スポンサードリンク

名義

815: 修羅場ステーション 2016/01/04(月)17:47:19 ID:hXW
スーパーの食品レジでアルバイトしている。
50代ぐらいの軽く成金趣味の入ったおばさんがレジに入ってきた。
カゴに山盛り×2つの大量の買い物で合計金額が1万8千円ぐらい。
で、カード払いでって言われたんだけど、カードの名義が男名だったので
「失礼ですがご本人様のカードですか?」って聞いたら「主人のよ」って言われたので
「申し訳ございません。ご本人様名義のカードはお持ちでしょうか」と聞いたら
これ一枚しか持っていないと言う。
それで丁寧に理由を話してカード払いをお断りした。(そういう決まり)
そしたら買い物は全部これでやってる、今までずっとそうだったと引かない。
家族カードじゃなくて、いくら旦那さんでも他人名義のカードは受け付けられない。
丁寧に何度もそう説明したけどギャンギャン騒ぎ出した。
そしたらフロアマネージャーの男性社員が来て何事かと聞かれたので説明したら
「いいから通しなさい」って言われた。
会社が決めたルールに従ったのになんだよボケ。
そしたらババアが睨みつけて来て「全く気の利かない店員ね!」って怒鳴られた。
なんか納得いかずに次のお客さんの対応してたら、そのお客さんが
「あれはないよね。可哀想に。頑張ってね」って言ってくれたので立ち直りかけてたら
あのクソババアが戻ってきて「買い物袋ちょうだい!」って言われて
「1枚3円になりますが」と答えたら「これだけ買ったんだからそれぐらい出しなさい!」って。
「それは無理です。1枚3円ですがよろしいでしょうか」と言ったら
「さっきの迷惑料よ!」だって。
そしたらさっきの次のお客さんが「奥さん、さっきのは店側が融通利かせてくれたのよ。
間違ってるのはあなた。たかだか3円で恥を知りなさい」とピシャリ。
回りの他のお客さんにも注目されて、やっと恥ずかしくなったのか真っ赤になって
無料のダンボールに詰めて帰って行った。
ドクソババアも次のお客様も同じぐらいの年齢に見えたけど
同じ生き物には見えなかったな。



スポンサードリンク

735: 修羅場ステーション 2018/05/06(日)15:05:12 ID:sD7
今年銀婚式を迎えた。
最近ネットで知ったんだけど、結婚して20年を過ぎた夫婦には不動産の贈与税の特例があるらしいので
旦那にそれを使って現在旦那名義の自宅を半分私名義に変更してほしいって言ったのね。
そしたら涼しい顔で「しない」って言われたの。
何故?って聞いたら「俺の家だから」って。
俺の家って言ったって家族が住んでるんだから家族みんなの家でしょ?って言ったら「俺の家」って。
旦那がおじいさんから結婚祝いに貰った土地の上に、結婚と同時にふたりで相談しながら建てた2階建ての家なので
結婚祝いってことはふたりにくれた土地ってことじゃないの?
だったら元々私にも権利はあったと思うの。
なのに全部(家も)旦那名義ってのがそもそもおかしいと思うって言ったら「何もおかしくない」って。
私がそういう方面に疎いものだから馬鹿にしてちゃんと説明もしてくれない。
でもね、うちは子梨だから旦那にもしものことがあったらこの家もまるまる私が相続することは出来ないらしいのよ。
義父母とか義兄弟にも相続権があるらしいのね。そんなのおかしいと思う!
何度頼んでもやってくれないので腹が立って離婚をチラつかせてしまった。もちろん本心ではなかったんだけど。
そしたら旦那の方から「いつでも離婚で構わない」って言われて困っています。
離婚はしない、それでいて名義変更してもらうにはどう説得すればいいですか?
又、名義変更して欲しいと言う思うのはそんなに変ですか?



スポンサードリンク

937 : 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)18:12:37 ID:cS0
元彼が家賃を滞納しているらしく、昔同棲していたアパートの管理会社から私宛に電話が来た。
「とうの昔に名義変更してますけど」と言って確認してもらったところ、どうも元彼の野郎が
「緊急連絡先:(私の名前) 続柄 婚約者」と書いて提出していたらしい。
スポンサードリンク

767 : 名無しさん@おーぷん 2015/05/05(火)14:50:10 ID:Jae
小学校時代の友人がまさしくスレタイ的な変化をしていた。

友人とは小中が同じで仲良くやっていたが、高校大学は別になり、私がSNSを当時やっていなかったこともあって、だんだんと疎遠になっていった。
再びその友人と交流が始まったのが、大学を卒業して地元で就職し実家に戻ってきたころ。
友人も他県の大学を卒業し、地元の県の大きな市にある会社に就職し、実家大好きな友人がよく地元に戻ってくるようになったので
それをきっかけにたまに遊ぶようになった。
スポンサードリンク

このページのトップヘ