スポンサードリンク

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/12(火) 21:25:59 ID:k24Q1CRia.net
娘がお風呂上りに海苔を恥骨あたりに乗せて「ママの真似!」ってやったせいで嫁にペド野郎扱いされてんだけど 
俺が娘に教えたと思い込んでるみたいなんだがどうしたらいい?2日前から口も聞いてくれない 
ちなみに俺は娘にそんな変態教育した事ない 
2 : ○○○が裏返った時 ◆YeWUpjZuTo 2016/07/12(火) 21:26:36 ID:TpNnShQa0.net
ワロタ 
スポンサードリンク

222 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/06(金) 12:54:23.78
書けるか? 
223 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/06(金) 13:00:05.22
書けた。 
ちょっと待ち時間の間投下。 
約10数年に渡る話。 
十数年前に嫁が浮気、当時5歳の娘と離婚届を置いて浮気相手と逃げた。 
八方手を尽くした挙句、浮気相手と海外にトンズラした事が分かった。 
娘もなんとなく察したようで、元嫁に対する未練や文句を一切言わず、俺と俺両親の生活を覚悟したのもこの時。夜中に布団の中で声を押し殺して泣いてる姿を見何度か見ているが、自責の念で気が狂いそうだった。 
スポンサードリンク

905 : 名無しさん@HOME 2009/01/04(日) 16:44:01
うちの娘のお年玉は100円。同い年のコトメ子君は1万円。 
渡したトメとその場で開けるように言ったコトメはニヤニヤしてた。 

泣きそうな顔してる娘を見て、頭に血が上りかけたけど 
ウトさんは「おい、○○!(トメ)」とすぐ怒ってくれたし、 
旦那は「最悪だな。嫁子帰ろう…」と言ってくれたので少し冷静になれた。 
コトメ旦那は呆然としてた。 
スポンサードリンク

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 00:32:19 ID:lCkmrF2n0
元嫁が何人もの男を囲ってるのは知っていたけど、俺はそれを見て見ぬフリをしてたんだ 

まだ娘も小さかったし、小学校に入学するときに片親だと周りに馴染めないのではないかと思っていた 

だから俺は表面的には嫁を労る良い夫を演じ、内心では常に嫁に対する嫌悪感を持っていた 

そんなある日、俺は息抜きに娘と二人で温泉旅行に行ったんだよね 

無論、旅行に行ったことは嫁に隠してた。嫁に隠れてコツコツと貯めたヘソクリを使って旅行に行ったんだよね 

楽しかった 

それで俺たち二人が家に帰ると、嫁と義父と義母が待っていたんだよね 
スポンサードリンク

336 : おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:58:02.10 ID:NlFm6O1L.net
公園で子供と遊んでたときの話。 

そこの公園は住宅街の近くにある東京ドーム数個分くらいの面積がある広い公園で、たまに大学生サークルが遊んだりボランティアでゴミ拾いしてくれていた。 

その日もゴミ拾いやってて、自分はその隣のエリアにある原っぱで5歳の娘と鬼ごっこをしていた。
スポンサードリンク

576 : 名無しの心子知らず 2012/02/06(月) 22:40:33.04 ID:cTjWoT55
すいません、相談事できました。 
高校一年生の娘が毎日私が作っているお弁当を家で食べていることに今日気付きました。 
理由を問いただすと、母さんの弁当残飯みたいでみんなの前で広げて食べられないと。 
私は冷食に頼らないでずっと手料理で作っていたんですけど、娘にとってはそれが重荷。 
夫に相談しても、主婦なんだから手料理しろ。お前の料理は美味しそう。娘の弁当の扱いが悪いしか言いません。 

明日から冷食にするね、と言ったら娘の喜ぶ顔に泣けてきました。みなさんは弁当どうしているんですか? 
スポンサードリンク

461 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/29(火) 16:51:35.48
この前、肉じゃががでたんだが何だか臭くて酸っぱかった 
最初に娘(2才)が一口たべて眉間にシワを寄せ器に吐き出した
スポンサードリンク

802 : 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)23:32:23 ID:1dA
10年育てた娘が本当の俺の娘じゃなかったこと
しかも娘はそれを知っていて「本当のお父さん」と毎月食事にいってたこと
スポンサードリンク

574 : 名無しさん@おーぷん 2015/10/05(月)17:27:22 ID:???
娘(2歳) を寝かしつける時の最近の流れ。

(1)突然むくっと起き上がったかと思うと、部屋の隅に移動して「よーい、どん!」と言い出す。 
(2)私が起き上がって座ると「よーい、どん!」と叫びながら疾走してむぎゅっと抱きついてくる。
スポンサードリンク

このページのトップヘ