スポンサードリンク

修羅場

796: 修羅場ステーション 2018/07/02(月)14:10:14 ID:8nO
子供時代と、大人の今、2つの修羅場。
まずひとつめ。
当時、9才の兄、5才の私の下に妹が生まれた。
男の子もびっくりのやんちゃ者だった私、退院してきた母と赤ちゃんに大興奮。
同級生にわりと妹弟がいる子が多くて、私もずっと妹か弟がほしかったから、もうものすごく嬉しかったのを覚えてる。
で、大興奮した私は帰ってきた母と妹を見るなり、妹のベビーベッドで跳び跳ねて足を骨折、額を7針縫う、ベビーベッドを折る。
折ったベビーベッドに足をとられて転んだ兄も、アゴと目の横を3針縫う。
ちなみに兄はやんちゃではなく、どちらかというと学級委員タイプ。
このときも、私を止めに来て転んだらしい。
退院した母は、そのまま私と兄をつれて病院へ。
総合病院で産んだので、そのままとんぼ返りの形で恥ずかしかったとこのと。
その後大人になり、妹の婚約者との顔合わせ。
そうか、妹も結婚かーと感慨深い気持ちになり、兄とも「もう骨折と縫うのはやめようねwww」と笑い合って、和やかに妹たちを待った。
豪雪地帯のためけっこう雪がつもり、スーツ姿で雪に不馴れな婚約者さんはかわいそうだということで、兄のジャージや長靴をもって迎えにいった。
ついてちょっと挨拶して、話しながら駐車場に向かう途中、婚約者さんいい人そうだなーと思った瞬間、雪に埋まった。
田んぼに落ちたんだよね。兄のジャージや長靴もびしょびじょだし、ひとつなくした。
私も生き埋め状態になって、婚約者さん大慌て。
その後、名誉挽回しようとするも母や妹に何もしないでと言われてしまい、仕方なく兄の子供たちと外で遊んでいたら、雪に埋まった有刺鉄線に気づかず突っ込んでしまい、けっこうな流血。
腕をぱっくりやってしまい、白いのが見えていたので皆に呆れられながら救急車を呼んだ。
結局16針縫って、今も傷残ってる。
妹の結婚はそのまますすんだからよかったけど、兄の子供たちはあれから雪が怖くなってしまったらしく、帰省しても外では遊ばないし、雪の中は、誰かの通った道しか通れない。
私のというよりは、私のせいでまわりの人が修羅場になる。



スポンサードリンク

737: 2018/08/12(日)10:30:51
すき家の炎上動画見て思い出した
ばあちゃん(故人)が88歳になったとき、末広がりでめでたい数字だとかでお祝いをした
10年以上前かな?曾孫の代まで集まって、でかい座敷を貸しきりにして食事会をした
それを叔父が撮影していて、DVDに焼いて持っていた

伯父が亡くなり、通夜とか葬式って待ち時間が長いもんだから「元気だったときの伯父を見よう」と叔父嫁が言い出して
ばあちゃん88歳のお祝いのDVDを皆で見た



スポンサードリンク

712: 2019/01/05(土)19:38:16 ID:Un6
長い長い、お正月の出来事の愚痴です。長文嫌いな人はスルーしてね。

12月29日に妊娠が判明。
別にサプライズのつもりはなかったんだけど、31日に義実家に行った時に義父母に報告したら
義母が速攻でケーキ焼いてくれたのね。
そして夕方義兄夫婦がやってきて、夕食が終わって8時頃にそのケーキを切り分けてくれたんだ。
義兄「なんのお祝いですか?」義母「私ちゃんがね・・・」となって、おめでとーおめでとーって雰囲気に。
いやまだ妊娠が分かっただけだしそんな大袈裟な・・・と思いつつ、やっぱり嬉しかった。
嬉しかったけど、心の隅で「マズイ・・・」とも思った。
案の定義兄嫁さんが不機嫌全開になり、その理由を全員が察してお通夜のような空気に。
義兄嫁さんはその後部屋から出て来ず、翌日の元旦も拗ねて部屋から出て来ない。
義母、ケーキを作ったのがまずかったかしらってオロオロしながら部屋に出向いて謝ったみたいだけど
戻ってきたら「私ちゃんと話したいんだって」って言われて部屋に向かった。
向かいながら正直私、腹が立ってた。
私は27で結婚して2年目の妊娠。ずっと欲しかったから小躍りしたいほど嬉しい。
義兄嫁は10年前に結婚した時点で既に35歳。(夫と義兄は年が離れている)
諦めきれず現在も不妊治療中だそうだ。
私も子供がすごく欲しかったからできない辛さは想像できる。
だけどやってることがあまりに大人げないと思う。
部屋に入ると目を真っ赤にした義兄嫁さんに「私ちゃんも同じ女性なんだから私の気持ち分るよね?
サプライズってそんなに楽しい?」って言われた。
「サプライズのつもりはなく、ただ妊娠が分かったのでお正月にお酒は遠慮したいってそう言う事を伝えただけです。
あと、私がおねえさんの立場なら、自分の気持ちだけで回りを振り回したりしません」って言ってやった。
言い過ぎとは思わない。



スポンサードリンク

38: 2019/01/04(金) 18:39:22.89 ID:iR/XxBad
ここ1年で起きた修羅場なんだけど相談する人も居ないから書かせて貰う。
多少のフェイクをいれる。

自分には少し歳の離れた20前半の弟がいる、昔から仲は良かったと思うし、一緒に遊んだりもしていた。
自分は既婚の自営業で、昔から好きだったある事を仕事にしている。家族を食わせられるぐらいには。弟は中小企業のサラリーマンで勤め人。
俺は嫁と一緒に数年前から自分の実家に転がり込んでる。というのも俺の仕事が忙しくて、年に2~3回ほど数ヶ月単位で海外へ行かなければいけないからだ。
嫁の身体も強くはなくて実家が無いもんだから、今後どうするか夫婦で話し合っていたら、俺の両親が同居を提案してくれて、一緒に住む事になった。
嫁は仕事の事を理解してくれてて、俺ちゃんは仕事頑張って来てね、私は仕事頑張ってる俺ちゃんが好きだから、私は俺ちゃんの御両親大好きだから大丈夫だよと背中を押してくれている。
去年の盆、帰国出来てたんで、そのタイミングで弟も帰省して家族勢揃いだった。
前日までは一緒に飲みに行ったりしていたんだ。
だが2~3日経ったある日の夜、ふとしたキッカケで喧嘩になった。
原因は、俺の仕事のことを含めた価値観の違い。
家族を養うなら年収1000万必要だ、嫁をパートとは言えど働かせるなんて間違ってる、俺は仕事の昇級試験受けたり努力しているが兄貴は努力なんてしたことないだろ、と。
弟が言う事はあまりにも絵空事で、つい大笑いしてしまったんだ。
俺はサラリーマンした年数なんて3、4年だが、入社2年目の弟が目の前で繰り広げる自論は、俺にとってはちゃんちゃらおかしい事だった。
嫁は高卒で飲食店で働いてる、そのことについても馬鹿にしてきた。
高卒で飲食店ごときのパートの女なんてたかが知れてる、俺はもっと良いスペックの嫁を捕まえる、と。
更には、夢を追うのは馬鹿がする事だ、兄貴がやってる事は家庭も顧みず両親にまで迷惑をかけている、両親も同じ事を言っていた、らしい。
弟からしたら、俺と嫁は実家を食い物にする寄生虫だと言う。



スポンサードリンク

896: 修羅場ステーション 2018/11/27(火)12:49:59 ID:Dfk
色々時効と思うのでフェイク多めに入れて書く。
近所の人が読んだらすぐわかるだろうけど。
県外に嫁いだ友達が、ある日赤ちゃんを連れて遊びに来た。友達は痩せていたが「母乳をあげるとどんどん痩せるんだ」と言っていたので信じた。
友達は楽しそうでよく笑った。「赤ちゃんはかわいいが、たまに一人になりたいときもある」と言うので
「じゃすぐそこに喫茶店があるから、コーヒー一杯分休んできなよ。その間赤ちゃんを見てるよ」と、私は友達を喫茶店に案内し、赤ちゃんと帰った。
しかし二時間たっても友達は帰ってこなかった。携帯にかけたが応答なし。
怖くなって友達の実家に電話した。友達の母が来たので赤ちゃんを渡し、私は警察に電話したり、あたりを探した。
結果的に言うと友達は自殺していた。方法は伏せます。最初のうちは自殺か事故かわからなかったが、あとで遺書が見つかった。
きちんとした字で、前から自殺を考えていて清書したらしい遺書だった。
旦那さんが浮気したことや、浮気相手が家に来たこと、旦那さんが開き直って逆に「お前が至らないから浮気した」と責めたこと、暴力ふるわれたこと
その後旦那さんが改心して、やり直そうと決めたのに、また浮気相手から密告があって続いていたのがわかったこと、旦那が帰ってこなくなったことなど書かれていた。
ここから友達母の復讐。
友達両親は離婚した。残された赤ちゃんは、友達父と祖父母が養育すると決まった。
友達母は友達の葬式で、喪主の旦那を名指しで「人殺し」と糾弾。遺書を読み上げ、旦那の浮気相手(驚いたことに出席してた)の髪の毛をつかんで引きずり出し、スカートをまくってストッキングの尻を露出させ蹴りを何度も入れた。
浮気相手が「キャー」と叫ぶも、誰も助けない地獄絵図。旦那は棒立ち。
友達母は火葬場に行くバスに旦那を乗せず、ビンタし「お前にだけは娘の骨は拾わせない」「行きたきゃそこに土下座しろ」
なぜか旦那両親が土下座したが、無視して旦那と旦那両親は乗せず火葬場へ。お骨は分骨なしで友達実家が引き取り、友達実家のお墓に納骨した。
葬儀は旦那実家がある方の土地であげたので、出席したご近所さんによって壮絶な葬儀の様子は広まり、旦那と旦那実家は「ばちがあたる」と噂されたらしい。
友達母は旦那と浮気相手に付きまとい。
その頃はストーカー規制法がまだなかったから、警察はちょこっと注意するだけで「お母さんの気持ちも考えてあげなさい」と旦那さんに逆に説教。
友達母は復讐のために家庭も配偶者も捨てた。「娘がいない今私に捨てるものは何も無い。刑務所に入ったっていい。何も怖くない」
浮気相手は震えあがり、実家に相談したらしい。浮気相手の両親がお金持って土下座したけど「金なんかいらない。娘を生かして返せ」と友達母は浮気相手を殴る蹴る。
暴行で逮捕されたけど、すぐ釈放されてまた付きまとい。
一番最初にまいったのは浮気相手父と、旦那母。精神的に病んだ。浮気相手父は退職。旦那母は家事ができなくなり、家は汚宅に。
次に旦那と、旦那父が病んだ。ともに退職。鬱発症。
浮気相手、自殺したが失敗。後遺症が残った。浮気相手母は最後まで持ちこたえたけど、友達母に職場で騒がれたのをきっかけに退職。鬱。自殺。
浮気相手は「責任とれ」と旦那を急襲。籍はどうか知らないけど、汚宅の旦那実家同居開始。
しかし溜めたゴミに引火して火事。全焼。死人が出たが誰かは伏せます。
今、旦那の行方はわからない。
友達母は、友達のお墓があるお寺の近くにアパートを借りて独居している。
赤ちゃんが何事もなく成長し、無事に成人したのが救い。



スポンサードリンク

142 : 名無しさん@おーぷん 2014/12/28(日)13:47:41 ID:7I4
長文&微グロ注意



全ネ果で血まみれでゲロを吐く姉を見たこと。

私がちょうど仕事が忙しい時期に、姉がおめでた。
つわりでタヒにそうになってるっていうのは母から聞いていた。
母が食料や家事なんかを手伝いにいってたんだけど、
修羅場開けて暇になった私が交代してあげたんだ。
スポンサードリンク

780: 修羅場ステーション 2018/06/29(金)22:40:21 ID:ygB
私の修羅場は、式の半月前に破談にしたこと。
夜中に突然電話がかかってきて「あやうく騙されるところだった!おまえがそんな尻軽女だったとは!
気が付いて良かったよ!あぶねーあぶねー!結婚は無しだ!死ね!糞が!!!」と。
「え?なに?なに言ってんの???」と聞き返すも電話が切れてそのまま着拒された。
数日後、弁護士を名乗る人が自宅を訪問してきて、彼が婚約破棄したいと言っている。
理由は二股掛けられていたことが分かったから。証拠写真もある。
ていうか自分の目で見た。職場の同僚とホテルに入るところをこの目で見た。
などなど書類に書かれたのを読み上げられた。(実際の文章はもっとキチンとしてたけど)
青天の霹靂、全く身に覚えがない。
写真を見せて貰ったら同僚がふたり写ってた。
確かに女の方は私と似てるって常々言われてた。
よく見ると全然違うんだけど、背格好と雰囲気がすごく似てるらしい。
同僚を私だと思って後をつけて写メ撮って婚約破棄だと騒いでたわけ。
誤解が解けて婚約破棄は破棄だって言ってきたけど、こっちの気が治まらなかった。
いくら背格好と雰囲気似てるからって、婚約者を間違えるとか許せん。
百歩譲ってそこは許したとしても、あまりに一方的に罵倒されて
話し合いもなく弁護士寄越すとかふざけるなって思ったし。
で、相手有責で破談にした。たぶんこちらの弁護士とやつの弁護士とは腕が違い過ぎたんだろう。
結構な慰謝料もぶんどった。



スポンサードリンク

318: 修羅場ステーション 2018/03/18(日)00:43:00 ID:MEh
同じ様な事をしていた友人二人の明暗がくっきり別れてしまった事。

中高からの友人AとBは結婚相談所のサクラのバイトをやっていた。
サクラと言っても本格的なものじゃなくて、お茶一回いくら、その後デートしたらいくら
もし気に入った人がいたら本格的に付き合っても良いみたいな
少し割の良い無料会員みたいなものだった。(相談所のシステムとしては女性入会料金ありな所)

Aは一回30分~1時間数千円のバイトと割り切って見合い(顔合わせ)を繰り返し
Bはもうちょっと悪質で、お金を持ってそうな男だと仮交際の段階まで言って
そこで色々奢らせたりデートでプレゼントを買わせた後、気に入らない理由を色々作って
はいさよならしていたらしい。

Aは一回だけちょっと気になった男がいて、真剣交際の段階まで行ったらしいんだけど
結局相手の家族に紹介された段階で怖くなったとかで相手をFOしてバイトも辞めた。
Bは結婚してからもしばらくサクラのバイトをしていたけど、一度B夫にバレそうになって
すぐに辞めたと聞いた。

その後AもBも結婚してそれぞれの家庭を作ってたんだけど、ある日Aが男に刺された。
サクラのバイトしていた時に真剣交際まで行った男だった。
男は結局結婚は上手くいかず、Aも忘れられずに悶々としていた所
たまたま夫と仲良さそうに歩いているAを見かけて、今の自分が上手くいってないのは
Aに騙されたせいだと思い込み衝動的にやってしまったらしい…



スポンサードリンク

133: 修羅場ステーション 2017/10/10(火) 20:26:15.47 0
長文注意です。

同居の元ウトメ&元バカ旦那にいびられ毎日朝4時にトメの怒声で起こされ家事掃除ウトメ自営の手伝いを日が暮れるまで無給でやらされていた。旦那からの生活費もなかった。
旦那は働きに出ていたから「俺まで4時に起されたら仕事にならない」と同居して2週間で私の寝室は2畳の物置になった。
義実家敷地内の工場みたいな場所で食事の用意の時以外ずっと昼間でも暗い豆電球ひとつ、エアコンもない。
夏は裸になっても全身あせだくでひどい汗疹になり、冬は土下座して貸してもらった石油ストーブ(灯油をもらう時も頭を下げてお願いしなければ貰えなかった)で1日3人分ほどの作業ノルマをこなした。
暗い、臭い工事に一人でいるので(ウトメの作業場は別)ウトは私をモグラと呼んでいた。

食事も味噌汁のカス、運が良ければ漬物と米を1日2回だけだった。
傍目から見てもガリガリだったと思う。トメの口癖は「こんな鶏ガラ抱く気にならんやろから孫はみれんねぇ!あーあ!ハズレくじひいたじゃ」。
それを元旦那とウトやほかの親戚の前で言われると毎回恥ずかしくて消えたくなる気持ちだった。

ある日トメの機嫌の悪い日にお客に出すからなんかお菓子買ってこいと無一文で放り出された。買ってこれず困る姿を見たかったのだろう。

このいびりはトメのお気に入りでどれだけお金がないんですと言ってもあとから出してやるから早く行け!!と追い出された。それが真冬でも台風の日でも。

しかしその日は何故かお金も持っていないのに街まで歩こう、と思った。
出発した時小雨が降っていたがあの工場にいるよりいいやと思った。

すみません、続きます


このページのトップヘ