スポンサードリンク

兄嫁

193: 修羅場ステーション 2018/08/01(水)19:58:43 ID:zti
姪の誕生日前、姪に「何がほしい?」と聞いたら「恐竜とワニが載ってる図鑑」というお答え。
両親である兄と兄嫁さんに確認をとって、かぶらないように母=恐竜図鑑、私=爬虫類図鑑をあげた。
その二日後、兄嫁さんの父親から「女の子に何てものを買うんだ!」と大クレームが来た。
女の子にはキラキラピカピカしたピンク色の商品をあげるべきなんだって。
お人形とかぬいぐるみを持たせてフリフリのスカート着せてピアノを習わせておけばいいんだ!だって。
兄嫁さんが子供の時からこうで、セーラームーンすら禁止だったらしい。女の子が戦うのはダメ、ありえない!って。
ジーンズだめ、少年漫画・アクション映画ダメ、ネット禁止、夜10時以後のTV禁止、お小遣いで買うものは全部検閲。母親は空気以下。
成人過ぎても「車の免許取得ダメ!」と言われたらしいよ。無視して取得したらしいけど。
そこまで禁止しても兄嫁さんは隠れて航空機オタを貫いて、同じ趣味の兄とネットで知り合い結婚したのに、どうして懲りないのかふしぎ。



スポンサードリンク

669: 修羅場ステーション 2012/10/13(土) 09:54:46.11 0
実家から車で小一時間の距離のちょっとした都会に、私と兄が住んでて兄嫁実家がある
兄嫁と私は職業が同じで仲が良かったから、色々聞いてた
兄嫁の両親が根っからの田舎、農家嫌い。もう偏見の塊
「農家って汚いし貧乏で礼儀を知らない、自分が恥だとも知らないなんてプゲラ」と実家農家の私に言って来たのには驚いた

兄は子供が憧れる様な職業で、結婚の挨拶に行った時は凄く喜ばれたみたいなんだけど、話が進んで実家農家を告げたら豹変したらしい
両親は相当苦労したみたいだから、両親の世代で農家終了と決まってた
それを言っても「育ちが悪い、農家は底辺。底辺だからそんな約束守るはずないだろ、労働力欲しさにふじこふじこ」って感じだったらしい

すみません、分けます



スポンサードリンク

563: 修羅場ステーション 2018/06/21(木) 13:56:26.52 ID:ZzagV57m
高校生の妹が、バイト先で余ったプチプチを大量にもらってきた。んで、テスト前に暗記科目の内容をプチプチするリズムに合わせながら唱えてると覚えやすい!と発見したそうだ。
ある日、妹の部屋の電気がチカチカしたので、夜に父が帰ったら取り替えるよという話になり、その日の妹の部屋は電気をつけないままだった。
しかしテスト直前の妹は勉強したいし、翌日は暗記科目だしということで、共用スペースにパソコンがあって私がそれで仕事をしていたため邪魔になるからと、真っ暗闇なわけではないので電気の付いてない自室でプチプチしながら年表を唱えてた。
そこへお裾分けのお菓子を持ってきた兄嫁、半開きのドアから妹が部屋の中で背を丸めて異音を立てながらブツブツブツブツ単調に何かをつぶやいているのを見てしまった。
そこまでなら「うわっ!びびった!」で済むはずだけど、極度のホラー嫌い(あとで聞いた)の兄嫁はパニクって、掛けてあったカレンダーをむしり取って奇声を発しながら妹の部屋に突入、妹をカレンダーで乱打した。
その奇声ってのが今まで聞いたこともないような甲高く時に低く、かつノンブレスのとにかく表現できない雄叫び。慌てて止めようとするも、すごい力でなかなか止められない。
こちらもあまり気遣っていられないので、多分膝蹴りも何回か入れたと思う。普段は本当に普通のOLさんの兄嫁が、というか人があんな風になるのを見たのが衝撃だった。狂うってああいうこと言うんだな。
カレンダーの1番上がステンレスの棒で束ねられてて、その棒が当たりまくって私も妹もかなり切り傷だらけになったのも悲惨だった。



スポンサードリンク

420: 2019/02/09(土)21:37:03 ID:xVo.dd.gw
姪の名前は普通
本当に今時の、学年に1人はいるよね的な
サクラとかハルナとか、あの辺の名前
漢字も普通に読めるいい名前
姪は9歳なんだけど、今更兄嫁さんが変な名前なんじゃないかと不安になったらしい
変かな?変かな?とあらゆる親戚に聞き回ってて何だかな
普通の名前だから、普通だよと異口同音に答えるんだけど不安みたい
姪の目の前でも言うから、姪が不安定になってるのが可哀想
兄嫁さん、流星(ねがい)とか思い付くセンスだから普通の名前が異常に感じちゃうのかな
兄も太陽(めがみ)みたいなセンスだし、兄嫁に共感してそうで嫌だ
何の問題もないものをあたかも変であるかのように右往左往してる兄嫁の神経がわからん



スポンサードリンク

158: 2019/02/08(金)01:42:41 ID:K3y.od.id
裏切られてしんどい
趣味で手芸してる
今闘病中で失業もしてしまって、これからどうやって生きていこうかって考えてた
そんなとき、兄嫁から双子のための衣装を作って欲しいとお願いされた
兄も兄嫁も働いてるから、時間無くて、お金出すしお願いって
足は動かないけど手は動くから、私にもできる仕事だと思って引き受けた
仕事があることが嬉しかった

一万円くらいかけて必要なもの一昨日ネットで注文して、昨日届いた
裁断も済ませた
そしたらさっき「やっぱり全部キャンセル」だって
あんなに話詰めたし、期日まで指定されたのに
兄嫁の母親が「病人に作らせるなんて縁起が悪い」と言って無かったことにして欲しいって
なけなしの貯金から出してきたから、せめて注文したもの買い取ってとお願いしたら
兄嫁が選んだものなのに「お母さんが作るから好きなの選ぶって」と買い取り拒否された
兄に言ったけど既読無視
切っちゃったからもう返品もできない
一万円かけてゴミを抱えただけ

しんどいときに身内からの裏切りって一番辛い
この大量のゴミどうしよう
彼氏のところにいる母に相談したら「甘い話にのっかるからだ、自業自得だ」って
信じてたのに、正直者がバカを見るんだな
兄は母似で私は父似らしいけど、父も正直だったばかりに母に裏切られたんだもんな
本当にしんどい
誰にも騙されずに正直に生きていたい



スポンサードリンク

921: 2019/01/16(水)07:26:40 ID:DMn.pf.cd
うちの兄が離婚してた。
実家から出て飛行機の距離に住んでるから何も知らなかった。
その前に多分話せる様な内容じゃないからなんだろうな。

離婚の経緯の始まりは兄嫁の妊娠と出産。
本来は喜ばしい事だが、元々骨盤が小さかった事もあり出産の途中で骨盤が骨折。出血も多かった為、赤ちゃんは健康に生まれたが兄嫁さんはそのまま入院。
(ここまでは聞いていたので先ずお見舞いの品を送り、その後時間を開けて一度お見舞いに伺った)
先に退院した子供は兄嫁さん実家で預かる事に。

数ヶ月に渡る兄嫁さんの入院が続く中、兄は居酒屋で大学時代の後輩と飲んでいる時に兄嫁さんの事を「まぁ機械で言えば不良品だったよね」と言った。
しかしその居酒屋は兄嫁さんのお父さんが紹介した店で、そこの大将は兄嫁さんが小さい時から知ってる仲。
兄嫁さんの夫という事でよくして貰ってた事情をすっかり忘れ、気分のいい自分の行きつけの居酒屋と勘違いした兄はそこで暴言を吐いた。
大将は激怒して兄に詰め寄り、他の客まで巻き込んで大げんか。警察が呼ばれて終わる。
当然兄の失言が兄嫁さんご両親に知れる。
兄嫁さん(娘)の容体を考慮して当面は事情は伏せて退院まで待ったのち、ご両親は事情説明。



スポンサードリンク

898: 2019/01/14(月)14:30:16 ID:Ou3.he.ek
お笑いの人の所謂イジリって、私はあんまり好きじゃないけどそれを面白いと思う人もいるわけじゃん?
ああいうイジリで周囲から「面白い!」と思わせるのってやっぱりプロだから出来る事だと思うのよ。
兄嫁が(自称)毒舌イジリキャラなんだけど、イジリだと思ってるのなんて兄嫁だけ。
「うるさいわデブス!w死ね!w」「息吐くな!w口臭臭すぎて死ぬわ!w」「き~え~ろ!wほ~ろ~べ!w」ってよく言ってるけど、この台詞のどこで笑えばいいの??
この台詞をどのタイミングで言われると面白いと思えるの??
てか今時中学生でもここまで低レベルな煽りやらなくない??
甥が幼稚園に上がったと同時になんのスイッチが入ったのか知らないけど、突然こんな意味不明な宇宙人になってしまった。
兄は「今までが猫被りだったのかなんなのかわからないけど、この変わりようはさすがに詐欺。」(要約)と離婚を決意したけど、あの宇宙人兄嫁が素直に聞く気がしない。



スポンサードリンク

287: 修羅場ステーション 2018/12/18(火)14:03:48 ID:Ioy
兄嫁が多分本当に頭おかしくてしんどい。
初めましての顔合わせの時から私に対して喧嘩腰だった。
私と兄は年が一回り離れているので特に親しい交流はなく
ブラコン牽制の対象でもないし、兄嫁とは更に年が離れてる。
同性の年下とか義実家の存在自体が苦手なのかなと思い
あまり近づかないようにしていた。

で、先日実家の大掃除を手伝いに私夫婦で帰省したのだが
その際に父から年賀状の作成をお願いされていた。有償で。
事前に父からプリンターの機種を聞いてインクも買っていった。
実家についてすぐにインクをプリンターのそばに置いて、
掃除終わらせてから年賀状作ろうとしたら、インクがない。
いつの間にか実家に来ていた兄嫁が捨てたそうだ。
未開封の新品なんだが。
もう清掃車に持って行かれてしまった後だった。
なので、じゃあ作れないね…ってなったら兄嫁が
インクがないと年賀状も作れないの?w って半笑いで言うので
プリントできないですから…って答えたら
インクがないとプリントできないの?w って言われた。
兄嫁と一緒にきたらしい兄が、そりゃそうだ仕方ない、と言うと
兄嫁が突然怒鳴り出した



スポンサードリンク

403: 修羅場ステーション 2018/06/11(月)14:14:59 ID:565
人からしたら私も同罪。懺悔込みなので長文です。

私は世に言うコトメ。
たぶん兄嫁さんからは、例え実家を出てる存在だとしても十分邪魔な存在だろうと思って、一定の距離を保っていた。
兄の子が生まれたときも抱っこもしてみたかったし、早く会ってみたかったけれど、所詮は旦那側の肉親だと割り切って兄経由で出産祝いと手編みの顔を引っかかない用のミトンを渡したくらい。
月に一回実家に帰ったときに、遠目で眺めて微笑んでいるくらいにしていた。
まあ世のお嫁さんからしたら、これでも十分ウザい存在だったんだろうけれど。

問題はトメである母だった。
母は口を開けば「自分は大トメにこんなことをされたけれど、お父さんは全く助けてくれなくて毎日泣いていた」と言い、今現在はウトである父をサンドバッグのように扱っている。(父の自業自得でもあるから放置している)
それだけ苦労を語っていた母だけれど、同居中の兄嫁さんに対してクソトメ化していきている。
そもそも元からその気はあったし、兄から相談をされたときも「だろうな」っていうのが、感想だった。

最初同居するときも、兄や父には少し釘を刺したけれど全くもって役に立たなかったようで。
当時大学生だった私は「まあ、お互い良い大人なんだから上手くやるだろう。もし嫌になったら別居するだろう。もう自分だけでの兄ではないし、別家庭なのだから放っておこう」と思っていた。

しかし、その何年か後。
兄嫁さんが真冬なのにも関わらずつっかけサンダル、コートもなしで車で30分ほどの距離の私のアパートに突然やってきた。
月に一度くらいは会ってはいたから、痩せたとか顔色が悪いとかの見た目の変化はなかったけれど、見た瞬間に、これはまずいって分かった。
今考えても、なんでかは分からない。「突然だけど遊びに来ちゃったー」と確かに笑っていたはずの兄嫁さんを見て、兄嫁さんのメンタルがおかしくなっているのはすぐ理解できた。

そこからは、ニコニコ笑う兄嫁さんから少しずついろんな事を夜通しで聞いた。
・トメである母が子供を手放さない。
・ジュースとお菓子ばかり与える。
・仕事で帰りが遅くなる時、少しでも早く帰って子供に会いたいのに執拗に「外食をして来い」と言ってきて、帰っても当然ながら夕食が用意されていない。
・子供のために早く帰ることもできないからと仕事を辞めたときに、来客に「家の中に無職がいて、気が休まらない」と言われた。
・子供に食事を食べさせるために、自分の食事を後回しにして世話をしていたら「早く食べさせろ。その後は抱っこしていてやるから」と良いとこ取りで決して手伝ってはくれない。
などなど。
聞いているだけで、自分の親ながらヘドが出るような内容だった。
そこからは、一定の距離を保とうと思っていて実家に干渉しなかった私だけど、一気に覚醒?した。
実家にこまめに顔を出すようにして、母のことをクソババアと呼ぶようにした。

「なんで食事させるの代わってあげないの?育児の良いとこ取りとか、やってることは大トメと一緒じゃん」
「大トメのことクソババアって言ってるけど、やっていることは全くもって同類。二代目クソババア襲名おめでとう!」
「自分は共働きで、子供を大トメに預けるのが嫌だった。お父さんに経済力さえあれば自分で育てたっていう口で、兄嫁さんのことは無職って言うとか……。自分で言ってることもろくに覚えていない鳥頭かな?クルクルパーならぬ、クルクルババアかな?」

と、自分の親に対して酷すぎるかもって思うくらいに言った。
なんか兄嫁さんが泣きながらつらい、死にたい、離婚したいと訴える姿を見て、自分が言わねば!何かに火がついた感じだった。
兄や父は言い過ぎだと私を責めたが、自分の母親がクソトメ化していたことに対して、頭に血が上っていた私は

「今までは別家庭だと思って黙っていたけど、なんで言わないの?『私は良かれと思って』と言い訳してやっていることが、全部大トメと同じことしてるって誰も分からないのかな?兄さんが離婚して、養育費を支払って月一回の面会だけでこれからの人生良いならもう言わないけど?」

と、兄や父にまで感情任せに攻め立てた。
実の娘にボロクソに言われ、ようやく事態の重さに気づいた父と兄にも責められ、日に日に母は小さくなり結局兄夫婦と別居した。

それから私は兄嫁さんと仲良くやっている。
別家庭だからと思い口を出さなかった私を、トメコトメと敵認定していたらしく、あの日突然やってきた時も離婚する前に何か仕返ししてやろうと思ってきたらしい。
しかし別家庭だからと余計な干渉をしなかったという私の言い分を聞いて、それもそうかと兄嫁さん自身が納得し、互いに謝罪しあって終わった。
兄嫁さんの良い嫁キャンペーンも終わり、兄を尻に敷き、母にも負けじと言い返すようになった義姉を見れるようになって本当に良かった。



スポンサードリンク

このページのトップヘ