修羅場ステーション 2018/06/23(土)19:40:40 ID:i0x
ずっと、性格の良い子だと思っていた幼馴染のA子が実は結構面倒くさい子だと気づいた時が衝撃だった。
A子は優しくて友達思いで、顔もスタイルも全く問題ないのに彼氏がなかなかできなかった。
私の同僚の男性を紹介し、何度かデートしたのに結局それ以上の進展がなかった時、それとなく同僚に聞いてみたら、「俺にはあの子は無理」と強い否定があったので詳しく聞いてみたところ、下記の話を聞いた。

私と私夫、A子、同僚の4人で遠出をする企画をA子と同僚がLINEで相談してた。
渋谷駅のハチ公前で待ち合わせることにしようと言う話になったとき、「私ちゃんハチ公前わかるかな」とA子が心配する
でもそもそも私も同僚も勤務地の最寄駅が渋谷で、勤続何年も経っている(A子もそのことは知っている)
なので同僚が「私ちゃんがハチ公前を知らないとかはあり得ないと思うよ」と送ったところ、
A子は「私ちゃんがハチ公前を知らないとしたら非常識、頭おかしい」みたいなニュアンスに受け取ったようで、「友達のことをそんな風に悪く言わないで」と怒り出す。
同僚は「悪い意味で言ったんじゃなくて、私ちゃんはハチ公前を普通に知ってると思うよって意味だよ」と弁解のラインを何通か送るもA子は既読無視。
次の日になってから「悪気はなかったにしろあなたは私ちゃんを傷つけることを言い、私を怒らせたんだから謝るべき」みたいなLINEが来て、
こちらの言い分について全く考えようとしないA子に同僚は「この子は俺には無理だ…」と思ったらしい。



スポンサードリンク

263: 2019/02/08(金)20:26:16 ID:hkW.kz.nh
愚痴。ほんとに辛い。

3人のライングループってのがそもそもの間違いだったのかも。
幼馴染同士、私入れて3人のライングループ。私以外の2人は同じ市に住んでて、私は同県だけど、車で3時間ほどの端っこに住んでるから滅多に会えない。

基本2人が色々喋ってて、私も相槌打ったり自分の趣味の話を振ったりするけど、スルー率すごく高い。
なんか社交辞令の相槌もない。既読スルーで、1時間くらいしたらいきなり2人の話が始まる。

?で終わる発言とかあったらネットでググったり、私なりに共感? そうだよねーとか、辛いよね、とか、しんどいねー、わかる!という言葉を意識して使って相槌したりしてる。

昔から私だけ浮いてて、空気読めないとか2人に言われたこともある。
今は離れて暮らしてるから、尚更ラインでコミュニケーション取らなきゃますます疎遠になる、って思って連絡してたけど、
もうここ最近の扱いが酷すぎて、ほんとに辛い。
もうグループラインで会話しないで、2人のトークにしてくれたらいいのにな。

2週間くらい前にも同じ状況、同じ気持ちになって、もうフェードアウトするって思ったのに、どうしたのー?最近発言少ないねーとか言われて、なんか申し訳なくて戻ったけど
今度こそフェードアウトだ。もういいや、滅多に会えてないんだから、それを逆手に取ろう。

ほんとに用があるとき以外でダラダラ連絡すんのってわたしには向いてないんだな。いや私が浮いてて2人についていけないのが実際だけど。
もーいいんだけどさ、辛かったわ。
愚痴でした。



スポンサードリンク

930: 2019/02/05(火)13:08:54 ID:WkQ
この間帰省した時に、昔近所に住んでた幼馴染を見かけた。
名札を付けてたし特徴のある人なのですぐわかったけど、なんとなく声を掛けられなかった。
幼馴染、Aちゃんとしますが、Aちゃんにはお兄さんがふたりいるので
養子をとったって事も多分ないから旧姓のままってことは独身なんだろうと思った。
こんなことを思うのは傲慢なのかも知れないけど、本音を書く。

Aちゃんとは中学まで一緒だった。
中学の頃、Aちゃんは苛めに近い扱いを受けていた。
大っぴらに何かされるわけではないけど、進んで関わっていたのは
私を含め2~3人だけで、それらはみんな保育所から一緒だったので
顔を合わせたら声を掛けるぐらいの関係。
私たちは普通に他の生徒たちと交流もあったし、仲の良い友達もいたが
Aちゃんには私たちだけだった。
性格的に悪い子だったわけでもないし、成績も普通。
ただ、かなり酷いガチャ歯が剥き出しになってたので、それを気持ち悪いと言う子が多かった。
決して言い過ぎなわけではなく、関ジャニの村上くんが歯並びがきれいに見えるぐらいに
Aちゃんのガチャ歯は酷かった。
しゃべると唾が飛ぶこともあったから近寄りたくないみたいな感じで、
給食の時間などは、口からボロボロこぼれたりしたし。

一度だけその歯のことを指摘したことがあった。
別のクラスメイトが歯列矯正してたので、Aちゃんもやった方がいいのにって。
Aちゃんは既に親に頼んだらしいがお金がないからダメだって言われたんだって。
Aちゃんち、そんなにお金がないように見えない家構えだったから不思議な気がしたのを覚えてる。
私たち、今はもう40手前なんだけど、せめて幼少時に矯正してたら
もっと別の人生があったんじゃないかって、どうしても思ってしまった。

母にAちゃんを見かけたことを話したら、母が「あー、可哀想な子だったよねぇ」って言うのね。
母は保育所時代のママ友の延長で、何人かとはまだ繋がってたみたい。
Aちゃんの歯のことは当時みんな気に掛けてたらしい。
人んちのことだから強くは言えないけど、治してあげたら?って言った人も結構いたそうな。
その度に「普通に食べられるし問題ない」って言ってたそうだけど
Aちゃんの母親は美容関係や衣服にはすごくお金掛けてるのは傍目にも分かるから
その一部ででもAちゃんに掛けてあげればいいのにってずっと思ってたらしい。
そしてAちゃんはやっぱりまだ独身だったみたい。就職もなかなか上手くいかなかったって。
母は、Aちゃんの親の責任と言ってたけど私も本当にそう思う。
私も娘がいるけど、もし自分の娘がAちゃんのようなガチャ歯だったら
放ってなんておけないと思うけどなぁ。
あと、あんまり詳しくないんだけど、歯列矯正って大人になってからじゃできないのかな?
今からでもすればいいのに。って余計なお世話だろうけど。



スポンサードリンク

13: 2019/01/21(月) 14:53:06.46 ID:7HNByzMFa
嫁は小学校からの幼馴染み
娘は1人
しかし嫁とは血が繋がっていない、訳あり家族。

嫁とは家も近く、小学生の頃はよく遊んだ仲
中学になると男子と女子でグループが分かれ、たまに話す程度。それでも仲は良かったと思う。
頭のレベルも似た様なもので、高校、大学も同じ学校。
就職は俺は某メーカー系に滑り込み、嫁は保険会社に入った。
就職を境に会うこともなく、疎遠に。

それから何年かして俺は娘の母親となる女性と結婚。
ふあっとした小動物の様な雰囲気でとても優しい笑顔の女性でした。
幸せな結婚生活が続き、彼女が妊娠。次第に大きくなるお腹を撫でながら幸せそうにしていたのが今でも思い出されます。
それが一転したのはある日の夜中、突然の出血。
救急車で病院に運ばれて、切迫早産との診断。
予定日まで二ヶ月も早く、子供はそのままNICU、母親は集中治療室に。

結果は娘は三ヶ月後に無事に退院、そして母親であった彼女はそれより早く退院?ただし、冷たくなってでしたが。
私は娘の退院に合わせて会社を辞め、娘と二人で実家に帰る事にしました。
運良く辞めた会社の関連会社に就職する事も出来、親に頼りながらの子育てを始めました。
彼女(以後元嫁で)の実家より娘のを引き取りたいとの話はありましたが、元嫁の命と引き換えに生まれた娘を義実家とはいえ、渡すことは出来ませんでした。



スポンサードリンク

739: 修羅場ステーション 2018/09/15(土)11:05:13 ID:7yJ
書きにきたらちょうどダブってたけど合唱に関する仕返し
だいぶ長い

小学校~高校まで一緒だった幼なじみのA子にずっと引き立て役に使われてた
実際私はブスでA子は美人だったんだけど事あるごとに比較対象として持ち出されたし私のいないところでも色々言ってたらしい
「もっと痩せたら?あ、でも整形しないと結局無理か~」「努力しないといつまでたっても豚のままだよ~」みたいなのを「あなたのためを思って言ってるんです」ってノリで言ってきて本当にウザかった
家同士が仲良かった上にA子は大人の前では絶対に素を出さなかったから離れたくても離れられなかった

大学進学でようやく距離を置けて度々来る見下しメールみたいなのはスルーしとけばいいだけだからしばらく快適だったんだけどA子が卒業を前に妊娠→退学→結婚
「私子ちゃんがいるだけで盛り上がるから」と結婚式に呼ばれて余興を頼まれた
最初はもちろん断ってやろうと思ったけどプチ仕返しを思い付いたので出席することに

当日「来てくれたんだwwwわたしの結婚式で男漁るとかしないでよwww」と笑うA子を横目に歌を歌った
大学時代に合唱サークルでソロをやった曲だったので正直自分でも自信はあった
歌い終わってすごく盛り上がったし祝われている以上A子も嫌な顔ができず物凄いひきつった笑顔になってた

そのときに歌った曲っていうのが「Seasons of love」
歌詞だけ見れば愛について歌った歌だからわりと結婚式でも使われてるみたいだし別におかしくはないけどそもそもこの曲は貧困や挫折や病気や友人の死などの問題を抱えた若者たちを描いたミュージカルのものなのね
ちゃんと聴けば歌詞の中でも人との別れや死に触れているし
大好きな曲だけど「哀しみを乗り越えて前を向く」意が強いからどちらかといえば葬式向きの曲
(実際某海外ドラマでは急死したキャストに捧げるために歌われてる)

歌い終わったあとのA子の顔でかなり溜飲は下がったんだけど後日参加した人たちの間でA子の結婚式の話になるとセットで私の余興の話題が出ると聞いてさぞかしA子は悔しいだろうなと
デブスを誤魔化すために着物で出席したのが逆にインパクトを残したみたいで思わぬ効果だった

度々届いてたA子からの見下しメールやLINEの頻度が上がったけどその分ダメージ受けたんだなと思ってまたスルーしてる



スポンサードリンク

369: 修羅場ステーション 2017/11/07(火)12:03:42 ID:Phz
愚痴です
幼稚園の頃から親同士仲が良く、中学からずっと付き合ってた幼馴染の彼。
彼が本当に大好きで、高校、大学と彼と同じ道に進み、仕事も彼と同じ職種。
彼姉、彼母とも仲良くして頂き、彼姉と遊びにいったり、私母と彼母とご飯へ行ったりしていた。
勝手に私含む私家族、彼家族は私と彼が結婚すると決まった上でお互い付き合ってたし、私も彼母を「お義母さん」なんて呼んでて、結婚式はどこでしようなんてニヤニヤしながら話していたんだけど。
ある日、彼氏から話があると言われ、ついにプロポーズキター!なんて喜んで彼氏の1人暮らしの家に行くと「好きな人ができたから別れて欲しい」と言われた。
いきなり何を言われてるのかわからず固まってしまい、理解してからは、手当たり次第ものを投げ「クソ野郎!浮気か!どこの女だ!◯ね!」と彼を罵った。
彼は黙って私に罵られながら何度も謝っていた。怒りの次は悲しみで「別れたくない」と何度も彼に縋り付きながら嗚咽を交えながら泣きじゃくった。
もう本当に無様な女だったと思う。2時間くらい彼に「別れたくない」と言ったが、彼は謝るだけで、泣きながら家に帰った。

長いので分けますね



スポンサードリンク

776: 修羅場ステーション 2018/05/06(日)14:55:30 ID:MFx
旦那への愚痴。

GW初日に二人で温泉(日帰り)に行って美味しいもの食べようね~って計画してた。
そうしたら初日の出かける一時間前くらいに旦那の幼馴染(男)から、
「今日どっか遊びに行かない?」って連絡きた。
隣の県だからそんなに離れてるわけじゃないけど、年二回遊ぶかなー?くらいの関係。
旦那がおずおず「出かけてきてもいい?」と言うから、
一時間前に?一ヶ月前から予定してたことを蹴ってまで??と思い、
「好きにすれば?」と答えたら、旦那は幼馴染と出かけた。
本当にキレるかと思った。

その後、お互いに休出や友人付き合いで色々予定あって、
一緒に遊びにいけるのはGW最終日だけだった。
そして今日。
やっと遊べるなーと思って、車で30分ほどの寿司屋でお昼食べて、
午後はカラオケ久しぶりに行こうよ!って誘ったら、
「疲れてるし、もう今日は帰ってゆっくりしたい」って。
だから
「初日に友人との付き合い優先させたんだから今日くらいはいいじゃん」
って言ったら
「ああ、そういうつもりだったんだ。わかったわ。」
って言われてカチンときた。
「そういうつもりだったか」ってなんなの???と。
あなたが今日は友人優先!ってなって寂しかったけど文句言わなかったのに、
今日になってカラオケ付き合ってほしいって言っただけで「そういうつもりだったのか」ってなに!?と。
その後ブスッとしてカラオケに向かうので、
「もういいよ」
と言ったら
「そう?もういいならいいよ。」
って家に帰ってきた。
これ、私がわがままなの?
なんかもう旦那と一緒に出かけたいって思うことがしんどくなってきた。



スポンサードリンク

355 : 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/21(水) 20:55:17.48 ID:FFWDoiwg0.net
見なかったことにしても事実は変わらなかった 

K子とは小学校からの同級生で家族ぐるみのつきあいがあった 
中学生の頃にはいつの間にか交際 
勘違いしてたわけではなくて告白のシーンがないまま一線を超えたコース 
大学二年の時にK子が妊娠して俺は勿論大喜びさ 
両家親は休学などもさせなければならないため 
避妊失敗について俺とK子をこっぴどく叱りもしたが 
次第に孫はよ生まれんかなムードで円満結婚へ向け準備 
そんな中K子は上の空や乾いた笑いが増えていった 
付き合い長い分妙だなと気づいてはいた 
そのタイミングのそれが暗示する内容に恐れをなして口に出せなかった 
スポンサードリンク

725 : 名無しさん@HOME 2013/06/16(日) 09:36:58.00 0
今から20年ほど前、小1の時にあった修羅場 
田舎育ちだったのだが、当時はまだまだのんびりした時代だったので、普段は集団下校ではなく 
家が近い友達同士でバラバラに帰っており、私も近所の幼馴染と一緒に下校していた
スポンサードリンク

このページのトップヘ