スポンサードリンク

元旦那

196: 修羅場ステーション 2018/07/01(日) 22:26:25.69 ID:OksOHUyq
愚痴。というか自分の不甲斐なさに呆れている


旦那が長男に本気でキレてしまった。

長男は(13)で不登校気味。何を言っても「前の父親は凄い。アイツ(今の旦那)は駄目だな」と本人を目の前にして言う。
だけど実際は違う。
元夫は長男に散々DVをし、血が出るまで笑いながら暴力を振るっていた。
今の旦那は「それは言う必要はないから黙ってろ」と言われ、黙っていたのだけれど、長男は記憶にないのか、知ってか知らずか平気でその事を言う。
上に長女が居るのだけれどDVの記憶があるので今の旦那に感謝しているし、高校生なのにベッタリしている。


問題は長男がとある日に次男(旦那にとっては実子)に「お前が居なければ生活が楽なのにな。あー。俺もゲーム買いたいわー」と言った事。
私が注意しようとした瞬間、旦那が今まで見たことがないような顔で「お前、2度と喋れないようにしてやろうか?」と暴力を振るった。
旦那は比較的温厚な方だし暴力なんて振るったのを見たこともない。
結構して八年。どんなことがあっても子供にはみんな平等に振る舞っていた記憶しかない。
こんな旦那を見たことがない。怖い。
私なりに旦那と一生懸命長男も教育したつもりだったけど、今後一人で長男を更生させて一緒に謝らなければいけない。
旦那は許してくれるだろうか



スポンサードリンク

621: 修羅場ステーション 2017/08/25(金)19:21:14 ID:1dN
結婚して幸せだと思ってたら旦那の浮気が発覚して離婚

数年後2年付き合った彼氏と結婚の話が出た
ご両親に挨拶の日取りまで決めたのに既婚者との浮気が発覚

相手の名前を聞いたら元旦那の浮気相手と同姓同名
相手は昔美人時計?だかに出てた沢尻エリカ似の子?と聞くと
そう、と言われ大爆笑した後に彼氏と別れた

全く接点のない元旦那と彼氏が同じ女性と浮気したのは衝撃だった
旦那の姓じゃなく奥さんの姓にしてるのかも知れないけど
美人時計?だかに出た名前を名乗って
飲み会で知り合った男とワンナイトする神経がわからん
ローカルかも知れないけど地元なんだから検索されたら一発でバレる

彼氏に浮気された友達とお互い慰め合おう!と飲んで
上記の話をしたら友達の元彼氏の浮気相手もその子だった



スポンサードリンク

943 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/07(火)12:50:53 ID:auq
元旦那に復讐できたかもしれない
前置きも含めてかなり長くなるから二つにわけます

元旦那の不倫相手が乗り込んできて、それから1週間後には離婚届を提出したのが6年前
子供は当時5歳と6歳で、上の子はあと半年で卒園だという時だったので本当に申し訳ないことをしてしまった
家計は元旦那が管理していたから私は文字通りの一文無し、頭を下げて実家を頼った
期限は三ヶ月(同居したら母と私、互いに甘えが出てうまくいかなくなるだろうから今はまだ一緒に住む時じゃないという結論)
スポンサードリンク

184 : 名無しさん@おーぷん 2016/02/17(水)12:41:27 ID:Gwz
元旦那からのロミオ。
妊娠中にウトが他界し、良トメと同居になった。
ハイリスク妊婦だったので、大病院激近バリアフリーなトメ家は正直渡りに船な立地だった上、トメとも仲がよかったので同居はありがたかった。
スポンサードリンク

388 : 名無しさん@おーぷん 2014/06/18(水)09:16:25 ID:Yum48Lece
1週間前に別れた元旦那からのロミメがうざい。
離婚原因は元旦那が私のアンティークベア(結婚前に買った物)を勝手にコトメにあげてたから。
スポンサードリンク

855 : 名無しさん@おーぷん 2015/08/02(日)23:24:28 ID:???
私も息子連れて再婚したけど息子の顔つきが元旦那に似て来るに連れ
冷たく当たるようになって、危険を感じて実家に預けた。
両親に説得されて未だ独り身だと言ってた元旦那に託したのが数年前。
スポンサードリンク

32 : 名無しさん@HOME 2010/06/29(火) 17:26:27
去年別れた元旦那から来たメールが地味にロミオだから晒す。 

(一通目) 
暑っいね〜 
そうめんが美味しい季節になったねー 
今湯がいてるんだけど、食べに来る? 
色々あったけど、俺は気にしてないから
スポンサードリンク

36 : 名無しさん@おーぷん 2015/09/05(土)14:28:46 ID:REB
DVで離婚後、ストーカー化した元旦那から逃れる為に遠方に引っ越した。
接近禁止を付け、住民票もロックしたので安心していた。

仕事を終え、家でくつろいでいると呼び鈴がなったので、ドアを開けると、元旦那がそこにいた。
スポンサードリンク

このページのトップヘ