スポンサードリンク

交際

275: 修羅場ステーション 2018/04/24(火) 11:50:31.46 ID:wE4GCFbm0
嫁に初めて会ったのは入社した直後の飲み会。当時俺22歳、嫁26歳。
違う部署だったが気さくに話し掛けてくれた。嫁は優秀でかなり出来る先輩。
一方俺は新入社員であることに加え、上司が問題のある人だったのでとても苦労した。
能力以上の仕事を割り振られたり、過度な叱責など日常茶飯事だった。
そんなんで疲れ果てていた時、嫁が飲みに誘ってくれた。
最初の頃は緊張していたけど、何度も行くうちに愚痴を言えるようになった。
俺は嫁の事好きになってたけど、嫁は俺の事眼中にないと思ってたし、気持ちを告げてこの関係が終わるのが怖かった。
しかしついに俺はストレスで倒れてしまった。医者には入院+自宅療養数ヶ月だと言われる。
上司は辞表を出せと言ってきたので、すぐに出してやった。
嫁は入院中見舞いに来てくれ、退院後はまた飲みに誘ってくれた。
回復後再就職を目指すも、1年足らずで会社を辞めてる事や、ストレスで倒れた事で難航した。嫁が気晴らしに連れ出してくれたのが救いだった。
その後なんとか職に就いた。前の職場と違いホワイトだった。嫁も喜んでくれた。
でも前職のトラウマか、数ヶ月で体調不良になり、上司に平謝りで退職した。
この時心が折れ、もう実家に帰ろうと思った。
つづく



スポンサードリンク

412: 修羅場ステーション 2018/04/24(火) 20:48:42.62 ID:kATUgMCh
本交際してるのに並行されてた
これって浮気じゃないのかよ

相談所は「女性にとって結婚は一生の事だから慎重になるのは仕方ないと思わなきゃ」とか沸いた事ぬかすし
そんなもん男だって同じだわ

理由を聞いたら「あなたと私が本当に合うか確かめたかった」とか言って、詳しく聞けばデートがマンネリになってたところに他の男からアプローチされてぐらついたんだと
そりゃ毎回俺が計画して俺が金だしてんだからマンネリにもなるわ

露骨にラインの返信遅くなったからオカシイと思ったんだよな

あー婚活ってアホらし
何が悲しくて底賃金のクソ女どもを接待して、ご機嫌取りしなきゃならんのか



スポンサードリンク

482: 修羅場ステーション 2018/04/03(火)13:25:25 ID:u2b
弟と一緒にタケノコ取りに自分ちの山に入ったら他県ナンバーの軽自動車発見
出たなタケノコ泥棒こらしめてくれるわと近寄っていったらどうも様子がおかしい
寝ている女性が見えたのでガラスを叩いたが反応せず、これもしかしたら自殺じゃね?
となったので、ガラスを割って救助(後部座席で練炭炊いてた)
救急車で搬送され、幸い後遺症もなく生還

病院へ見舞いに行って事情を聞いたら、婚約者に浮気されて捨てられたとのこと
結婚式場のキャンセル料払わそうとしたら逃げられて、逆に自分が
ひどい女であるような噂を立てられた
自分は天涯孤独なのでどうしようもないから死のうと思ったとのこと

あまりに可哀想なので知人のツテを頼って弁護士を紹介してもらい
渋る彼女を説得して金も貸して、元婚約者と浮気相手(元婚約者の妻)を訴えさせた
結婚前に仕事も辞めて遠方から出てきて行き場がないという彼女のために
入院費を立て替えて、実家(農家)の空いてる部屋を貸した
田舎すぎて働く場所がないから、兄嫁の子の面倒を見てもらってたまに畑を手伝ってもらった
法人化してる農家なもんで、住み込み従業員として雇って社会保険に入って給与も支払った
兄嫁と年が近いらしく意気投合して、たまに買い物に出かけるようになった
彼女の誕生日には兄嫁にお金を渡して、彼女の服を買ってもらったりした
夕食後にホールケーキ出したら泣かれた

元婚約者との裁判は、元婚約者がアホなのでLINEやらSNSやらに証拠がたっぷり残っていて
裁判直前にあちらが白旗をあげて完全勝利
キャンセル料+慰謝料諸々を勝ち取って、そこから入院費+αを返そうとしてきた
もううちを出て行くつもりなのだと察して「このままうちにずっといたらいいのに」と
名残惜しさのあまりつい口に出したら「実は、そのつもりです」と目をキラキラさせて
弟との結婚前提の交際を告白された

いつの間に手を出してたんだクソ弟めと俺涙目ww
そりゃ下心がないとは言えんが、よそから預かったお嬢さんだと思って紳士やってたのにw
まさにくやしいのうのAAのまんまな気分だった
入院費と弁護士費用は、結婚祝いということで返還不要と言ってやった
結婚のときに祝儀を包んだら「あのときもらったのに」と辞退されそうになったから
「いいから俺の顔も立ててよ」とかっこつけてきた
今年生まれる第一子の名前には、俺の名前から一字取るらしい
嬉しいけど俺も嫁さん欲しい



スポンサードリンク

このページのトップヘ