スポンサードリンク

年齢

594: 修羅場ステーション 2018/08/28(火)19:14:23 ID:wti
業務中、上司(63)と私(28)で託児所にうかがう用事があった
保育士さん待ってる間に小さい子がこちらを見たり隠れたりするのが微笑ましくみてたんだけど
上司が「知らないおじさんとおばさんが来たらびっくりするよね~ごめんね~」と一言

まあ、28なんておばさんだし、自分で小さいのにおばさんはねーとか言うこともあるよ
でもそれを還暦過ぎた男上司に言われるのはなんかどうなんだろう
文句言ったり態度変えたり一切なくニコニコして仕事終えていま帰宅したけど、地味に嫌な気分に
上司でも旦那でも、男の人に言われたくない
失礼だなという思いがじわじわ



スポンサードリンク

【1/4】  【2/4】  【3/4】  【4/4】←今この記事です。


112: 修羅場ステーション 2017/07/13(木)12:09:30 ID:I0X
昨日の話し合いの流れ

私「別れたい。子供もいらない。あなたがどうしても結婚して子供が欲しいなら別れてくれ」

カレ「子供欲しいって言ってじゃん。なんで今さらそんなこと言うの?ずっと、二人で子供が生まれたらどうしよう、こうしようって話をしてたじゃん」


もう本当にこの人の頭の中では、私20代のときから時間が止まっていた。
あれだけ話をしていたのに、きっと彼の中では嫌よ嫌よもなんとやらだったんだと思う。

〇〇(姪っ子)の入学式を見に行ってから、本当に何かが途切れたみたいな感じで「もういいや」ってずーーーっと思ってた。
この気持ちがなんだったんだろうってよく考えてみたら、本当に不思議なことに生まれた時から見てきた子が大きくなっていく様を傍から見る人生に満足したんだと思う。

ってな感じなことを言ったら、押し黙ってた。

私「私の人生を相談なく決めたことは悪いと思うけど、姪っ子を見て『自分には自分の子供を愛せたかもしれない』っていう可能性と『結婚したいと思ってくれた人がいた』っていうだけで自分の人生は捨てたもんじゃなかったって思う」

カレ「じゃあ子供産めばいいじゃん、結婚すればいいじゃん、それが何が嫌なのかわけ分かんない」

私「簡単に産めば良いって言うけどさ、じゃああなたは生まれた子供に対してどんな親になれる?何してあげたいの?」

カレ「………お風呂入れたり、一緒に遊んだり、おむつ替えたりとか」

彼の言っている理想の親像が、叔母の私が姪っ子にしてあげたことだらけで笑えた。
思わず真剣な話をしているのに笑っちゃった。



スポンサードリンク

【1/4】  【2/4】  【3/4】←今この記事です。  【4/4】


55: 修羅場ステーション 2017/07/12(水)08:47:58 ID:jDW
おはようございます。
とりあえず途中報告です。

昨晩は親元に帰って話をしてきましたが、
いつの間にか彼の評価が『いつまでも娘と結婚しない、うだつの上がらない男』から『娘をもらってくれる男』にジョブチェンジしてました。
そんな彼と別れるというのが、父だけが受け入れられず「子供は産めば絶対可愛い。そんなへそ曲げたガキみたいなことを言っていないで嫁にもらってもらえ」というお言葉をいただきました。

32歳にもなって親の言いなりにはなりたいわけではないですが、
人格否定というか「育て方を間違えた」とか「頭がおかしい」とまで言われて、
心が折れそうです。



スポンサードリンク

【1/4】  【2/4】←今この記事です。  【3/4】  【4/4】


12: 修羅場ステーション 2017/07/11(火)14:44:23 ID:dtj
スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part74
から誘導してもらって、来ました。
(別れるのは決まっているので)相談というよりは、長年誰にも言ったことのなかった愚痴が爆発シています。



スポンサードリンク

【1/4】←今この記事です。  【2/4】  【3/4】  【4/4】


494: 修羅場ステーション 2017/07/11(火)11:18:12 ID:dtj
長文になりますが、失礼します。

とにかく今の彼と別れたい話。
前提として、交際して7年になる彼がいる。
当然私も早く結婚して、子供が欲しいと思った時期もあるけれど、不思議な事にそのピークをすぎてしまうと、子供も結婚も本当もうどうでも良くなった。
正直、今のままブラブラと交際しているわけにはいかないから、籍だけは入れたいけど、もう結婚式なんてする気もないし、子供もいらない。
結婚するなら、もう子無し人生を歩んで、二人で旅行に行ったり、趣味にお金を費やしたり…そんな人生を歩みたい。

彼とは25歳からお付き合いをして、現在私は32歳。
彼は37歳。
本当は20代の内に結婚する話が出たけど、彼の転職した都合とか彼の親戚、私の親戚の不幸やらが続いて話が進まなかった。
最悪、入籍や出産だけ済ませて落ち着いてから身内だけの小さな式か写真だけでも良かったとも思うけど、彼両親が良い顔をせずそのままズルズルと。
別に彼のことは嫌いではなかったらか、もう現状を受け入れる覚悟ができてしまったし、もう私の人生はこの道なんだと思っていた。

それなのに、今になってから彼から「結婚しよう。子供は二人欲しいね」とか言われて困る。

私は絶対子供は20代の内に一人生みたいと思っていたし、当然結婚だって同じ。
それを仕方ない事情とは言え、私の人生設計が崩れたので、もう二人きりの生活から老後のためにお金を……というイメージに頭が切り替わってしまった。
もう「どうして今更になって?」という言葉しか出ない。

(別に30代で子供を生むことが人が駄目とか否定するつもりはないけれど、言葉選びが悪かったらごめんない。)

とにかく25歳の当初は、自分の人生設計があって、子供が欲しいとか純白のウェディングドレスを着たいとか、夢のマイホームとか…とにかく結婚に憧れる時期はあったけど、その時にいくら「せめて入籍だけでも…」と発破をかけても、親が良い顔しないから……という理由で微動だにせず。

友達が子育てや行事への出席で遊べなくなる

遊び相手がいなくて寂しい

俺も結婚しようかな

どうせ理由なんてこんな程度だと思う。
本人はそれとなく良い感じの理由を連ねてるけど、無駄に7年交際してないからそれくらいなんとなくだが分かる。



スポンサードリンク

664: 修羅場ステーション 2017/04/10(月)10:40:37 ID:dC1
婚活を初めて、明後日で25歳、年収400万代なのだけど
何でか40歳を超えた年収400万前後の男性からの申し込みが多い

私は子供も欲しいし、年収も対等であることが希望だけど
毎年お給料が少しずつ上がってるし、額は少なくても社宅もあって福利厚生もしっかりしてる、社宅を出たら家賃補助もでる会社だから
たとえ産休育休とったとしても、私が40になる頃には収入は対等でないと思う
都会と田舎は年収に差が~と言われるけど、私は奈良で働いてるから都会ってわけでもないと思う
寧ろ相手が都会ってことのほうが多い
そもそも子供が欲しいのに介護がのしかかってきそうで怖い
その時の私に介護がのしかからなくても、子供が成人する頃に夫が要介護とかになりかねない

友達にも軽くそんな悩みを話したら
「24歳で登録したんだよね?若すぎて難有りで婚活してると思われてるか
田舎者だと馬鹿にされて若さもあって世間知らずと侮られてるか
堀北真希の結婚が最近話題になってるしワンちゃん狙ってる身の程知らずが多いんじゃ」
と分析された

実際はわからないけど、同年代で婚活してる他の女性を知らないから、実際にこんなものなのかどうかもわからない



スポンサードリンク

125: 修羅場ステーション 2018/03/04(日)16:10:14 ID:Fv4
あーしんどい。
「二十代前半と間違われた」「学生に見られた」「男と間違われた」と頻繁に言ってくる知り合いと話を合わせるのが、しんどい。
なんで、イライラするかって言われたら、説明できないんだけどさ。
他の人は「すごいね」「イケメンだね」って返していて、本心から返してるのかな~、すごいな~、と冷めて見ちゃって、取り繕うことに限界を感じてきた。
合わないんだな~、で済む問題なんだろうけど、なんか相手してて今日もぐったりしちゃったよ。

一応それとなく確かめたんだけど、ジェンダー自認は女性だった。
どこの感性で喜んでいるんだ。本気でわからない。



スポンサードリンク

218: 修羅場ステーション 2018/02/26(月) 11:00:32.56 ID:jbnF7Fpl
なんか最近とあるママさんから避けられるなーと思っていたら、私の持っている財布が原因だった。
子持ちが持つブランドの財布じゃ無いよね、って影で言ってると聞いた。

長年使っている財布なんだけど、ボロボロだよね、って言われてた方がマシだった。
土星マークの財布は子持ちは持ったらダメなのかな…
まだ20代だからセーフだと思ってた。
結婚前に旦那が買ってくれた物なんだから、持つのが憂鬱になるのも申し訳ない。



スポンサードリンク

375 : おさかなくわえた名無しさん 2014/02/05(水) 22:23:25 ID:mpxu6ZxC
以前のバイト先にて。 

そのバイト先は受付と講師に部署が分かれていて、当時19歳の私は受付の方の仕事を担当していた。
ただ、あるとき受付部署に入ってきた4歳上の後輩が「私さんって19歳なんですかあ!?見えなーい!!!」と大袈裟にびっくりしていて、多少は傷付いたもののまあ老けて見られるのは事実だし…とスルーしていた。
スポンサードリンク

このページのトップヘ