スポンサードリンク

小説

187: 修羅場ステーション 2018/07/03(火)12:42:28 ID:orN
社会人になってから付き合った彼女
物静でほんわかした可愛らしい人で、好きな小説家が一緒だった
自分も彼女もその作家の作品は全て揃えているのだけど、彼女は作中の台詞や文章をよく覚えていて、会話の中にちょいちょい挟んできた
中二病臭い独特の言い回しが多いんだけど、そんなに嫌ではなく、むしろ記憶力いいなー、と尊敬していた
そんな彼女は読書以外趣味らしい趣味はなく、休日もあまり外出はせず、テレビも見ない人だった
買い物もあまりしない
本もその作家以外はあまり読んでないみたいだったので、一人のとき何しているのか不思議だった

あるとき、初めて彼女の家に招かれた
独り暮らしの部屋には、ほとんど物がなく、ただ、大きな本棚があって、そこにはその作家の本と、大量のノートが収まっていた
「このノートは何?」と聞くと、はにかみながら見せてくれた
ノートにはびっしりと小説の中身が書き写されていた
「好きすぎて写経してるの」「書いてると言葉が心に染み込んできて、幸せになるの」
とうっとりした笑みを浮かべながら言ってきた
ちなみに、その作家の文章は難解で、一冊の量が多い
別に悪いことしてるわけじゃないし、人に迷惑かける趣味でもないけど、なんだか怖くなって最終的に別れた



スポンサードリンク

570 : 名無しさん@おーぷん 2016/01/20(水)14:01:24 ID:dWv
涙もろい人、会社のAさんがスレタイ
どれくらい涙もろいかというと、会社の通勤途中で漫画や小説を読んで涙ボロボロ流してたり
動画でキセキのPV見せただけで目を潤ませる
漫画に至っては金色のガッシュ!!で目を真っ赤にして泣く
これ、涙腺崩壊する漫画読ませたらどうなるんだろうと思って、ある日orangeと僕等がいたを貸してみた
スポンサードリンク

このページのトップヘ