スポンサードリンク

同僚

735: 修羅場ステーション 2018/03/15(木)19:21:23 ID:y0o
医療系の仕事をしており同期の女性と二人で担当している人がいます。
書類関係で来週までの書類を作る話になり、担当している人に対して書類の説明をする日に自分がいないからか
相手「適当にこっちでやっとくからいいよ」
自分「悪いからこの人の他の書類作るよ」
相手「いいよどうせ当日いないんだから私作る」
自分「自分も見てきた人だし作る暇はあるから作るよ、仕事全部押し付けちゃうみたいで悪いから」
相手「そういうのいいから…やれる人がやればいいと思ってるから」
このようなやり取りになってしまいました。この女性とは最近プライベートな件でやや避けられてる感じがありましたが
仕事上でこのやり取りはさすがに冷たすぎて後々考えると自分は全く頼りにされてないと悲しさと腹立たしい感じがあります。



スポンサードリンク

702: 修羅場ステーション 2018/03/30(金)10:55:45 ID:pPP
社会人の娘が新年会のあと、終電を逃した同僚を連れて帰った。
まだ日付が変わる前の時間だったので、お風呂も貸した。
それっきりの事だったんだけど、先週末、自宅にいた娘が電話で
「絶対おことわり。カプセルでもネカフェでもあるでしょ」
って怒っていた。
電話の相手は、終電を逃した上記の同僚。
我が家は夫婦と娘と息子の四人家族なんだけれど、お風呂は
ものすごく物が多い。例えばシャンプーは私と娘共用と
デリケートヘアの夫用、息子用の三種類、みたいにいろいろある。
その事についていろいろ言われたらしく、ボディタオルは個人専用なんだけど
同僚用に新しいものを降ろさなかった事を特に非難されたそう。
朝は私が一番出る時間が早いので、朝食は各自で自由に食べるんだけれど
来客があったのに、主婦(私)が支度しないのが非常識だとか。
我が家から娘の会社まで徒歩でも30分程度、同僚の通勤時間は二時間
一時間半の余裕があるんだし、モーニング食べてから行こう、と提案したら
客に金を使わせるなんておかしい!!と会社で大騒ぎしたらしい。
当然周囲はみんな娘の味方。だけれど自分の非は絶対に認めなかったのに
以来、飲み会がある度に、我が家に泊めろ泊めろと言ってくるらしい。




スポンサードリンク

295: 修羅場ステーション 2018/09/13(木)20:51:16 ID:gIG
仕事であったこと。

同僚Aが体調不良で休んだ。
同僚Aのやっている仕事の中に、そんなに難しくはない(部署の人間全員がやり方を知っている)けど、
毎日1時間くらいかかるもので、毎日やらないといけない仕事があった。
同僚Bに、「Aさんの仕事どうしましょう」と聞かれたが、私は今日忙しかったので、
「私今忙しいので、Bさんがやるかほかの人にお願いしてください。」
と答えた。同僚Bは、えー、とかあー、とか言った後に、
「わかりました……」
と言って、その仕事にとりかかった……はずだが、5分後。また同僚Bから
「Aさんの仕事どうしますか?」
え、さっき忙しいって言ったよね?となって、
「いや、忙しいから私無理です。ほかの人が無理ならBさんお願いします。」
って答えた。
「あ、わかりました……」
って言った後、同僚Bは私の後ろでもごも、「どうしよう……」とか言っている。
「どうしたんですか?」
と声をかけたら、
「……私あまりやったことなくて……苦手で……うぅ……」
と同僚Bは言いながら、仕事を手に何も動こうとしない。
結局私がその仕事をやる羽目になった。

ほかの人にお願いしてって言っているのに頼みに行かないし、
私に対しても最後まで「苦手で」とかしか言わず最後まで「お願いします」の言葉もなかった。
仕事渡すときに「ごめんなさい……」と弱弱しくささやいていたけど、それでもむかむかする。
嫌な人になりたくない、けど自分がやるのも嫌、って何なんだ。

ほかの部署ともかかわりのある仕事だから、この人に任せてたら終わらん!と思って、
その仕事をやってしまったけど、よく考えたらそうするからあの人が私に押し付けにかかったのか。
そう考えると自分にも問題があったなと今書きながら思った。



スポンサードリンク

126: 修羅場ステーション 2018/09/09(日)13:13:25 ID:Y38
下品な話しなので注意。

職場の同僚と飲んでいる時に、トイレから戻ってきた同僚Aがニヤニヤしていた。
ニヤニヤしながらトイレを凝視してるので、何でそんなに楽しそうなのか尋ねたら、「まあ見てろよw」とほくそ笑んでいる。
しばらくして、別の飲み客(女性)がトイレに入って行った。
「おおっ」と色めき立つA。
すぐ女性は出てきたんだけど、物凄く嫌そうな表情をしていた。早足で席に戻って、連れの女性に耳打ちしている様子。
そっちの席からヤダーって悲鳴が聴こえて、Aのほうを見たら無言で爆笑していた。
他の同僚が何か知っているのか聞いたら、Aはトイレを使った際にわざと流さなかったとカミングアウトした。しかも大の方。
当然、A以外のメンバーはドン引き。
ちょっとしたイタズラ、マジにすんなよ~とか言われてもスルーできる筈もない。
Aに対して非難がましい空気になってしまい、飲む雰囲気じゃなくなったので、その日は自然と解散した。
翌日、会社で飲みに行かなかった人達から昨日はどうだったか聞かれて、Aの悪ふざけの話になった。
あっという間に噂になり、Aは針の筵に耐えかねたのか、何故か矛先を僕に向けてきた。
出していい話題の判断もできないのか、聞かれたままに答えるなんてアスペかよwだってさ。
どうやら僕はアスペのようだから、それからも会社でAの所業を話し続けた。
Aがどんなに楽しそうだったか、迷惑を被った女性を見て笑っていたかを皆に語った。
噂の真偽を確かめにきた上司にも、同じ調子で詳細に伝えた。
今月に入ってAの姿が見えなくなったけど、 別に僕は関係ないんじゃないかと思う。
それに興味もない。
何しろ僕はアスペだからね。



スポンサードリンク

727: 修羅場ステーション 2017/12/22(金)13:11:48 ID:ymt
アスペルガーの人の扱い方に詳しい人はいませんか
50代男性の同僚を行動を見るかぎりアスペルガーだと産業医が認定した
ネットの罵倒語や馬鹿にしたイメージ像ではなくて医者の判断だからまず間違いないと思う
確かに同僚は言葉を額面で受け取ったり空気が読めなかったりするので職場で持て余されてきてた
産業医が言うには意思表示や仕事の指示は明確にすること、できれば文章化すれば仕事がやりやすくなるとのこと
試しにと上司の課長が実践したところ上手くいったので対処法としては合っているのだと思う
だが同僚間でのコミュニケーションがとても難しくて一番の問題になっている
私を含め部署内の同階級はアスペルガーの同僚より軒並み10歳以上は歳下なので彼に明確な指示や意思表示をしにくい
意を決して課長にも打ち合わせてやってはみても「最近みんなが僕を蔑ろにする」と同僚は拗ねてしまうから困る
歳上のプライドを傷つけず明確な指示や意思表示を行うコツやテクニックってないものかな



スポンサードリンク

630: 修羅場ステーション 2018/08/30(木)13:12:20 ID:ckI
私は年に一度か二度ほど超絶に体調を崩す時がある。
冷や汗が滝のように流れるし、手足など末端が冷えて、おまけに吐き気や腹痛、目眩までする。
一応断っておくけど、セイリじゃない。
前兆がないので、知らずに出社して勤務中に体調が悪くなり、デスクで大人しく波が過ぎるのを待つなんてこともある。
一旦この状態になるとしばらく辛いけど、1~2時間もすれば治るので、これまで何とか折り合いをつけて働いてきた。
今日、またいつもの吐き気と腹痛が襲ってきたので、立ち仕事を中断してデスクに戻ったら同僚に絡まれた。
のっけから「大丈夫?セイリ~?」とフルスロットル。
あなた男性でしょ。デリカシーどこにやったよ?母親の腹ン中にでも置き忘れたか?
この同僚、春先に異動してきたばかりでこちらの事情を知らない。
セイリじゃない、しばらくしたら落ち着くから放っておいて、と返したけど聞く耳を持ってくれなかった。
ホラー、イライラしてるじゃん!と言って余計に大騒ぎされた。
他の人まで巻き込んで、私の体調不良を大袈裟にアピール。
セイリセイリと連呼して、女性社員に薬を持っていないか聞いたり、「上司には俺から言っておくから」と帰らせようとしてくる。
最初は怠くて同僚どころじゃなかったけど、小一時間経過して少しずつ楽になってきたのもあり、改めて「平気だから関わらないで」「あとセイリじゃない」って言ったら

臭 い を 嗅 が れ た … 。

「アッ本当だ、臭くない!」
って言われた時の私の気持ち分かる?
何なのアイツ、マジで頭おかしい。
別の女性社員が上司を呼んできてくれて、ようやくソイツを引き離してくれた。
私は体調自体は回復してきていたけど、上司からは顔色が悪いからと自宅待機を指示された。
今はすっかり体調は回復していて、なのに仕事ができずに家にいるとか、職場の人に申し訳なさ過ぎる。
あと、M原キモすぎ。
本人は女性に親切にしているつもりだったんだろうか。



スポンサードリンク

932: 修羅場ステーション 2018/08/29(水)23:37:27 ID:lIq
同僚に紹介された男性と会った
同僚自体はごく真面目な人で、彼女の友人ならって安心感があった
でも初対面で両親が同居したがってる話をされたり
このあと自分のマンションに来てほしいと何度も言われたり
マンションの地図を描いた紙を渡された
親しくない相手の家に行くのは無理と断ったが
メールでも次はマンションで話をしたい
日帰り旅行に行きたいといった内容が続いてる
正直、初日で引いてしまって距離を取ろうとしてたら
アパートのチャイムが鳴った
時間帯的に家族や友人じゃないから怖くてドアに近づけなかった
居留守使ったらいなくなったみたいだけど
窓から覗いた後姿は男性に似てた
男性はこれまで女性との交際はないらしい
出かける用事も特殊なイベント?みたいなのばかり
どこどこに行ったお土産があるから今夜渡したいとか
断っても、じゃあ次の機会にって続く
自分は三十代中盤なんだけど、男性はそれより5歳上
今までこんな行動をする人と会ったことがなくて衝撃だった
同僚のことがあるからできるだけ穏便に距離を取ろうとしてるのに通じない
遠慮じゃない
拒否してるんだ
あとまさかとは思うけど
紹介されて会ったイコール付き合ってる扱いで結婚前提認識とかじゃないよね
私の感覚がおかしいというか古いのかって混乱してきてる



スポンサードリンク

647: 修羅場ステーション 2018/08/29(水)11:27:39 ID:BIB
レディースデーは女尊男卑ー女尊男卑ーとうるさい同僚が近ごろ本当にうるさくなってきて仕事の邪魔なので
まず「TOHOシネマズがメンズデイ廃止した理由(ぐぐると出てくる)=「利用者が少なかった」だけ」をプリントして読ませ
(※レディースデーレディースデーとだけ騒ぎ、メンズデーがあることを知らない、調べない男ばっかりだった。そもそも映画見にこなかった)
その後メンズデーをやってる飲食店に男3人、女7人で行き
「メンズデー!うわあ男尊女卑ー」「差別ー」と同僚を女7人で取り囲んでネチネチささやき
メンズデーは洗車が半額になるガソリンスタンドの前をわざと通り「メンズデー!メンズデー!」
「メンズデーだよ!よかったね」「やった!俺たち優遇されてるぅー!(←一緒に行った男性社員2人)」と囃し
このへんで元気がなくなってきたから
カラオケルームが出してる「メンズデー2時間無料」の看板の前に連れて行って3回読ませて解放した。
同僚が戻るまでに、メンズデーを実施してるスキー場や温泉のチラシを同僚の机にいっぱい積んでおいてあげた。
繁忙期で皆イライラしていたからいいストレス解消になった。



スポンサードリンク

234: 修羅場ステーション 2018/08/23(木)12:27:51 ID:Jzl
昔から度々笑顔が不自然とか怖いとか言われることはあったが、それでトラブルや友達や彼女を失ったりした経験がないために、
たいした問題はないのではと放置してきた。

だけどあるときから、同僚からお前の怖い笑顔で後輩や新人が必要以上に怖がってると指摘されだした。
こっちは微笑んでるつもりでも、威圧されてるように感じるらしい。
お前(俺)と付き合いの長い人間はその笑顔に悪意がないことを知ってるが、お前を深く知らない人はそうではないと言われ、
何もしてないのに怖がられるのは心外だし、客観的に見ると問題も感じるようになってきたので方々に相談をはじめた。

ここいらの苦労話は長くなるので省くが、心理的な面を含めてのトレーニングを続けた結果、確かに「怖い笑顔」は解消されつつあると言う。
その代わりに新しい問題が発生するようになった。

今度は一転後輩達になめられるようになった。
後輩達から見ると改善途中の俺の笑顔は「生理的に気持ちが悪いもの」に変貌したらしい。
らしいと言うのも、偶然だが後輩や部下達が隠れてそうヒソヒソしているのを聞いてしまったから。
それも複数回。
ヒソヒソされるだけならまだいいが、実際に相対する後輩達の態度も客観的に見るとおおよそ、部下が上司に対してとるものではないものが明らかに増えていた。
これがよくなかったのだが、俺はそこで嫌われて会社に支障が出るのを恐れ、これを放置してしまった。

ここの経緯を書いたら長くなってしまったので省略するが、最終的には
これ(気持ちわるい笑顔)はセクハラの一種ですかと上司に相談があったのをきっかけに上司が激怒。
俺がはっきりと怒らないせいで、騒動になり結果若い者の中には辞めてしまった者が複数出てしまう。
当たり前だが、この件で俺もだいぶペナルティを課された。どうあれ放置した俺にも問題があった。

ただこの問題は今も継続しており、一度ヒソヒソされだしたものは簡単に消え果てないもので、
いまだに陰口を叩かれるのを目撃する。
その度に、俺も叱るようにしてるが、その度にやはり辞めてしまう者が出る。
若者に堪え性がないだけだと上司からは慰められてるけど、やはり気になる。

ただその中で1人「自分が悪きように言われて自分で逆ギレ(?)してくるような上司を持ちたくない」と言って辞めていったのが強く心にこびり付いてる。
最初の懸念通りになってしまったのだろうか……。



スポンサードリンク

このページのトップヘ