スポンサードリンク

226: 修羅場ステーション 2012/06/21(木) 23:01:15.86 0
ちょっと飛行機の流れ豚切って失礼します。数年前の修羅場。


当時私は実家を離れて下宿中の学生。
4つ年上の兄は大学卒業後就職し独り立ち。兄は実家から電車で一時間くらいの場所に住んでました。
夏の長期休暇で帰省した時に、久々に休みが合致した兄に珍しく食事でもしないかと誘われました。
なんでも兄の恋人のAさんが前々から私に会ってみたいと言っていて、それに影響されたのか何故かA姉さんも私に会いたいと言い出したので、四人でランチでもということらしい。

で、ランチ当日。
早めに待ち合わせ場所に着いて待ってたら、兄とAさん姉妹登場。
近づいて、挨拶しようと名乗ったら、い き な り A 姉 さ ん 号 泣 。
なんかもう「ウグッ…ウググッ」とか言って泣き声は抑えてるんだけど代わりに鳴き声がしてて、夏だし暑いから涙ですぐメイク融けちゃうしもうなんだかすごいことに。
私も兄もビックリしてたら、Aさんが「ごめんなさい、少し待って」とお姉さん連れて一時退場。
その後色々あって結局ランチはなしになってお開き。


続きます



スポンサードリンク

559: 修羅場ステーション 2018/07/09(月)22:23:44 ID:sMF
母が事故で突然入院して家の中のあれこれが一気に私に来た。
病院通いと家事のやりくりで頭も体も疲れが溜まって
この生活いつまで続くんだろうと泣きたい気持ちで何週間も過ごしてた。
そんな私とは逆にフリーターの兄は呑気なもんで
ネットで何か注文してはニヤニヤしながら荷物を部屋に持ち帰って引きこもり状態。
こんな時に信じられないけど自分の娯楽のことしか頭にないの。
病院に見舞いに行ったのも最初の1回だけで後は自分のことばっかり。
親が苦しんでる時に自分の趣味を思う存分満喫できるとか本気で神経疑うよね?



スポンサードリンク

790: 修羅場ステーション 2018/07/09(月)12:12:03 ID:JWk
俺は貧乏大家族だった
祖父母4人、独身ニートの伯父1人、両親2人、伯父の息子1人、兄弟3人の11人家族
伯父の息子は俺の両親の養子になっていたので長男扱いだったが、末っ子の俺とは20歳も離れてた
俺が10歳くらいの頃、長男が不倫して子供を作ったとかで、揉めて、いつの間にか出ていった
今思い返せば長男は働いても働いてもニートの伯父や貧しいこの家に金を吸い上げられて、ずっとこの家から逃げ出したかったんだろう
長男はその後女性と暮らしたが、結婚はせずいつの間にかシングルファザーになったらしい
俺もその後、家庭環境の悪さに嫌気がさし、中学で勉強をちょっと頑張って、高校からは奨学金借りて寮のある高専に行ったので、家族とはそのころから疎遠になっていった
次男と長女はどちらも工業・商業高校卒が最終学歴なので、俺が一番長く学生期間を続け、高学歴になったため、
毒親と伯父からはいつまでも子供気分で働きもせずと嫌味を言われ続けた
就職してから家とはほぼ絶縁状態だった
その後俺も結婚したものの、家が地獄だったから子供を作って家族を増やす気になれず
妻とは2人で生きていこうと話てた
そんな矢先に長男から子供の学費工面の話がきた
長男の子は17歳になってたが、高校卒業後に絵(フェイク)の学校に行きたい、だけどそれだけのお金がないとの話だった
長男は娘がどれほど絵が好きなのか俺に語り、自分の稼ぎが悪いから画塾にも通わせてやれないんだと泣き落としに入った

長男の娘が進みたい道は、妻も目指したかったが、お金と家庭にかける負担から諦めた道でもあった
だけど妻はその後独学で趣味として技術を磨いていた
一度始めると文字通り寝食を忘れて熱中し、練習内容も自分が納得するまで、指が痛くなっても氷で冷やしつつ
休憩中もプロの作品を何度もチェックしたり、楽譜に改善点を書き込んだりするので
俺は本当に好きな人っていうのはこんな人なんだろうと思っていた
そこで夏休みに長男の娘を呼んで、妻が技術や習熟度をチェックして教えることになったんだけど
家に来てから頑張ったのは初日の六時間だけ
単に絵を描くだけじゃなくて、妻が絵の歴史の変遷や作品の時代背景とかを話して説明してると、頻繁にアクビを噛み殺し
三日目になると筆を持つのもイヤイヤだとわかる始末だった
妻は根気よくやってたけど、見ていた俺が腹立たしくて、五日の予定を切り上げて三日の夜に家に返した
その際本人には「この3日妻を見てどう思った?本当に好きな人ってのはああいう人を言うんだ。本当に好きじゃない人は支えられない」と伝えた
しかし長男も長男の娘も納得しなかったのか、それからが酷かった
二人共意地になったのか、実力もないのにプロになるんだと借金してでも専門学校に行くことにしたらしい
そこで金はいいから妻の趣味で使う道具をよこせと言ってきた
学校に行くためには必須で、最低でも100万はする道具
それを若い娘の未来のために差し出せという
それも断ったら、「お前が10歳になるまで俺の稼ぎで生きてたんだ。10歳までの養育費として100万返せ」と言い出した
それを実家に嗅ぎつけられて、「長男にやる金があるならこちらに金をよこせ」と面倒が増えた
何度も何度も断っているけど、家にまで凸されたので、現在引っ越しを検討しているし
ただ、妻の趣味が続けられる物件には限りがあるので、今物件探しが難航している
正直100万で縁が切れるなら払うけれど、餌付けにしかならなさそうなので逃げるしかないと思っている
家族との縁を全部切りたい



スポンサードリンク

796: 修羅場ステーション 2018/07/02(月)14:10:14 ID:8nO
子供時代と、大人の今、2つの修羅場。
まずひとつめ。
当時、9才の兄、5才の私の下に妹が生まれた。
男の子もびっくりのやんちゃ者だった私、退院してきた母と赤ちゃんに大興奮。
同級生にわりと妹弟がいる子が多くて、私もずっと妹か弟がほしかったから、もうものすごく嬉しかったのを覚えてる。
で、大興奮した私は帰ってきた母と妹を見るなり、妹のベビーベッドで跳び跳ねて足を骨折、額を7針縫う、ベビーベッドを折る。
折ったベビーベッドに足をとられて転んだ兄も、アゴと目の横を3針縫う。
ちなみに兄はやんちゃではなく、どちらかというと学級委員タイプ。
このときも、私を止めに来て転んだらしい。
退院した母は、そのまま私と兄をつれて病院へ。
総合病院で産んだので、そのままとんぼ返りの形で恥ずかしかったとこのと。
その後大人になり、妹の婚約者との顔合わせ。
そうか、妹も結婚かーと感慨深い気持ちになり、兄とも「もう骨折と縫うのはやめようねwww」と笑い合って、和やかに妹たちを待った。
豪雪地帯のためけっこう雪がつもり、スーツ姿で雪に不馴れな婚約者さんはかわいそうだということで、兄のジャージや長靴をもって迎えにいった。
ついてちょっと挨拶して、話しながら駐車場に向かう途中、婚約者さんいい人そうだなーと思った瞬間、雪に埋まった。
田んぼに落ちたんだよね。兄のジャージや長靴もびしょびじょだし、ひとつなくした。
私も生き埋め状態になって、婚約者さん大慌て。
その後、名誉挽回しようとするも母や妹に何もしないでと言われてしまい、仕方なく兄の子供たちと外で遊んでいたら、雪に埋まった有刺鉄線に気づかず突っ込んでしまい、けっこうな流血。
腕をぱっくりやってしまい、白いのが見えていたので皆に呆れられながら救急車を呼んだ。
結局16針縫って、今も傷残ってる。
妹の結婚はそのまますすんだからよかったけど、兄の子供たちはあれから雪が怖くなってしまったらしく、帰省しても外では遊ばないし、雪の中は、誰かの通った道しか通れない。
私のというよりは、私のせいでまわりの人が修羅場になる。



スポンサードリンク

150: 修羅場ステーション 2018/06/30(土)12:58:10 ID:RFw
7歳上の従兄が就職に失敗してから引きこもっちゃって6年経過。
ここ3年くらい「ちーちゃん(私)が来るとあの子が部屋から出てきてくれるからお願い!」って伯母に懇願されて都合がつく土日は伯母家に行ってた。
別に行っても何するわけじゃなく従兄の話(ネットで仕入れたネタみたいなの)をへーへー聞くだけ。
刺激しないでって言われてるから反論なしでひたすらへーへーって。私はその間スマホも観れないからひたすら瞑想。
まあ1時間くらいで帰っていいって言われてるし、行かないと伯母からガンガン電話かかってきて逆にウザいから
嫌だけど仕方ない年貢を納めるような気持ちで通ってた。親も行けって言うし。
でもこないだひっさびさに兄が帰ってきて、何となく従兄の話をしたら兄が激怒した。
それ今話題のいわゆる無敵の人だろ!そんなとこに娘を人身御供に出して恥ずかしくないんか!って、親に怒った。
なんか私も麻痺しちゃってたんだよね。
でも兄が怒って、親がオロオロしてるの見たら親が承知の上で「伯母がめんどくさいから私を差し出してた」のがわかって、なんかスーっと冷めたし
あー行かなくていいんだって楽になった。
だから今日は従兄ん家に行かずにサイゼで一人飯してるんだけどやっぱ何か落ち着かない。
このあとは映画観てゆっくりお茶して夕飯までに帰ろうかなと。明日は友達と遊ぶ。
今頃家に伯母が電話攻撃してるんだろーなーと思うと気になるけど帰宅しちゃ駄目だと自分に言い聞かせてる。



スポンサードリンク

351: 修羅場ステーション 2018/06/13(水)13:00:35 ID:3pW
うちの両親は公務員してる。今も嘱託で働いてます。
父の方が福祉課に配属されてる時に、週末里親制度とかいう制度を啓蒙しなさいと言うことで、
我が家もその週末里親制度なるものに参加していました。
わたしには4つ上の兄がいてその兄と同い年の男の子がうちに里子に来ることになりました。
そして中学卒業までそれは続きました。でもその男の子の入ってる施設は、義務教育までしか
いることは出来ないので、相談された両親は、里子として高校進学を勧めました。
高校進学を機にうちに一緒に住むことになりました。
それで高校卒業時にうちの容姿にならないかとうちの両親はその男の子に言いましたが、
本当の自分の親に会えるまでは返事を控えさせてくださいと言ってそのままずっと里子というか、
同居人のままでしたが、結局、彼の本当の両親は再婚していて、会うことを拒否されました。
しばらくは、荒れていましたが、彼の方から、自分の親と兄弟が欲しいと頭を下げられ、
うちの養子になり、私の兄になりました。
実は、私は彼のことが好きだったのでものすごく複雑な気持ちだったのですが、
ようやく彼以外に好きな人が出来たので、彼が兄でよかったなと最近になって思うことができるようになりました。
この間、家族に彼を紹介したのですが、彼が兄妹三人とてもよく似てるねと言われたので、
永く一緒にいてホントの兄妹になったのだなと感慨深く思いました。



スポンサードリンク

328: 修羅場ステーション 2018/06/16(土)22:58:42 ID:Pcn
私が非常識なのかもしれない
兄嫁が妊娠中、頼まれて車を出し買い物に付き合ったことがあった
兄嫁に負担をかけないように、私はずっと一人で荷物を持ってた
買い物道中、兄嫁が「私ここのたい焼き大好きなの!」と屋台を出して個人でやってるたい焼き屋さんを指さした
そして「たい焼き一つください。私子ちゃんお会計お願いね」と言われたので、私は兄嫁のカバンから財布を取り出して支払った
そしたら店のおじさんが「おまけでもう一個入れとくから一緒に食べな」と言って2つ入れてくれた
車に乗り込むなり、兄嫁は「得しちゃった!私とお腹の子と一緒に食べなさいってことよね!」と2つとも平らげた
お金を払ったのは兄嫁だけど、私は今回のことで手間賃の一つももらってないんだからたい焼きくらいくれても…
でもたかがたい焼きで私卑しいのかな…と心にわだかまりが残った

別の日、偶然大学の帰りに税金の支払いで寄ったローソンで兄嫁と鉢合わせしたんだけど、その時からあげくん一個増量してたので、気まぐれに購入した
そしたら兄嫁が「一個タダじゃん!」的な発言をして、食べようとしたからあげくんを一個横からかっさらっていった
これも卑しいかもしれないけど、私にとってからあげくんは贅沢品で、一個増量中だから購入したわけで、すごくイラっとした
そして今日、父の日だから皆で食べようと思ってケーキを予約してたんだけど、朝から兄が私の車で甥っ子を検診(障害のグレー判定だったらしい)とかで病院に連れて行っており、足がない
(兄嫁がサロンに行って渋滞に巻き込まれたため帰ってこれず、兄の車が無かった)
そしたら少し前に帰ってきた兄嫁が、代わりに取りに行ってくれると言うのでお願いした
ケーキの代金は前払いしていて、ケーキは父のアレルゲンであるモモ抜きのフルーツケーキにしていた
ところが兄嫁のもらってきたケーキは全く別のケーキで、中をあけたら「ゆうたくん(仮名)お誕生日おめでとう」と書かれた、ライダーのデコキャラケーキ
慌ててお店に電話をして、ゆうたくん用のアレルゲン除去ケーキと父のアレルゲン除去ケーキが入れ替わっていたことが判明
お店の人が「いますぐ作り直してお届けします!」と言うので、ゆうたくんのケーキを箱に戻した
その後小一時間ほどですぐケーキを届けてもらったんだけど、その時ゆうたくんのケーキを渡そうとしたら兄嫁が「返せって言われたの?」と言い出した
結局お店の人がゆうたくんのケーキはそのままお持ちくださいというので受け取ることになったんだけど
兄嫁たちが帰るとき、ちゃっかりと兄嫁がゆうたくんのケーキを握りしめてた
私が指摘したら「男児用のケーキなんだから、うちの子が貰うわ」と言い出した
兄は「お前勝手に持ってきたのか!?」とびっくりしてた
結局私の両親が「子供の前で揉めない。いいじゃないの」と兄嫁にケーキを持たせて返した
確かに本来受け取るべきではなかったケーキで、それに執着する私は卑しいのかもしれない
男児向けなんだから甥っ子にってのも正しいのかもしれない
だけど一言くらい私に何か言ってもいいんじゃないの?
お金出さずに父の日のケーキも食べて、そのうえホールケーキ丸々タダで持っていくっておかしくない?と思ってしまう
やっぱり私が卑しいのか、でもそれ以上に兄嫁が卑しく思えてしまう
上記どれも私が金銭的に損したとは言えないからわだかまりが残るのかな
兄嫁をせめたらそれこそ本当に卑しくなりそうで言えずにいる
兄嫁と関わると必ず心に嫌なことが残るから、関わりたくないですが
私なんでこんなに卑しいんだろう…



スポンサードリンク

343: 修羅場ステーション 2018/06/14(木) 14:46:12.19 ID:WTGhV/WI
うちの兄は小さい頃から女子や年下に威張り散らすタイプ。
中学生の頃からネットに触れるようになりここ数年で立派な女叩き厨になった。
そんな兄の憧れはロシア美女と結婚すること。
兄がネットで仕入れた情報によると、
・ロシア女は短足厚化粧の日本人女と違ってスタイル抜群の美女揃い
・年取ると太ると言うけど日本で和食中心の生活すればその点も大丈夫
・ロシアはDV男が多い=ロシア女は健気にDVに耐えるか弱いタイプ
・ロシアでは共働きが当たり前。その上家事育児は女の仕事で当たり前。
らしい。
兄はいつの間にかネットでロシア女性と出会い、数回会っただけで奇跡的にも結婚に漕ぎ着けてしまった。
兄嫁は確かにスラリとして顔の小さな美人だったけど、その実態は兄の理想の真逆だった。



スポンサードリンク

403: 修羅場ステーション 2018/06/11(月)14:14:59 ID:565
人からしたら私も同罪。懺悔込みなので長文です。

私は世に言うコトメ。
たぶん兄嫁さんからは、例え実家を出てる存在だとしても十分邪魔な存在だろうと思って、一定の距離を保っていた。
兄の子が生まれたときも抱っこもしてみたかったし、早く会ってみたかったけれど、所詮は旦那側の肉親だと割り切って兄経由で出産祝いと手編みの顔を引っかかない用のミトンを渡したくらい。
月に一回実家に帰ったときに、遠目で眺めて微笑んでいるくらいにしていた。
まあ世のお嫁さんからしたら、これでも十分ウザい存在だったんだろうけれど。

問題はトメである母だった。
母は口を開けば「自分は大トメにこんなことをされたけれど、お父さんは全く助けてくれなくて毎日泣いていた」と言い、今現在はウトである父をサンドバッグのように扱っている。(父の自業自得でもあるから放置している)
それだけ苦労を語っていた母だけれど、同居中の兄嫁さんに対してクソトメ化していきている。
そもそも元からその気はあったし、兄から相談をされたときも「だろうな」っていうのが、感想だった。

最初同居するときも、兄や父には少し釘を刺したけれど全くもって役に立たなかったようで。
当時大学生だった私は「まあ、お互い良い大人なんだから上手くやるだろう。もし嫌になったら別居するだろう。もう自分だけでの兄ではないし、別家庭なのだから放っておこう」と思っていた。

しかし、その何年か後。
兄嫁さんが真冬なのにも関わらずつっかけサンダル、コートもなしで車で30分ほどの距離の私のアパートに突然やってきた。
月に一度くらいは会ってはいたから、痩せたとか顔色が悪いとかの見た目の変化はなかったけれど、見た瞬間に、これはまずいって分かった。
今考えても、なんでかは分からない。「突然だけど遊びに来ちゃったー」と確かに笑っていたはずの兄嫁さんを見て、兄嫁さんのメンタルがおかしくなっているのはすぐ理解できた。

そこからは、ニコニコ笑う兄嫁さんから少しずついろんな事を夜通しで聞いた。
・トメである母が子供を手放さない。
・ジュースとお菓子ばかり与える。
・仕事で帰りが遅くなる時、少しでも早く帰って子供に会いたいのに執拗に「外食をして来い」と言ってきて、帰っても当然ながら夕食が用意されていない。
・子供のために早く帰ることもできないからと仕事を辞めたときに、来客に「家の中に無職がいて、気が休まらない」と言われた。
・子供に食事を食べさせるために、自分の食事を後回しにして世話をしていたら「早く食べさせろ。その後は抱っこしていてやるから」と良いとこ取りで決して手伝ってはくれない。
などなど。
聞いているだけで、自分の親ながらヘドが出るような内容だった。
そこからは、一定の距離を保とうと思っていて実家に干渉しなかった私だけど、一気に覚醒?した。
実家にこまめに顔を出すようにして、母のことをクソババアと呼ぶようにした。

「なんで食事させるの代わってあげないの?育児の良いとこ取りとか、やってることは大トメと一緒じゃん」
「大トメのことクソババアって言ってるけど、やっていることは全くもって同類。二代目クソババア襲名おめでとう!」
「自分は共働きで、子供を大トメに預けるのが嫌だった。お父さんに経済力さえあれば自分で育てたっていう口で、兄嫁さんのことは無職って言うとか……。自分で言ってることもろくに覚えていない鳥頭かな?クルクルパーならぬ、クルクルババアかな?」

と、自分の親に対して酷すぎるかもって思うくらいに言った。
なんか兄嫁さんが泣きながらつらい、死にたい、離婚したいと訴える姿を見て、自分が言わねば!何かに火がついた感じだった。
兄や父は言い過ぎだと私を責めたが、自分の母親がクソトメ化していたことに対して、頭に血が上っていた私は

「今までは別家庭だと思って黙っていたけど、なんで言わないの?『私は良かれと思って』と言い訳してやっていることが、全部大トメと同じことしてるって誰も分からないのかな?兄さんが離婚して、養育費を支払って月一回の面会だけでこれからの人生良いならもう言わないけど?」

と、兄や父にまで感情任せに攻め立てた。
実の娘にボロクソに言われ、ようやく事態の重さに気づいた父と兄にも責められ、日に日に母は小さくなり結局兄夫婦と別居した。

それから私は兄嫁さんと仲良くやっている。
別家庭だからと思い口を出さなかった私を、トメコトメと敵認定していたらしく、あの日突然やってきた時も離婚する前に何か仕返ししてやろうと思ってきたらしい。
しかし別家庭だからと余計な干渉をしなかったという私の言い分を聞いて、それもそうかと兄嫁さん自身が納得し、互いに謝罪しあって終わった。
兄嫁さんの良い嫁キャンペーンも終わり、兄を尻に敷き、母にも負けじと言い返すようになった義姉を見れるようになって本当に良かった。



スポンサードリンク

このページのトップヘ