スポンサードリンク

兄夫婦

268: 修羅場ステーション 2018/08/03(金)21:51:03 ID:6B8
既婚の兄夫婦が夏休みや春休みや冬休みの度に実家に子供(現在小3)を送り込んでくる。
共働きだからお昼ごはん食べさせられないからって。
うちの母は身体が弱くて、ちょっと疲れるとすぐ貧血起こしたりして寝込むの知ってるくせに
「何かあったら私ちゃんもいるし大丈夫じゃない?」とか平気で言うんだよ。
うちは父親が鬼籍で、私は自宅の一部屋を店舗にして仕事をしている。
それは母のことが心配だから自宅仕事をしてるのであって、
都合よく甥の世話を押し付けられるためではない。
しかもこの甥がろくな躾をされてなくて、家の中を走り回るし
冷蔵庫の中のものを食べ散らかすし、麦茶なんか出したら出しっぱなしだし
洗面所も手を洗うだけでどうやったらこんな?って思うぐらいビシャビシャにする。
兄には悪いけど、なんか障害でもあるんじゃないか?ってレベルで酷い。
兄に何度も自分たちの子供なんだから、こういう時にどうするかぐらい
自分ら夫婦で解決しなよって言った。
たまに一日遊びに来るぐらいならまだしも、長期休みの間の平日は毎日ってどうかしてるって。
でも兄は、兄の方からの一目惚れで結婚してもらったようなものだから兄嫁には逆らえなくて
そもそも兄嫁は選択子梨希望だったのがうっかり出来ちゃったみたいなのね。
兄嫁の実家は折り合いが悪くて預けたくないらしくて、うちに連れてきてるみたい。

実は私、春頃から彼と結婚話が出てて、彼はうちの母と同居してもいいって言ってくれてる。
母の健康面のことや、私が自宅サロンで固定客がついて今の所順調なことや色々理解してくれてて。
彼のご両親も理解してくれてて、母も喜んでる。
だから兄に、結婚後は長期的にうちに預けに来るのは遠慮して欲しいって言ったの。
母も結構強気に「もう(甥)ちゃんの世話はきついから無理」って言った。
その事が原因で兄夫婦に離婚問題が持ち上がってるそうだ。
こんなことで離婚って、どういう夫婦なのよ。
選択なのにうっかり出来たって、頭悪すぎる。
我が兄貴ながら情けなくて涙が出るわー。



スポンサードリンク

114 : 名無しさん@おーぷん 2015/12/18(金)22:41:42 ID:Fgb
いいかげんうんざりしてきたので吐き出させて。
文章をまとめるのが苦手で、ダラダラ長くなるので、嫌な方はスルーしてください。

私の兄と、私の高校からの友人A子が結婚して3年になる。
兄はモテる人で、身内の恥になるけど、兄じゃなかったら口も利きたくないほどの浮気症。
A子はいわゆるいいとこのお嬢さんで、普段は控えめなんだけど、
思い込んだらコレしかない、みたいに、ちょっと頑固なところがある。
スポンサードリンク

792 : 名無しさん@HOME 2009/03/30(月) 12:05:11
夫の兄夫婦の収入は家よりあるのに有ればあるだけ使う見栄っ張り。 
結婚以来、ちょっと貸してがつもりつもって200万。貸してやるうちらも 
アホだけど、さすがに今回は頭にきた。 
兄夫婦の娘(年子で2人いる)子供の誕生日に毎年ダイヤの何かを買ってや 
ってた。去年に長女が留学(高校生で私費留学)したので次女にプレゼント 
買えない。お金貸して。次女を連れて家にご飯食べに来てその言い草。 
スポンサードリンク

375 : 1 2009/03/11(水) 23:07:05 0
文章まとめるのヘタなので長文&古い話ですが… 

高校の時に14年上の旦那と知り合った。 
うちはボッシーで母の負担を軽くしてあげたくて就職を希望してたんだけど 
彼に「うちに永久就職においで」といわれ結婚を決めた。 
出会って二ヶ月目のことだった。 

親に紹介すると連れて行かれた家は物凄く古くて広かった。 
ウトは婿養子、トメが女主人という感じでかなり威圧的。 
「まだ世間知らずな子供」扱いするトメと 
「俺がちゃんとしつけるから」という旦那。 
この時点でやめときゃよかったんだけど、母子家庭なうえ高卒の負い目があり 
「私のせいで旦那が責められてる…」という錯覚を起こし 
「旦那のために良い嫁にならなきゃ!」という妙なドリーム入ってしまった。 
スポンサードリンク

115 : 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-06-23 10:23:15
もうかなり前のことだから書くけど、
宝くじの高額当選をしたことがあった。

まだ私が学生のころで、親とも一緒に住んでいたし、
親の家のローンは当然私が支払ってあげようって思って、
両親にはその話をした。
スポンサードリンク

437 : おさかなくわえた名無しさん 2012/04/03(火) 15:20:54.00 ID:sliMag07
夜勤激務+残業+悪天候の中帰宅、で、何か妙にテンションが上がってしまい 
誰もいない家(父・仕事、母・パート)に 
「たっだいまああああんはあああん疲れたあああはあはあはあああん!」と滑り込む様に帰宅して 
擦り寄ってきた猫たちを赤ちゃん言葉とムツゴロウさん的なペロペロで散々かわいがり
スポンサードリンク

このページのトップヘ