スポンサードリンク

作家

638: 修羅場ステーション 2018/12/08(土)20:16:24 ID:zn9
長いです

大学の頃、俺は将来はプロ作家になりたいと夢見て
ブギーポップの三番煎じみたいな話をせこせこ書いてるオタだった
それがなぜか、オタの巣窟の文芸部で
一人だけすごく御洒落で可愛いA子から告白されて付き合うようになった
A子は当時から小説家志望で「この分野で何歳までにデビューしたい」と
結構はっきり公言してたし実際かなりの量を書いてた
部誌に提出する作品もレベルが高い長編
同人サイトもやってたけど、短文でも毎日のように何か新作を載せて
とにかく筆が早くて厚い同人誌をどんどん出すから人気があって
大学の頃には同人誌の利益があるからバイトする必要ないって言ってたレベル

就職も、A子は小説を書く時間を確保するために
『実家から通勤出来て残業が無い会社』を第一条件に就活して
本当に驚くほどホワイトで福利厚生の充実してる企業に就職した
俺は就活の頃から書く意欲が完全に消えてしまったから
A子はこのまま書き続けてプロになるといいな、と思ってたけど
23区内の実家暮らしのまま都心で働き始めると
A子は『小説家になるための勉強』と称して
最低でも週1は映画やお芝居の鑑賞することを自分のノルマにしはじめた
定時退社がデフォで家と会社の間に劇場や映画館が沢山ある
都心の恵まれた環境だから出来ることだろうけど
そのうち宝塚にハマって同じ公演に何度も通ったり
日本全国飛び回ったりするようになってた



スポンサードリンク

187: 修羅場ステーション 2018/07/03(火)12:42:28 ID:orN
社会人になってから付き合った彼女
物静でほんわかした可愛らしい人で、好きな小説家が一緒だった
自分も彼女もその作家の作品は全て揃えているのだけど、彼女は作中の台詞や文章をよく覚えていて、会話の中にちょいちょい挟んできた
中二病臭い独特の言い回しが多いんだけど、そんなに嫌ではなく、むしろ記憶力いいなー、と尊敬していた
そんな彼女は読書以外趣味らしい趣味はなく、休日もあまり外出はせず、テレビも見ない人だった
買い物もあまりしない
本もその作家以外はあまり読んでないみたいだったので、一人のとき何しているのか不思議だった

あるとき、初めて彼女の家に招かれた
独り暮らしの部屋には、ほとんど物がなく、ただ、大きな本棚があって、そこにはその作家の本と、大量のノートが収まっていた
「このノートは何?」と聞くと、はにかみながら見せてくれた
ノートにはびっしりと小説の中身が書き写されていた
「好きすぎて写経してるの」「書いてると言葉が心に染み込んできて、幸せになるの」
とうっとりした笑みを浮かべながら言ってきた
ちなみに、その作家の文章は難解で、一冊の量が多い
別に悪いことしてるわけじゃないし、人に迷惑かける趣味でもないけど、なんだか怖くなって最終的に別れた



スポンサードリンク

このページのトップヘ