スポンサードリンク

夕飯

272: 修羅場ステーション 2018/09/26(水)15:07:38 ID:NYX
私は親が所有していた家で夫と暮らしてた
結婚してすぐ地震がおきて、福島の義実家がダメになり、義両親との同居が始まった
これが地獄の始まり
断っておくと義両親は最初普通の人たちだった
同居して一年半、義姉から里帰り出産の要請があった
義姉のそのときの住居は団地の五階で、お腹がおおきくなった義姉は階段を登ることが辛くなったらしい
義両親が良い人たちだから義姉も受け入れた
そしたら義姉夫が我が家に入り浸るようになった
そして、私が準備した夕飯を、私がいない間にいじくりまわすようになった
私は祖父母に合わせた減塩の食事を小さい頃から食べてきたので、とても薄味
カレーも甘口でちょうどいい
対して義姉夫は冷奴に醤油をひたひたになるまでかける人
義姉夫は私が作った夕飯に、塩コショウ醤油をかけまくった
そのうえ炒めおわった料理をさらにいためるので、野菜はドロドロに
カレーなら辛いスパイスを勝手に足して底が真っ黒に焦げ付くまで加熱
お味噌汁なら味噌や塩を足して沸騰させて煮出す
ミートソースにはタバスコをどっぷり入れて加熱して、フライパンに焦げのコーティング
味が濃い、とかじゃない
マズい、とかでもない
私には食べられないほどの凶器の味になっていた
私が作ったのに食べられない、お腹すかせて帰ってきたのに白米しかない
たまに白米すらない
しかも当然のように義姉夫は後片付けなんかしなかった
夫たちは義姉夫が家に寄る前に夕飯を済ますので被害は無かった
夫は私のためにコンビニでお弁当を調達してきたけど、コンビニ弁当は味も濃く塩辛くておいしくないし、カレーも麻婆豆腐も青椒肉絲も辛くてほとんど食べられなかった
だけど私の帰宅は毎日23時過ぎで、弁当を買える店は近くにコンビニしかなかった
しかも売れ残りの弁当だから選びようもない

もちろん夫も義両親も目を光らせてくれていたし、義姉夫にはこの家で飯を食うな、家によりつくなとも伝えた
しかし夫が繁忙期に入り、義夫が一週間の出張になり、義母だけでは目が足りず、掃除をしたり義姉の爪切りなど手伝っている間に5日連続で夕飯を潰され、我慢の限界を超えた
食べ物の恨みは怖いって本当だと思う
全員に「お前らがこのクソ野郎を引き込んだんだろうが!全員出ていけやボケがぁぁぁ!」と怒鳴りつけていた
宥める義母や夫の声も耳に入らず、義姉夫に台無しにされた料理を鍋ごと投げつけまくっていた
無くなったらそこらへんにあった調味料を投げつけ、まな板を投げつけ、包丁に手を伸ばしたときに格闘技をやっていた夫から右ストレートが飛んできた
私の鼻がへし折れて、倒れたときに肘を強打して右肘も骨折した
そのまま救急搬送
入院の話を聞いた両親や姉たちが飛んできた
私の左の顔が原型を留めておらず、肘も手術をして金属を入れるが元に戻らないと言われ、退院後は両親のところに連れて帰られた
夫にはメールで「私はあの義姉夫とは無関係の他人なのに、なぜ一ヶ月もの間、私の家で私の作った料理を踏みにじられ続け、私の食事を取り上げられなければならないのか」と問うた
すると夫からは「君の親戚でもあるんだぞ、君は他人じゃない」と言われたので、他人になるように離婚届を送った
休日姉たちが私の家を見に行ったら、なんと堂々と義姉も義姉夫も居座っていたらしい
もちろん夫は離婚には応じないし、家からも出ていかなかった
それに激怒した父は、私が入院して療養しているあいだに家を更地にしてしまった
家のあった場所に行ったら、本当に更地になっていて笑いしか出てこなかった
父からは記入済みの離婚届と大金が振り込まれた通帳を渡された
ここまで義姉が家に転がり込んでからわずか半年の出来事
夢でも見てんのじゃないかといまだに思うけど、鏡を見るたび形の変わった顔を見て、あぁ夢じゃないんだなと思い知る
正直夕飯一つでなぜああもブチ切れたのか、当時の私の思考もよくわならないが
なぜ義両親も夫も全力で追い出さなかったのか理解に苦しむ
結局は私1人が我慢すれば済むと思われてたのかな



スポンサードリンク

37: 修羅場ステーション 2018/07/23(月)00:55:56 ID:7oY
暑かったから夕飯に素麺をリクエストしたんだ。
息子と2人でテレビを見ながら待っていたんだが、茹でるだけなのに中々食卓に呼ばれない。
痺れ切らして台所の様子を見に行ったら、嫁が1人で素麺を食べていた。
暗がりで黙々と食べてて異様だった。
家族を差し置いて先に食べるなんて恥ずかしくないのかと聞いたら、真顔で「おまえが言うな」って言われた…。
なんだか逆らったらいけない気がして、腹減ったーと騒ぐ息子を宥めながら大人しくしてた。
完食した嫁が再度素麺を茹で始めて、ザルにあけられた素麺が食卓に並んだけど、正直生きた心地がしなかった。
空気って読めるものなんだな、と実感したよ。
おかわりを言い出せる雰囲気でもなく、息子に大半を譲って食事は終了した。
と同時に嫁からの説教開始。
開口一番に「家族を差し置いて食べるご飯は美味しかったですか?」と言われた。
もちろん今日の話ではなく今までの話な。
つまり、今回嫁が先に食べたのは今まで俺達がやってきたことを知らしめる為だった。
それから天ぷらや唐揚げといった、所謂できたてがうまい料理の度に、自分達だけ先に食べてたことを淡々と指摘された。
100歩譲って先に食べるのはいいが、嫁の分まで残さず食べ尽くすのはいかがなものか、と言われた。
残しておいてくれれば調理の合間に腹を満たすこともできた、とも。
俺的には、できたてが1番美味しいのに、下手に残して冷めたりしなっとなった物を食べさせるのが忍びなかったんだが…。
口の端に登らせたら、「たかだか数分で味が落ちるわけないでしょう」とはたき落とされた。
あと、嫁が仕方なしに自分の為に調理した物まで、横から掠め取っていくなと怒られた。
一旦食卓を離れたら再度食べるのは行儀が悪いんだと。
改めて言われてみたら完全に俺が悪いんだが、その時は苦し紛れに「なんでまとめて怒る、その都度言ってくれたらいいのに」と口走ってしまって墓穴を掘った。
都度都度注意したのに聞き逃したのはアンタ、アンタが知らんふりするから(息子の名前)までアンタの真似をする、と反撃されて俺撃沈。
それから、「食事は家族揃って食べる」と約束してようやく許された。
嫁にも息子にも悪いことをしたと思う。
自戒の意味でここに書き込んだ。
もう先走って食べ始めたりしないし、なんだったら食事の用意とかを手伝うなりして、嫁が早く食卓につけるよう努力する。
本当に申し訳なかった。



スポンサードリンク

718: 修羅場ステーション 2018/06/08(金)18:42:39 ID:7tW
在宅で仕事してますが、仕事が終わるちょっと前ぐらいから姑が台所を使いだすので困っています。
以前は、4時までだったのですが、姑はそれぐらいに台所を使いだすので、



スポンサードリンク

533: 修羅場ステーション 2018/03/28(水) 23:49:19.36 ID:2WUTHT0qa
今日クリームコロッケ作るからねって楽しみで帰ったら冷凍のやつをただ揚げただけだった
夕食はそのコロッケと惣菜のチーズ入ってる鳥かつとコンビニとかで売ってるサラダ
もっと頑張れないものかね…



スポンサードリンク

243 : 名無しの心子知らず 2006/07/12(水) 01:01:35 ID:BVh7+Xqe
こんな事が私にもあるんだ…と思う出来事が。 
昨日小学生の娘がお友達を家に連れてきた。 
夕方頃、その子のママが我が家に迎えに来ました。 
よくウチが分かったな〜と思いつつもこんなご時世だし 
やはり心配だよね…と共感しながら2階で遊ぶその女の子を 
呼ぼうとしたらそのママが制止して 
スポンサードリンク

205 : 名無しさん@HOME 2007/06/01(金) 12:31:14
流れ豚切るけどゴメンね。 

小姑が晩ご飯時にアポなしで来ることが多くて(ガキ三人引き連れて)鬱陶しくてたまらなかった。 
うちは子供居なくてご飯も二人分しか作らないから小姑達が来ると全部食べられる。 
「ご飯時は遠慮してもらいたいんだけど・・」と言っても「ご飯なんて家庭によって時間が違うからわかんない」と一蹴。 
スポンサードリンク

734 : 名無しさん@HOME 2012/05/09(水) 20:33:45.91
トメが、夕飯のために焼いたパンを 
全部コトメの家に持っていきやがった。 
「お詫びのしるし」と半笑いで渡してきたのが 
半分以上食べたハイチュウとしけった南部せんべい。 
バカにされてるよなぁ… 
スポンサードリンク

382 : 名無しさん@HOME 2012/02/21(火) 12:23:22.99
昨日コトメに夕飯パクられた。 
前日から煮てたおでんだったんだけど、私が外出中にトメのとこに遊びにきてて(うちは完全同居)ちょっと味見しちゃお☆って言ってたらしい。 
帰ってきたら鍋ごとなくなってた。問い詰めたら簡単にゲロった。もううちで食べちゃった☆おかーさん食べていいって言ってたからぁおいしかった。と言われた。 
ちなみに夕飯パクリは二回目。まさかそんな意地汚いことするなんてー。でも、食べちゃったのは仕方ない。また作ればいいでしょう。みたいに濁されそうになったから、
スポンサードリンク

807 : 名無しさん@HOME 2007/09/22(土) 16:38:41
うちも似たようなことあったよ。 
妊娠中にアポ無し訪問でさりげなーく夕飯時まで居座って遠回しに夕飯たかってくるから 
一人前シッカリ出してトメが嬉々として食べ始めてから残業中の夫に電話。
スポンサードリンク

このページのトップヘ