スポンサードリンク

存在

578: 修羅場ステーション 2018/11/08(木)16:37:14 ID:LZq
流れ変えるためにちょっと昔の話でも垂れ流しとく。
ハロウィン終わった途端にどこもかしこもクリスマスモード全開だよな。
俺は幼稚園の年中までそれはそれは純粋にサンタの存在を信じてたんだ。
それが年長に上がった辺りでどこからか、「実はサンタは父ちゃん」という噂が流れてきてさ。
純粋だった俺は「そんなはずは無い!」と思いながらも「じゃあ煙突ないのにどうやって入ってくんの?w」という反サンタ派の言葉に惑わされつつあった。
悩んだ結果俺は姉貴に相談する事にした。
小4の姉貴なら事実を知ってるはず、姉貴はちゃんとサンタの存在を証明してくれると信じて疑わなかったさ。
なんせ姉貴は毎年欠かさずサンタへ手紙も書いてたしな。
「ねーちゃん、サンタはサンタでしょ?サンタは父ちゃんや母ちゃんが変身してるだけって言う奴がいるんだよ。」と聞くと姉貴は「アホかこいつ?」と言わんばかりの顔で、
「サンタなんている訳ないでしょ?いつも父さんが変装してるだけよ。でもそんな事言ってもしプレゼントがもらえなくなったら困るじゃん。だからあんたもしっかり信じてるフリしろよ。」と吐き捨てるように言われたわ。
この時俺は人生で初めて大人の階段を一段登った気がしたよ。



スポンサードリンク

480 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/22(水)01:03:03 ID:nNh
姑は、「娘がお父さん(夫)大好き」ということにしたがる。
主人は帰宅が遅く、平日はほとんど娘の顔を見られていない。
土日もほぼ寝ているので(激務のため)、風呂も入れないしオムツも替えない、世話という世話は一切していない。
ちょっと遊ぶくらい。
(私は専業なので、その点について不満はない)
スポンサードリンク

このページのトップヘ