スポンサードリンク

家族

159: 修羅場ステーション 2018/03/13(火)21:14:53 ID:HBq
母が風邪をひいて2日ほどダウン
看病していた私も時間差で発症して動けなくなった
ちょうど明日から土日で弟が休みだから用事は弟に頼めばいいからねって
母に言って私も休ませてもらった
2日間ほとんど動けなかったからその間のことは何も分からない状態で
少し楽になって起きてみたら母が一人で晩ごはんを作っていた

掃除と洗濯は父が手伝ってくれたけど
他の買い物とかごはんとか後片付けは病み上がりの母がしてたんだって
そんで弟は食事とコーヒーの時間に飲食に来る以外は何もしなかったんだって

まだフラフラなのに弟に遠慮して用事のひとつも頼めない母の神経が分からん
母が病み上がりなのを知ってるのに手伝いの申し出すらしない弟の神経も分からん

土日休みで元気な弟が何不自由なく世話を焼かれてるのに
高熱で動けない私は100%放置されてたことも本気でワケ分からん



スポンサードリンク

311: 修羅場ステーション 2018/03/08(木)11:34:08 ID:XXt
家が修羅場。親が離婚するかもしれん。
俺=大学生21歳
妹=大学入学をひかえた18歳
妹が合格した大学が、俺の大学より父の母校よりちょい上だった。
親父が「息子に超えられるのはいいが娘に超えられるのは腹立つ」と言い妹と冷戦突入
冷戦には素地があって
俺が2,3年前に女叩き厨だった時(今はもう違う)妹と毎日やりあってて
親父が俺に味方したことで、妹は親父に不信感を抱いていた。
今は表面上忘れたフリで和解してたんだが、親父の今回の発言で一気に再燃。
入学金と前期授業料は振込み済みなのに
親父が入学を認めないとか言い出し、
妹が猛反発し、母は妹の味方をし、俺は蚊帳の外だったんだが
気がついたら両親が離婚するしないの騒ぎになっていて
母は妹だけ連れていくから、あとはあんたら勝手にせいと言う。
俺いらない子扱い。
「ちょっと待てみんな落ち着け」と言うも、母妹はすでに俺を親父一味と見なし敵視している。
・離婚を思いとどまってほしい
・妹に大学入学してほしい
・両親を仲直りさせたい
俺はどう動いたらいでしょうか・・・



スポンサードリンク

32: 修羅場ステーション 2018/03/08(木)10:37:11 ID:CNX
両親を亡くした甥から「自分を引き取って欲しい。」と連絡が来たんだけどwwwwww
引き取ってってwwwwww甥って言ってもあんた今年28だろwww
私と3つしか変わんないのに何言ってんだwwwwww
頼みの綱だった両親がいなくなったんだから自分でなんとかしろwwwwww
こっち頼ってくんなバーローwwwwww



スポンサードリンク

593: 修羅場ステーション 2017/08/24(木)11:43:49 ID:1vy
今までで一番衝撃的だったのは高校2年の夏休みに母親の心臓が止まったことだな。

両親が診察から帰ってきて父は庭で花の手入れ、母は疲れたので休むと2階へ上がった。
その時、居間でゲームしていたのだけど「喉が渇いたから何か冷たい飲み物を持って来てくれ」と言われ
すぐに中断できるものだったので麦茶を用意して渡しに行くと
母は畳の上に座布団も敷かずにうつ伏せと横向きの中間ぐらいの感じで寝てた。

帰ってきてからほんの数分で寝てたのでよっぽど疲れていたののかな、と思い
麦茶を置いて「ここに置いとくからね」とすぐ居間に戻ろうとした。

だが普段から人に何か頼んでおきながら寝るような人じゃなかったのと
いびきをかいていたので気になり体を揺すってみると、縮こまっていた体を顔面を畳で擦るようにしながら伸ばした。
「あ、これヤバいやつだ」と思いすぐに窓を開けて父を呼ぼうとしたのだが
俺はしばらく使ってなかった部屋で、鍵の開け方のコツを忘れててすぐに開けられなかった。
(ここがたぶん一番焦った)

階段を駆け下りて「お父さん!お母さんが!なんかヤバい!」と叫び、
すぐに部屋に戻って母を仰向けに引っ繰り返したら息してなかった。



スポンサードリンク

280: 修羅場ステーション 2018/03/05(月)17:46:43 ID:G1z
母に対して「え?」と思った出来事

実家にいた頃、私(会社員)と父(会社員)は母(専業主婦)によく「早く風呂に入れ!」と言われてた。
もちろん各々サクサク風呂に入れればいいんだろうが私も父も見たいテレビがあったりするし、
仕事終わりは少しだらだらしたいのでそううまくいかずによく注意されていた。
そのうち夕食が終わったらすぐに「風呂に入りなさい!」と言われるようになった。
食事後にすぐに風呂に入るのは消化によくないのでそれには抗議したけど、しばらくしたらまたそう言われるようになったので正直鬱陶しくなってきた。
そんなときに風呂に関するやりとりをしているときに「あんたらがだらだらしてるから
お母さんが寝る直前に風呂に入らなきゃならなくなってるでしょうが!」と言われた。

私「じゃあ母さんが一番に風呂に入ればいいんじゃないの?」
母「え?」
私「私何番目でも気にしないし、母さんが風呂洗ってるんだから母さんが一番風呂に入ればいいじゃん」
母「(動揺)……え、だってお父さんは一番風呂に入りたいって前に……」
私「そう言ってるのに入らないんだから無視でいいじゃん。それに私が先に入っても文句とか全然言ってこないし」
母「そう……」

これ以降風呂に関する文句は一切言われることはなかったし、母は好きな時間に入浴するようになった。
多分親心?妻心?で夫や娘にきれいなお風呂に入ってほしかったんだろうけど
私と父は別にそれを望んでないから齟齬がでて変な風になってたんだと思う。

まとめサイトを見ててどこかのお母さんが「食事のとき夫や娘にはなるべく良い部分のものをあげて
自分はそうでない部分を食べてるのに夫と娘ときたら~」という書き込みに
「そんな配慮いらん」ってレスがついていたのを見て思い出した。

もしかしたら家庭でありがちな問題かもしれない。



スポンサードリンク

259: 修羅場ステーション 2018/03/07(水)11:29:54 ID:2Fw
はずかしくて友人に聞けないんで相談させてほしい
俺 31 サービス業 年収450 今日は非番 弟あり
婚約者 28 同業他社 年収300

俺んちは俺が高1の時に親が離婚している
理由は父がキャバ嬢(ピーナ)にハマって貯金を使い込んだから
俺の高校合格まで隠し通して高1で離婚という流れ
現在母は弟と住んでる
母・弟ともに収入ありでここは問題ない
問題は俺の結婚式に父が「今の嫁と出席したい」とゴネていること
今の嫁は前述のピーナとは別の女。ホステス。中国人
籍を入れていて正式に結婚している

親が離婚した場合こういうケースはどうするのが普通なもの?
愛人だったら論外だが正式に結婚しているので
結婚式には親族って普通夫婦ペアで招待するものだよな?
でも心情的に「弟・母、父、父嫁」で並ばせたくない
また、女性新婦目線でこういうのどう思いますか?
彼女には父が再婚済みで相手が日本人でないと話してある
彼女は人種偏見とかない方だが、新婦友人の目とかもあるし、どうかなと



スポンサードリンク

156: 修羅場ステーション 2018/03/05(月)20:10:17 ID:emZ
愚痴というか相談というか素朴な疑問なんだけども、宗教関係ってここで大丈夫なんだろうか。
ダメなら別スレに誘導して欲しい



スポンサードリンク

240: 修羅場ステーション 2018/03/04(日)12:45:29 ID:BLU
姉は結婚数年前、結婚式の引き出物が食器だと、貰った方は困るという現象を実際見ていた
(押し入れの中引き出物の食器でいっぱい。もちろん使わないし使えない。っていう現場を見て愚痴も聞いていた)
だから姉の結婚式では、無難に食べ物で終わるか、カタログかのどちらかだろうと思っていたのだが
何故か食器が引き出物だった

まぁ学習能力低くても仕方がないね。天然言われる程度の人だし
人の気持ちが考えられない所もあるし。とか私はなったが、他の人は知らない

ちなみに我が家は特別使い所がない為、仕舞われっぱなしだった



スポンサードリンク

818: 修羅場ステーション 2018/02/28(水) 11:28:23.52 0
6年前、母の知人のせいで家族を失ったのが最大の修羅場

6年前、母がすい臓癌で無くなり(これだけでも最大の修羅場だが)、葬式をした
両親はキリスト教なので、当然葬儀もキリスト教

私は母から生前、「お母さんは癌でもう長くない」と言われていたが、当時からかなりの親不孝者だった(警察の世話にはならなかったけど)私は、母が私を更生させるために言った質の悪い冗談と思って本気にしていなかった

しかし母が無くなる三日前に、父から母の入院を聞かされ、「万が一のために覚悟しておけ」と言われ、初めてそれが本当だったことに気付いた

それからは藁にもすがる思いで、母が助かることを祈ったが、三日後・・・・・

正直後悔したよ、癌が本当だと知ってたならもっと親孝行とかしたかったし、親は元気なうちに親孝行しないと後悔するって本当だね(私が唯一やった親孝行なんて、母より長生きしてることだけだし)
母が無くなる一年前にも最大の修羅場という目に遭ったけど(訳あって電気ガス水道が止められ、避難所に住んでいた)、それ以上に辛い重いをするとはね
火葬場で落ち込んでる私を見て、母の知人が話しかけてきた
葬式中の遺族に話しかけるなんて、非常識と思った私はその知人を罵倒していると、偶然通りかかった父と兄が慌て知人に謝り、私を叱り始めた
私は同じ遺族なのに、非常識なことをした方を庇う人達と一緒に暮らしていけないと思い、母の一周忌が終わると、父と兄に絶縁宣言をして、家を出た

思えば、あの知人が話しかけなければ、私は今でも家族で暮らしていけたのに
これが私が33年間生きていて体験した、最大の修羅場だ



スポンサードリンク

このページのトップヘ