スポンサードリンク

女の子

225: 2019/01/12(土)13:27:53 ID:PVe.qe.cx
どうすれば息子を男の子らしくさせてあげられるんだろう…。
相談に乗ってください。お願いします。
うちの息子は生まれた時からくっきり二重に長ーいまつげの超女の子顔でした。
青い服とか恐竜柄の服を着せてても、会う人会う人必ず女の子に間違えます。
小学校に上がった今でも相変わらずの女の子顔です。
というか成長するにつれてさらに女の子顔になっていってると思います。
幼稚園時代は、たまにお友達に「息子くんって本当は女なんでしょ?」と言われて凹む事はありましたがそこまで大きな問題はなく。
けど小学校に上がるとやんちゃな男の子達から「おとこおんな~w」「オカマだ~w」とからかわれる事が増えてしまって息子が泣いて帰ってくるようになったんです。
先生に相談して一時はおさまったんですけどそれでもこそっと言ってくる子がいるようで、何度か先生に同席してもらって相手の親御さんとも話し合いをしたのですがそれでもやはり言う子は言うんですよね…。
女の子顔というのは息子自身とても気にしていて、男らしく見えるようにと好きでもない坊主頭にしたり、服も本来はシンプル系が好きなのにあえてドクロとか車柄なんかの男の子らしいデザインの物を着たりしているのですが、
男装した女の子って感じの違和感がすごくて、それでさらにおとこおんな~とからかわれる負の連鎖状態です。
最近では学校に行く事を渋る日も多々あります。
何か対策はないのでしょうか?



スポンサードリンク

【前編】  【後編】←今この記事です。


64: 修羅場ステーション 2014/07/26(土)11:07:37 ID:H7rGt3AeF
ちなみに裏女子ネットワーク

・俺が迫って来たら彼氏が出来たことにすること
・会社内で絶対にすれ違わないこと
・既読無視が出来るLINEを教えること
・無愛想でいること
・????が好きと言わないこと、悟られないこと
・顔文字、スタンプは絶対入れないこと(一行で返事をすること)
・俺と会話する時は誰かについて行って貰うか、人が通るところで話をすること



なんなんだよこれ



スポンサードリンク

【前編】←今この記事です。  【後編】


1: 修羅場ステーション 2014/07/26(土)09:42:56 ID:H7rGt3AeF
女子ネットワークで要注意人物扱いされてた
というかキチガイ扱いとして晒し者にされてた…



スポンサードリンク

850: 修羅場ステーション 2018/12/13(木)18:32:53 ID:BEg
幼稚園児の息子がジゴロのようで衝撃を受ける毎日
顔は俺そっくりのえなりかずき系なのに、お隣の女の子に毎朝「今日もかわいいよ」「会えて嬉しい」と声をかけ
嫁(息子からしたら母な)には「今日のお母さんは昨日よりキレイ」「お花みたいにかわいい」
「昨日買った××(化粧品?わからん)付けたね、似合うね」と言い
俺母(息子からしたら婆)が段差でつまずいたら、「大丈夫?」と片膝を突いてスッ…と王子のように手を出す
こんなんだから、顔はえなりかずきなのにメッチャもてる
園で同じクラスのママさんたちにも「髪型変えたね」とか「そのスカート似合うね」とかマメに声をかけ、絶大な人気
誰もこんなん教えてないんだがどうしてこうなった
俺母が言うには、祖父の弟が不細工なのに非常にもてたらしく、そこからの遺伝では?だそうだ



スポンサードリンク

908: 修羅場ステーション 2018/12/03(月)07:52:53 ID:hOe
さっき電車の中で目撃!

こちらは某大都市で今の時間は電車が大混雑してる。
大規模に乗降がある大きな駅ではなく、乗降客の少ないある駅に停車した時
私の隣に立ってた中学生くらいに見える私服の女の子が
「すみません降ります(通してください)」って言った。
だから皆、狭い中なんとか通す道を作って、女の子もお礼を言いながらドアへ。
ドアの前に、ドア側を背に陣取ってる男が知らん顔で、女の子は降りられない。

もう一度女の子が「すみません降ります」と声をかけても知らん顔でスマホいじり。
男はイヤホンを着けているとかでもない
聴覚が悪いのかもしれなかったけど
ドアを背にしている=女の子側を向いているのに気づかないものか?

で、男の隣のリーマンのイケメンおじさんが「降りる人がいるからとおしてあげて」とやわらかい口調で言いつつ
男の肩をポンポンと軽く叩いて一旦降車して道を空けてあげてたんだけど
女の子の真ん前にいるこいつが、それでもスマホいじりして微動だにしない
明らかにわざとだと皆が思ったと思う、てか私はそう思った。
でも、イケメンおじさんとその他数名が一旦車外に出てあげたことで
女の子はスマホ男を迂回すれば降車できる状態だった

ところが、女の子はいきなり金切り声をあげて男にタックル。
男は突然の攻撃に受け身も取れず車外へ飛ばされた。
コケたっぽい
あとは女の子の怒鳴り声と、布団叩きで布団を叩いてるような音が数回、これはコケた男を蹴る音だったと思う
ギャッ!っていうカエルの潰れたような悲鳴が一回聞こえたからw
女の子の怒鳴り声は英語っぽくて、何を言ってるのかわからなかったけど
最後に「チカンチカン!!!」と、これまた大声で罵ってからダッシュで逃亡
女の子の豹変に周囲は唖然として凍りついて、女の子を捕まえることも、何も出来なかった。
車掌と、遅れて改札の駅員らしき人がすっ飛んで来てて
このせいで電車が数分止まってた。
「君ね、前もそうやって別の女性を通せんぼしてたでしょ?僕はあの時も君に注意をしたんだけど」
というような事を話すイケメンおじさんらしき声と
「譲り合えないなら電車になんか乗るな!テメエのせいで電車止まっただろうが!ああ!?おいっ!」
という別のDQNな怒声も。
痴漢認定されたのか何なのかわからなかったけど、男は再乗車せず電車は動き出した。
まあ同じのに乗れないよね、恥ずかしくてカッコ悪くて。
状況を見ていない乗客には、本当に痴漢が出たと思ってるだろうし。

今これ書いてたら、沿線の私立の高校生の子達が
「あなたは私が自分より体力の無い女だから意地悪をしたのでしょう?」
「私はあなたのような卑劣な男性は決して許さない、滅ぼすまで戦います」
という意味の事を女の子が言っていたみたいだ、と話してた
あまり良くない罵倒の言葉も使ってたみたい。

修羅場を目の当たりにしてかなりビックリして、まだ緊張してるんだけど
男の態度には見ててイラッと来ていたので、気持ちはザマァかな。

「チカンチカン!」とでっち上げて逃げたのが、ちょっとした仕返しだなと思ってこちらに書きました
女の子は逃げたから、冤罪で捕まることは無いでしょう



スポンサードリンク

473: 修羅場ステーション 2018/03/26(月) 07:28:32.78 ID:iUqwOifc0
旦那が会社の女の子?と二人で遊びに行ってるんだよね。たぶん。休日も残った仕事しに会社行くってでかけてったのに、某観光地のチケットとかレシートとかでてきたよ。
朝はやく起きて 朝食作って送り出して バカみたいだ。お弁当は今日はいいよ~ なんてよくいえるな。



スポンサードリンク

450: 修羅場ステーション 2018/06/21(木) 03:27:45.27 ID:Ob41qvlt
黒歴史つうか俺が100%バカで悪い話。
10代前半の頃、俺の家の近所で車イスに乗ってる中年の男性が車イスで歩道を進んでた。
俺は気にせずその男性の脇を通ったんだけど良く見たらその男性の膝の上に女の子が
乗ってた。
で、こっからが無知でバカでキチガイの俺の行動なんだけど。

当時の俺の認識が【障碍者=キチガイ】だった、女児連続殺害の事件が起こった直後だったし
「あ、女の子を助けないと」って事になって男性の膝の上に乗ってる女の子を持ち上げると
その車イスの男性を思いっきり蹴った。

そしたら女の子が「パパー!」って言いながら泣き出すし、男性は俺の腕から娘を取り戻そうと
必死で地べたを這いずりながら俺にしがみつく。

一方俺は完全に固まってた、明らかに事件じゃないし、てか俺の方がキチガイだし。
結局俺は警察に捕まりましたが向こうの家族様の配慮も有り
少年院にいかなくて済みました。



スポンサードリンク

666: 修羅場ステーション 2018/05/09(水) 09:01:47.36 ID:j2JbXKXw
「妊娠させてあげようか?」みたいなギャグ
うちのカミさん、35で産んで産後が大変で本当にキツそうなんだよ
上の子供達も大きくなってきて体力追いつかないーって
朝も起きられないんだ
ただ少子化に貢献してるという自負があるから若い子に話せてる

会社の若い女の子は産むなら早い方がいいって進めるつもりで老婆心のつもりなんだよ
俺は奥さんネタを常に話してて夫婦ラブラブなの知ってるだろうし
真面目な話のシメに、早い方がいいから妊娠させてあげるよ!ってジョーク言ってるんだけど
「そればっかり、しつこいです」って仏頂面で返されて、アレ?と思った
浮気する気なんてサラサラないのは承知なのに
無理矢理マジに取られるとセクハラとか言われるんだろうか



スポンサードリンク

159: 修羅場ステーション 2018/04/14(土) 18:53:19.35 ID:R58xUE0d0
女の子ばっかり生まれる家系の嫁。
友人経由で俺と始めてあった時、俺を見るなりこう叫んだ。
嫁「えっ女の子じゃないの!?」
嫁友&俺「えっ」
嫁「えっ」
こんな感じの出会いでした。
なお産まれて来た子供3人も全員女の子。
家庭内ではハーレム状態です。



スポンサードリンク

このページのトップヘ