スポンサードリンク

70 : 名無しの心子知らず 2010/09/19(日) 20:48:31 ID:P3M7P7Pc
気持ち悪いキチ夫婦に絡まれたので吐き出し。 
箇条書きします。 
・キチママ、現在第三子妊娠中 
・旦那の夜の店代をケチりたいキチママ、うちの娘(高校生)に目をつける
スポンサードリンク

213 : 名無しさん@家庭ちゃんねる 2014/05/31(土) 02:47:54
学生の頃、自分の娘を安売りするような母親がいた 

同級生のA子とは家族ぐるみの付き合いをしていた 
A子はage嬢みたいな格好をしていて、それに対してA母は素朴な見た目の女性 
正直A母はあまり美人なタイプではない
スポンサードリンク

458 : 名無しさん@おーぷん 2014/06/30(月)16:04:39 ID:WG8VexHjM
私の娘が9歳のとき、押し入れをじーっと見ていることが多くなった。旦那も姑もそれに気がついていて、娘に何を見ているか聞いてみるが「たーくん」としか答えない。
ただひたすら押し入れを凝視しながらニコニコしている。その押し入れを見ても特に変わった様子は無い。
スポンサードリンク

585 : 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)00:38:17 ID:avY
娘に「お母さんの考えがわかんなくて嫌い。」と言われ現在修羅場。
原因は義妹に対する私の態度。
義妹と言っても私より4つ上なんだけど、旦那と結婚した当初はまだ独身だった義妹に「大好きな弟くんを奪いやがって!」と「私より年下のくせに結婚しやがって!」ていうので散々いびられた過去がある。
スポンサードリンク

98 : 名無しさん@家庭ちゃんねる 2016/01/06(水) 11:51:19
義弟嫁が勝手にうちの子の就職先に断りの電話を入れやがった・・・ 

義弟嫁とうちの子は同い年で、性別もお互いに女の子、同じ高校に通っている 
それでうちの子の成績だとか、テスト結果、進路は義弟嫁に筒抜けだった 
でもまさか身内にやられるとは思っていなかった 

163 : 名無しさん@おーぷん 2015/05/06(水)01:36:39 ID:2tX
我が子と十数年ぶりにカラオケに行ったのよ
前から行きたい行きたいとは言ってたんだけど、私も娘も社会人だし時間も合わなくて
なにより更年期始まってから休日は寝込むことが多かったからなかなか行けなかった
でも母の日だしと車で行けるところ予約とってくれて、娘の彼氏と三人で行ってきたよ
私の中の娘はまだ小学生でセーラームーンとGS美神が大好きで「ごめんね素直じゃなくて」とか「長い髪なびなせて」とか辿々しく歌ってた頃しか記憶に無くて
今は彼氏と一緒にアニメとか漫画を家で見てるから、アニソン歌うんだろうなぁって思ってたのよ
スポンサードリンク

912 : 名無しの心子知らず 2013/10/04(金) 14:32:51.20 ID:ddXkdlsC
上の娘の発表会時にドレスを交換?させられそうになった。 
初めてのピアノ発表会に洋裁好きな義妹が娘のドレスを作ってくれた。 
生地はフランスモノでシルクタフタのリボンを結ぶ アイボリーに赤リボンのドレスに 娘と私も大歓喜。 
当日、自宅から持って来たドレスを壁にかけ私が娘のまとめ髪をしていると 
何故か 壁からすっとそのドレスを外して知らないママが持って行こうとした。 
控え室は他に3人いたので「あ、それうちのですよ」と間違えたのだろうと軽く声をかけた。 
続きます 
916 : 名無しの心子知らず 2013/10/04(金) 14:50:43.15 ID:ddXkdlsC
>>912 続き 
しかしワンピース姿のママは知らん顔でハンガーにかけたドレスを持って行こうとする… 
娘が「わたしの!!」と叫ぶやいなや 私を振り切り飛び出して ワンピママにすがりついた。
スポンサードリンク

172 : 名無しさん@おーぷん 2016/03/20(日)20:48:22 ID:ZXy
次女が中学2年のときに旦那(父親)に恋して大修羅場だった。しかも旦那はそれを受け入れるという・・・
急いで別居して次女と旦那を引き離した私は悪魔だの糞だの言われたよ。
やけに父子間のコミュニケーションが多いなと思ってた。さすがに一緒に風呂に入ったり一緒に寝たりとかはなかったけど、ある日突然次女からお父さんに恋してる発言をされた。
スポンサードリンク

167 : 名無しさん@HOME 2013/11/24(日) 11:14:23
流れ切って申し訳ありませんが、昨日のことを。 
一言だけじゃないし体も張ってくれたけど、高校生のコウトがやってくれました。 
昨日、夫と7カ月の娘の3人で義実家に行った。ウトメにとっては初孫なので大喜び。……なのはいいんだがトメは娘を抱いて離さない。
スポンサードリンク

このページのトップヘ