スポンサードリンク

373: 修羅場ステーション 2018/11/09(金)11:08:48 ID:bWu
夫「これなんて読むんだろ」
私「あんこう だよ」
夫「お前に分かるわけないじゃん嘘つくな!今調べてやる……あ、ホントだ」
私「・・・」

私「ウィンナー温めずに食べたらさぁ」
夫「は!?生肉食ったの!?バカじゃねえの?うわ俺お前の料理もう信用できねえわオエッオエッ(吐く真似」
私「袋に『加熱後包装』って書いてあるものはハムと同じ扱いで大丈夫だよ」
夫「嘘だね!俺が調べてお前がおかしいって証明してやる…あ…えっと…食べれるけど加熱した方が旨いって書いてる!お前は嘘つき!」
私「・・・」

夫「最近”にっこりぴょん”って芸人よく見るなぁ」
私「ひょっこりはん じゃない?」
夫「は?にっこりぴょんだろ!俺の方が先に知ってたしな!」
私「そうだね…」

もう万事これ。ずっとこれ。まじでこれ。しゃべんな。問うな。



スポンサードリンク

224: 修羅場ステーション 2018/11/04(日)18:37:45 ID:Nmk
背中を押して欲しくて書きます。
不快な思いをされる方もあるかもしれませんが働く母親を批判する気は一切ありません。

私は5歳の頃に父を亡くし、母子家庭で育ちました。
母は金銭的に人並みの生活ができるよう一生懸命働いて育ててくれました。
でも保育所でいつも最後まで母を待つ時間、
小学校下校後に専業主婦ばかりの地域で誰に宿題を見てもらうこともなく過ごす時間(学童保育というものはありませんでした)、
作り置いてくれた昼ごはんを1人で食べる長期休み、
熱で学校を休み、2時間置きに近所のおばちゃんが様子を見に来る以外1人切りで寝ているしかなかった日、
これらの時間は私にとって本当に寂しいものでした。
母には感謝こそすれ責める気持ちは全くありませんが当時の寂しかったという思いはどうしても消すことができません。
なので子供ができたら中学校に上がるまでは子供を最優先にしたい、
働くなら子供が下校するまでに帰れる短時間パートで必ずおかえりを言いたいという願いを解ってくれる人と結婚し
その願いの通りに生活してきました。

ところがこの度夫が罹病し、私がフルタイムで働く必要ができました。
働くこと自体は好きですし幸い働き口がありそうです。
ただ子供を学童へ入れたり延長保育を利用することを思うと心の奥がとても苦しくなります。
私は子供と過ごすことで昔の自分を慰めていたのかもしれません。
お願いです、前向きに働くことができるよう背中を押してください。



スポンサードリンク

314: 修羅場ステーション 2018/11/04(日)02:22:44 ID:C7D
結婚14年目のアラフォーの吐き捨てです長いです

結婚したのは私24歳・夫26歳で、当時の夫ははっきり言って低収入だった
職人系の仕事で、年収200万、その中から練習の為の持ち出しを捻出、というかんじ
でも、私は夫以外の人は考えられなかったし、結婚を後悔したことは一度もない
付き合い始めの頃から、夫がその職業を志していたことも、その職業でがっつり稼げるようになるかどうかは未知数だったことも、知っていた
だから私はそれなりの収入を得られる職業を吟味して、そのとおりに就職した
二馬力の方が生活が安定するよーとかなんとか言って、私からプロポーズして結婚

付き合いが長く、夫の人柄が良いので、家族の理解があったのは助かったけど、外野の野次が酷かった
結婚直後に夫の師匠にあたる方がテレビの取材を受けたことがあって、その中で弟子はほぼ無給~最低賃金レベルってことが放送された
夫もちらっとテレビに映ったから、夫の年収が低いことが友人知人同僚あたりにバレてしまったというわけ

あの頃はまだそんな言葉はなかったと思うけど、いわゆるマウンティング発言は大量に浴びた
夫を侮辱するようなこともたくさん言われた
何を言われても、私は夫が大好きだから結婚したんだ文句あるか、とつっぱねた
でも好きな人を馬鹿にされると、やっぱり悲しいし傷つく
私が悔しい思いをするとそれが夫にも伝わってしまって、申し訳なさそうにされるのも辛かった

夫の師匠にあたる方は、職人として見込みがある弟子に、大きな仕事をぽんと与えてくれる時があった
見込みがなさそうな場合には転職の道筋をつけてくれたりしていたそうなので、良い師匠さんだったのだと思う
夫はそうやって与えられる機会の二度目に、大きな評価を受けた
そこからはびっくりするほどとんとん拍子で、収入も上がり、師匠さんに背中を押されて2年前に独立
今のところ順調だけど、安定した月給とボーナスがある私の仕事は出来るだけ続けた方がいいと夫婦共に判断しているので、私はずっと同じ会社で働いている

腹が立つのは、昔さんざんマウンティング発言で私や夫を腐してくれた人達が、なんだかんだとすりよってくること
夫さんは大器晩成型だと思ってたよ~とか、私さんは見る目があったね~とか、褒めてるつもりなのかもしれないけど全然嬉しくない
同じ口で、低収入だの無能だの貧乏くじ引いただの言ってたこと、知ってるよ
その頃にFOして、数年間交流なしだったのに、急に「昔のよしみで」とか言って、材料費にもならないような額ならまだマシで、実質無給な仕事を押し付けようとしてくる人までいる
挙句、私さんどうしてまだ仕事してるの? もう左団扇でしょ? 息子くんまだ小さいのにどうして? 息子くんかわいそうじゃない? などと、昔とは違う形のマウンティング

どうしてそんなに他人の家庭に興味があるんだろう
なんで口を挟んでくるんだろう
心の底から、ほっといて欲しい



スポンサードリンク

305: 修羅場ステーション 2018/11/03(土)18:52:01 ID:h5k
現在結婚して5年目、数ヶ月前に子供が産まれました。
結婚してからずっと夫が家を出るとき、帰ってきたときにお互い抱きついてます。
産後も変わらず夫のことが大好きだし抱きついているのですが、今は子供が小さいからいいけど成長してきたらやめた方がいいのかと悩んでいます。
頻繁に夫婦喧嘩をするのは子供に悪影響というのは聞きますが、抱きついたりスキンシップ多いのは子供に何か影響があるのでしょうか?



スポンサードリンク

426: 修羅場ステーション 2017/09/24(日)14:22:29 ID:qxz
夫と赤ちゃんと近所の散歩をした。
赤ちゃんは抱っこ紐で夫が抱いてくれていたので、久々にヒールも履いた。
そしたら通りすがりのお婆さんに母親のくせにヒールなんて…と聞こえる程度の小さな声でブチブチ言われたが、子供抱っこしてるわけでもないのに、一体何がいけないのか。
母親が抑圧された時代の被害者なのかもしれないけど、虚しいなー。



スポンサードリンク

334: 修羅場ステーション 2018/11/01(木)20:28:39 ID:ebz
すっごく長いけど吐き出させて!

結婚3年目、まだ子供はいない。
先週、夫と喧嘩して家を出た。
しばらく別居してお互い頭を冷やして今後のことを考えた方がいいと思って。
別居には夫は大反対だったけど、今のまま一緒に暮らしても埒があかないと思った。

事の始まりは、昨年秋に転勤で夫の地元に戻ってきたこと。
夫の実家は義父母がふたり暮らししてて、近くに義兄夫婦が住んでいる。
赴任期間は3年の予定。
期間限定ってことで夫の実家で同居しようって言われた時私は反対した。
部屋数は十分あるのでそこは問題ないが、夫の実家は県庁所在地の隣市で通勤が大変だし
私はパートで働くつもりなのだけど、義実家の方は田舎過ぎてパート先がない。
パートでわざわざ時間をかけて中心地まで出ていくのも馬鹿らしいし
かと言って同居して専業主婦なんて御免だ。
会社から住宅手当も出るんだし、今まで通り賃貸アパートでも借りればいいじゃないかと。
でも結局3年の間に住宅手当が浮くぶん貯金できるし~って押し切られて
まぁ期間限定だからとこちらが折れた。

が、住んでみると夫は自分のことすら母親任せで何もせず独身に戻った感じ。
義母はそれを喜んでるふうであれこれ世話を焼いている。
でも私はせっかく家事をいくぶんしてくれるようになったのに
これじゃあ元の木阿弥で、次の赴任地でまた苦労しそう・・・とイライラした。
運よく事務パートが見つかったので、これまでどおり家事分担してたのに
夫の洗濯当番の時に義母に任せて、義父母のぱんつと一緒に洗われて私ブチギレ。
私が買ってきたおやつも義父母が勝手に食べてしまうし(名前書いてても)
やめてと何度も言ってるのに、留守中に勝手に部屋に入っている。
朝慌てて出掛けたので掛布団が少し乱れていたのが、返ってくるとホテル並みに整ってたりする。
そういうのが嫌で嫌で、でも3年の辛抱だと思ってたんだけど
どうしても我慢できないのが、私のお金の使い方に文句を言われること。
私が帰ってくると手に持ってる買い物袋を無茶苦茶チェックされる。
「何を買ってきたの?」「いくらだったの?」「それどうしても必要なもの?」
「それならうちにあるのに」「無駄遣いして」etc.
別に無駄遣いしてるわけじゃないし、だとしても自分で稼いだお金だし。

続きます。



スポンサードリンク

226: 修羅場ステーション 2018/11/01(木)01:54:07 ID:Chh
罪悪感を煽ってくる母に悩んでいます
昔は兄贔屓がすごくて、兄が連絡しないようになってこちらにすりよってきました。
疎遠にしたら「寂しい」「なんでもいいから頼って欲しい」
体調不良だと言うと「強くなって欲しい」「私だってしんどい」
こちらの話を聞いてない事があったので怒ると
「兄贔屓だと言うから(私)のことを考えてきたのにLINEブロックするんですね」←LINEの不具合を勘違い
「泣きながら兄の元に行ったけど会わずに帰った」「あなたを不幸にしてごめんなさい」とメールで送ってきて、私の夫にも「もう会うことはありません」ときました。
過去にも同じようなことがあって、私が悪者にされるのが耐えられないくらい辛いです。
ブロックの事は誤解が解けたのですが、会う気になりません。子供には会いたがっているので夫も「会わなくていいの?」と気にしています。
どう対応すれば良いのでしょうか。



スポンサードリンク

720: 修羅場ステーション 2018/04/07(土)18:23:01 ID:JKG
30すぎてからなんか諦めついてしまって、34になった今、余計に身なりに気を使わなくなった。
美容院行くのも面倒だし、ぶきっちょだから失敗しそうで自分で毛染めする気にもなれない。ましてやセルフカットとかもできない。
ネイルもしてない。
爪は爪切りでガスガス切るし、足の爪なんてみてない。今見たらボロボロで筋出来てなんか白い。

そもそも、こうなりたい!とかいう目標すらなくなってしまった。おばさんだし。

昔話をすると20代の時は今で言う、キラキラ系だった。
買い物1つでもネットで調べていかに最安値で性能いいのを見つけるか必死だったし。
ランチ、月一美容院、土日休みとくれば家にいる時間なんてほぼなし、仕事帰りはエステかジム…今だったら間違いなくSNSどハマりしてると思う。

でも今はスマホ見るだけで目がショボショボする…文字打つのもつらい。

買い物は必要に迫られて調べた一番上に出たのを買うだけ。調べるのがしんどい。

ラインも姑にしつこく言われてシブシブ入れた。
スタンプ?よくわからないし、見るだけ。
そして既読無視すんなと姑と母にぶちぎれられる。

家事も料理もやってるけどいちいち画像撮るのがダルい。
間違いなく独身時代より腕も料理の見た目も良くなってる筈なのに。

昔を知る人に久々に会ったけど丸くなったねーと言われた。
たしかに一番痩せててガリガリだった(生理がよく止まった頃)時より10キロ太ったから?
パソコンや携帯のことを聞かれたけど詳しかったのは8年以上前だからもう全然ついていけない。むしろこっちが聞いてる。
半年ごと新商品でてるし浦島状態。

べつに子供がいて家事や育児に追われてるわけじゃない。
むしろ昔より生活楽だし、旦那にもたまにはおしゃれしたら?と言われるがなんか触手が動かない。
べつに悩みがあるわけじゃないし、生活に満足してるはずなのに…




スポンサードリンク

722: 修羅場ステーション 2018/03/21(水)22:51:13 ID:QYY
フェイク有り

今の夫と結婚の話しが出た時、私の伯父が重度の自閉症で祖母が介護していることを話した。
祖母も年だし、伯父は独身なんで、この先私の両親や私に何も負担がないとは言えないから、
話しておいたほうがいいだろうなぁと思って。

それからしばらくして、彼から「親とあって話をしてほしい」と言われて
ああこれはダメかな~と身構えたんだ。
彼の両親、彼の兄、彼と私で話をしたんだけど、
「彼は3人兄妹で、一番下に女の子がいる。その子は今海外に住んでる」
という話し。
妹さんがいることは初めて知ったので、隠されていた=妹さんも障害者?と思った
そこから聞いた説明が衝撃的だった

「妹は高校生の時、バイト帰りに男子高生数人に襲われた。
男子高生たちはカツアゲ目的で一人でいる男性を狙っていたが、
妹が短髪で自転車に乗っていたたので、暗い夜道で男と見間違えた。
男子高生たちが妹が女だと気づいてそれでもカツアゲしようとしたのか、
あるいは性的なほうに動こうとしたのかは定かではないが、
とにかく妹の自転車を押さえつけた。
パニックになった妹は暴れて、それを抑えようとした男子高生の片目に指が入り失明。
その悲鳴でやはりパニックになった別の男子高生が妹を抑え込もうとして
妹が家の鍵を振り回して顔にあたり、顔面に大怪我をおった。
残りの男子高生は血だらけになった現場を見て逃走した。

その後もちろん警察と救急車が来て、逃げた数人も含めて男子高生は全員捕まり、
妹も「正当防衛」ということでお咎めはなかった。
妹が襲われる前にこの男子高生たちによるカツアゲの被害者がいたため、
最初男子高生たちが言った「話しかけたら急に襲われた」は通用しなかった。

その後裁判とかいろいろあったが、顔に傷がついた男子高生は顔面麻痺が残り、自殺した。
そしてその後その母親も自殺した。
妹は何も落ち度のない被害者だが、居づらくなり家族全員で引っ越し。
今は自分の意思で海外の大学に通い、就職している」

というものだった。
「失明したものと自殺したものの家族の中にはこちらを逆恨みしている者もいる。
今までこれが原因でトラブルになったことはないが、
そちらが家族の不安を話してくれたのなら、こちらも話しておくべきだと思った」
と言われて。

もちろん妹さんは被害者だし、事件が起きた場所と今住んでいる場所はかなり離れている。
でも彼の父親は同じ会社に在籍しているので、本気で調べようと思えば調べられる。
「妹さんは悪くない!何を被害者ヅラしてんだそいつら!」という思いは当然あるけど、
「もしそいつらがまだ逆恨みしていたら…」と思うと杞憂とはいえちょっと怖かった。

妹さんとは何度か会っているし、夫とも普通に暮らしているけど、
挨拶にいった先でこの話はほんと重かったなぁ…とたまに思い出す



スポンサードリンク

このページのトップヘ