スポンサードリンク

余命

438: 2018/12/19(水)06:25:47 ID:PoH
父が先日できものができたので総合病院に行ったら担当した医師Aに
「癌です」と断言されたので父は当然だが母もブチ切れてAと口論になった。
その際父はAの年齢を聞くと30歳前と答えたので父は
「検査もしないし、こちらの話も最後まで聞かない。患部を見ただけで癌と
断定するほどお前は症例を見て来たのか!」
「年齢的に研修医の期間を終えて間もない医師が勝手に癌と決めるな!
検査した結果良性とか別の病気と分かったらお前はどうするんだ!」と
両親は納得もしないし、Aの態度が「自分の診断は間違ってない」という自信と
両親に「これだから老害夫婦(両親共に70過ぎ)は」と吐き捨てたのもアウトだった。
結局医師を変えてもらい診察をしてもらったが、それでも「癌の疑いがあるので検査をしてください」と
言われたので検査を受けて、今度は大学病院で今後の話し合いとなった。
検査の結果は初期段階の癌だった。

こちらの仕事に多少影響が出るので上司に報告したら
「最近は病名を言わないといけないと決まってて、初診時に断言するらしいよ?
理由は病名を言う言わないでトラブルを防ぐためらしいけど、検査もせずに
癌と断定される方が余計トラブルが増えると思うんだが?」と、上司も親が
「癌です」と初診時に断言されて医師とモメて検査の結果悪性ではなく
良性と判明した時も上司の家は医師と修羅場になったらしい。

パートさんの息子さんが医学生なんだが、その人もそうやって
教えられてるらしいんだが、これ余計患者と家族とトラブルが増えるだけだと
思うん。がんセンターの医師は「普通は初診の段階で断定する事は言わない」と
「検査結果から判断して患者さんに言う」と言っていた。

ちなみに父はもう1つ別の病院でも診てもらったが、30過ぎの若い医師で
そこでも初診の段階で「癌です」と言われて一悶着を起こしてた。
まだそこの医師は説明をした上で「検査しましょう」というだけマシだったが。
若い医師にとっては初診の時に癌の疑いがある患者に話しと触診とかするだけで
「癌です」と断言する医師が多いんだろうか? 仮に癌じゃなかったら
患者と家族と余計モメる事になると思うんだが。



スポンサードリンク

395: 2018/11/04(日) 11:39:53.03 ID:kXUjVNeO0
末期癌最終期で後僅かな命なんだけど、亡くなったら早々に妻の物は処分した方が良さそうだなってスレ見てて思う
何年も悲しみや苦しみの中で生きていても子供達や周りの人に心配ばかりかけそう



スポンサードリンク

520 : 1/3 2015/04/12(日)00:50:33 ID:bcv
長文になるが、語らせてくれ。
嫁と出会ってから嫁が亡くなるまでの半年間が人生最大の修羅場。
嫁の元旦那に慰謝料請求されたときが人生第二の修羅場だった。

嫁と俺とは幼馴染だったんだが、もう十何年も全然会ってなくて、
人づてに嫁が別の男と結婚したらしいと聞いたときも「ふーん」てなくらいだった。
それがたまたま家の近所で再会したんで、懐かしくて声かけたら、俺の顔見るなり泣き出した。
どうも家出らしいとは思ったが、結構な夜更けだし、行くあてもないらしいからとりあえず俺んちに連れていった。
聞けば、旦那が浮気して女を堂々と連れ込むようになったんで家出したんだが、
実家には「外聞が悪い」と追い返されて途方に暮れてたらしい。
着の身着のままで所持金もほとんどなかったし、何だか具合も悪そうだったんで、
とりあえずそのまま泊まってもらうことにした。
スポンサードリンク

1 : あと半年 2015/06/20(土)18:54:16 ID:eIL
俺の寿命がわかったので、資産と遺産を元子に託そうと6年ぶりに連絡したら
「この電話は登録されてないです」との事。
6年間養育費を払って、一度も面会予定を設定されずこれかよ。
もう興信所に頼むしか手はないのかな?あと半年!
四年セXれすされて、金だけ取られて、最後はこれかと思うと焼酎飲んでる。

4 : あと半年 2015/06/20(土)18:59:31 ID:eIL
子供は好きだったけど、3歳だったから俺が現れたら混乱するんじゃないかと思って会わんとこうと我慢してた。
離婚調停書には「日時場所を協議して面会する事」とあったが一度も連絡はなかった。
嫌われたならしょうがない。と思って仕事だけに生きてきた。
6年後余命宣告。
もっと娘に話していきたい事があった。
いつか娘が見るかもしれないと思って楽器弾いてる動画とかたくさん撮ってた。
2 : 名無しさん@おーぷん 2015/06/20(土)18:57:50 ID:1MU
ど〜お前に声をかけてやっていいかよく分からんが…
本当だったら残りの人生悔いのないように生きてくれ…
スポンサーリンク

このページのトップヘ