スポンサードリンク

健康

259: 修羅場ステーション 2018/09/07(金)16:19:07 ID:aMJ
30男です
以前働いていた職場を辞め、現在はニートです
辞めた理由は過労と鬱、強迫性障害を診断されたからです
自覚症状はなかったのですが、夜中に奇声を上げたりしていたらしく、受診を勧められ、何度か通ううちにそういった診断結果が出ました
職場でも精細さを欠いていたことと、お金にもまだ余裕があったこと、医者に辞めることを勧められたこと、親や上司にも辞めることを勧められたこともあり、やめることになりました
医者によると、心身をリフレッシュするべしとのことですが、何をしていいのかがまったくわかりません
親にもお金は必要なら出すから、何かを楽しみなさいと言われます

しかし、仕事をしていないことの罪悪感で、何かをすることもできず、とても悩んでいます
趣味もこれといってありません
お酒も得意ではなく、職場を辞めた今友人もいません(仲のよかった友人もその職場を辞め、遠方で働いているそう)

自分は何をしたらいいのでしょうか?



スポンサードリンク

775: 修羅場ステーション 2018/10/22(月)10:28:59 ID:EEX
子供が嫌いという食べ物があったとき、どうしてますか?

私も夫も「嫌いなら無理に食べなくていい」という環境で育ちました。
それを食べなきゃ死ぬって訳じゃない、大人になれば食べられるようになるものもあるから今は無理に食べなくていいという感じです。
実際、今現在私も夫も健康ですし、子供の頃嫌いだったものが今好物になってたりもします。
誰かと外食の時は、「これ嫌いだから食べてほしい、逆に嫌いなものあったら頂戴」がまかり通る友人にも恵まれました。

私も夫もそういう環境で育ちましたが、いざ親になった時、同じようにしていいのか?と疑問です。
嫌いな食べ物があるのは人として当然と思う反面、私達が克服させなかったせいで将来苦労させてしまったらどうしようとも思います。
かなりの偏食で苦労している人を見た事もあります。
今の食育ってどんな感じなんでしょうか?
今はまだ子供は居ませんが、どうか先輩方の体験談お聞かせください。



スポンサードリンク

378: 修羅場ステーション 2018/06/14(木)13:15:21 ID:WaB
昨日、大学に行く前にコンビニに寄ったらお弁当を見繕ってるお爺ちゃんがいて
軽くぶつかってしまって「すみません」「いやいや」の流れから
お爺ちゃんに「これとこれ、どっちが美味いと思う?」って聞かれた。
塩豚カルビ弁当と炭焼き牛カルビ弁当の二択だった。
うーん・・・って迷ってたら「あんたならどっち買う?」って言われたので
「私だったら今日は豚カルビにして、明後日牛カルビにする」って答えたら
「明日は?」って言われたので「肉の二日続きは重いから明日は幕の内」って言った。
そしたらぽーぽー笑いながら「それ採用」って言われたw
それからちょこっと世間話になったんだけど、
奥さんが亡くなって一年ぐらいになるそうで、家事を何もやってこなかったから
食べることに本当に困ったそうだ。
「奥さんの有難みがよくわかったでしょー」って笑いながら冗談言ったら
でもここに来ると、これまで食卓に上らなかったようなものが色々あって
選ぶのが毎日楽しいんだって。
「でもそれは奥さんが健康を気遣って作ってくれたもんだと思うよー」って言ったら
コンビニ弁当ばかりじゃ身体に悪いと思ってるけど、早く死んで婆さんのもとに行きたいから丁度いいんだって。
お爺ちゃんの奥さんへの愛にちょっと感動しちゃって
思わず「そっかー、早く行けるといいね」って酷い事言ってしまったw
でも笑ってたからいっかw



スポンサードリンク

804: 修羅場ステーション 2015/02/21(土) 22:12:41.80
俺は東北出身、嫁は京都育ち
味付けのセンスが致命的に悪かった
ていうか嫁の料理まじで味がないレベル
ハンバーグ作るにも塩コショウほとんどしないし、材料と肉or魚を鍋に突っ込んで蒸し焼きとか頻繁だった
味噌汁でさえ味がない

半年耐えたがもう無理だと思って「味がないんだよ!!」とブチ切れた
嫁は冷ややかな目を向けたが自分で作れとも食うなとも言わなかった
ただ淡々と嫌がらせのように、もっと味のしない料理が並び続けた
そのままメシマズは半年続き、計一年耐え抜いた結果

健康診断で血液検査したらめっちゃ健康診断になっとるwwwwwww
コレステロールも下がってるだけじゃなく、悪玉が減って善玉が増えてた
中性脂肪もかなり減った
家系が糖尿病の遺伝を持ってたがそんな予兆もなし

その後さらに一年たったら嫁の料理の味が解るようになってきた
三年目の今は嫁の料理がうますぎて、インスタントラーメンとか辛すぎて食えねぇ・・・

スポンサードリンク

このページのトップヘ