スポンサードリンク

友達

398 : 名無しさん@おーぷん 2015/10/06(火)14:18:39 ID:FQF
私の武勇伝ではないけれど

数年前、友人のA子に彼氏が出来た
第一印象はのほほんとした優しそうな人だったけど、実際はとんだDV野郎だった
A子が段々やつれていくのを見て心配になった私と友達4、5人でA子の家まで様子を見に行くと「彼氏から暴力を振るわれている」と泣きながら初めて聞かされた
(最初は悪い病気に罹っているのかと思ってた)
スポンサードリンク

369 : 名無しさん@おーぷん 2016/01/16(土)12:44:17 ID:eBv
43歳低スペックオッサンだが結婚する。
相手は3つ下。趣味の活動で知り合い、1年ほどでトントンと結婚が決まった。
お互い恋人いない歴イコール年齢w
他人から見たらまったくうらやましくない喪カップルだろうが、
それなりに幸せである。

同じ趣味の喪仲間Aが「結婚するんだって?遊びに行く」とメールしてきた。
スポンサードリンク

704 : 名無しさん@おーぷん 2016/04/20(水)07:13:33 ID:OZf
ちょっと長いけどすいません。

小学校のとき仲が良かったAは、内気で控えめで、
クラスではあまり目立たないタイプだったのだが、
中学校に入ってからいじめにあった。

友達だったはずの俺は、いじめの矛先が
自分に向かうのが怖くて助けられなかった。

それぞれ別の高校に進学し、Aとはそのまま疎遠になった。

しかし、25歳のときに偶然Aと再開し、飲みに行くことになった。
スポンサードリンク

713 : 名無しさん@HOME 2012/06/24(日) 07:00:10
友人と歩いていた時のこと 
後ろから「きええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」 
という奇声を発しながら後ろから物凄い勢いで走ってきたおじさんに 
包丁を突きつけられて鞄を盗られたのが修羅場。しかもそのおじさんが自分の叔父だった。 
私の鞄をひったくって走り出した叔父だったけど友人が黙っていなかった。 
スポンサードリンク

255 : おさかなくわえた名無しさん 2010/11/03(水) 21:21:15 ID:u9a1GBKx
兄の友人に('A`) 
年子の兄と二人暮らししてるんだが、兄がたまに連れてくる友人の一人が態度悪すぎ。 
廊下ですれ違うとき廊下のど真ん中を歩き、ちょっと端にどくとか絶対しない。 
私が端によけてもすれ違い様にがつっと肩があたるのだが、 
「肩があたったのにあやまんねーのかよ」みたいな嫌そうな顔してこちらをみる。 
スポンサードリンク

489 : 恋人は名無しさん 2007/10/21(日) 05:59:27 ID:v87K5F1f0
笑い話として受け取ってもらえれば 
ありがたいです。 

私子:彼男の彼女。友子とは腐れ縁 
彼男:私子の彼氏。友子とは会社の仕事仲間 
友子:私子の友人。彼男の会社でアルバイトをしている 


私子と彼男は付き合って3年。同棲は1年目になる。 
付き合い始め程の熱愛ぶりは無いにしろ、喧嘩もせず 
休日は一緒に過ごす等、楽しく生活していた。 
が、彼男の勤めている会社に友子がアルバイトとして 
入社してから、少しずつ生活に変化が出てきた。
スポンサードリンク

778 : おさかなくわえた名無しさん 2011/10/29(土) 12:20:40.14 ID:X8YIhKBn
まとめるの下手なんで箇条書きで 

友達4-5人で週末に家でパーティをすることがある。 
AとBとCは同じ職場。D他は趣味のサークルで知り合った友達。 
昨日はAの家ですることになった。Aは猫を飼っている。 
Dは軽い猫アレルギーがあるのでA宅でするなら、今回は遠慮すると言ったが 
軽いから大丈夫、猫は別の部屋に閉じ込めておく、私(A)の家だけ拒否なんて酷い。 
などと言われDはしぶしぶ参加。
スポンサードリンク

339 : 報復スレからコピペ1/4 2012/05/22(火) 13:35:15.89 ID:VNkvkT7l0
報復、と言うほどのものではないけど、投下。 
うまくまとめられなかった。長文不可な方はスルー推奨。 
さすが低能ゆとりwwwと思って許してやってください。 

中学1年生の頃、私はある4人と特に仲が良かった。 
N、私=1組  R=2組  K、S=4組 
基本的には【N、R、私】 【K、S】 という感じに分離していて、 
雰囲気的には、2つのグループが組み合わさって仲良くやってる感じ。 

ある日突然、Nが私を仲間はずれにしてきた。
スポンサードリンク

849 : 彼氏いない歴774年 2011/08/30(火) 17:59:19 ID:qNlzY3h+
小5の時の話。長いです、ごめんなさい 
クラス替えで新しく出来た友達のお宅に遊びに行った 
優しくて可愛い友達と優しそうで美人なお母さんに迎えられ、綺麗で広いおうちに上がり 
美味しいケーキと紅茶をいただいた 
なんてすごい家なんだーと、勝ち組・負け組の概念がなかった子供の私ですら 
ハイソなお宅だという事は認識できた 
一方私は貧乏一家で(耳すまの雫んちみたいなかんじ、姉妹同部屋) 
着ている服も髪もとにかくびんぼくさかった
スポンサードリンク

このページのトップヘ