スポンサードリンク

不安

430: 修羅場ステーション 2017/10/16(月)12:32:57 ID:j8J
愚痴というか相談というか
もう婚約済み、来年結婚式後同棲という状態なんだけど、婚約前の想定と違い過ぎて新生活不安過ぎる

・結婚するかの時
互いに今の職を続けて共働きするか婚約者の家業を継ぐか(他県の田舎)とりあえず、家業の労働条件を確認しよう⇒家業を継ぎたい話をそのまま両親に伝え、やっぱやめるとは言いづらい状況に
最終的には家業を継いだ方が世帯年収が上がるということがあり承諾した
・互いの仕事について
自営業だと経営に波があるだろうから私は別途正社員就職してリスク分散で合意⇒義母に引退希望のため事務やってと言われる
・家業の休日について
基本土日祝休みで月1で土曜日出勤⇒日祝休みで土曜は半分出勤、繁忙期は土曜日ほぼ出勤
・家事について
分担しようね⇒手伝うね

これくらいの想定との相違は普通あるものなのでしょうか
私には自営業で働く人の夫になるという自覚が足りないのか
先日、物件探しに行ったときに店員が婚約者にしか名刺を渡してこなくて、私はこの人の付属品になってしまうのかとイライラしてしまった
義実家の方には知り合いがいないのも不安
逐一、想定と違ったときに指摘しているけどちゃんと受け止めてくれてるんだろうか
かといって、しつこく言うのもどうかと思って
本人の事はすごく好きなだけにこのモヤモヤとした気持ちの落としどころがわからない



スポンサードリンク

118: 修羅場ステーション 2018/04/22(日) 08:09:35.61 ID:F9iQpN3j
料理が全く出来ない彼女に冷めて別れた事がある。
確かに実家が裕福みたいな感じは会話から感じていたが、彼女のマンションに行った時に驚いた。
炊飯器もフライパンも包丁も無い。
あるのはトースターとレンジと電気ポットだけ。
朝はトーストとコーヒーとコンビニのサラダすませ昼は会社の近くのコンビニで夕食は外食。
本人は料理を覚える気も無い。
色々と不安になって別れた。



スポンサードリンク

767: 修羅場ステーション 2018/04/03(火)09:15:45 ID:j5z
もう少しで子供の入学式があるんだけど不安しかない…。
先月半ばくらいにプレ授業(新1年生対象の1時間程度のお試し授業ね)があったんだけど、野猿園と呼ばれてる保育園出身の子達が大暴れ。
3分と椅子に座ってられない、他の子の髪や腕を引っ張る、脱走、突然奇声を発する、気にくわないと床に転がって泣き喚くなどなど…。
毎年野猿園の園児こんなんばっかなんだよなぁ…。
そりゃ野猿園以外の子の中にも泣いたりちょっかいをかけたりしてたのは数人いたけど野猿園の子達はほぼ全員がそんな感じ。しかも毎年。
上の子の時も野猿園の子達が似たような感じで大暴れして怪我人まで出た。
出来ないだろうけど、あそこの園は入学拒否してほしい。



スポンサードリンク

743: 修羅場ステーション 2018/04/02(月)08:52:02 ID:FOm
コトメ(夫妹)がとにかく自立しない。嫌いじゃないけど不安だ。
コトメは趣味も似てるし明るいし美人だし付き合いやすい人ではあるんだ。
でも、ずっと実家(私にとっては義実家)住まいで一人暮らしの経験はなくて
自分で生活基盤を作ったことがないからか、何とない幼さがすごくある。
義実家はとても不便な場所にあってコトメの職場まで二時間以上かかるのに、
自分で物件探したり引っ越したりするのが面倒だし一人暮らしが怖いそうだ。
そもそも独立するという考えが全くないらしく
「結婚以外で実家を出る意味がわからない」
「自分で家を買う独身女性が理解できない」とよく言っている。
スペック的には独立できると思うし、本当は都会で暮らしたいそうなんだけど。
結婚したら自分の旦那が全部やってくれるから、という姿勢で、
でも婚活もしないし彼氏も作らないまま40歳を過ぎてしまった。

去年ウトが大きな病気をして、今後も通院・介助が必要になった。
ウトメ双方が体を悪くしていることは夫が何度もコトメに言っていたし、
何かの折に私の実両親や実家について先々のことを話していると
「私たちの親世代はまだ元気だし死なないから。心配しすぎ」と言ってた。
でもこうなって、ウトメは老人向けマンションを夫婦で確保した。
それ以来、コトメが急にこちらに接近してくるようになった。
元々親しく付き合っていたけど、もっと距離詰めて家族の一員として接してくる。
初めて親の老いに気が付いて寂しくなったのかなと思っていたんだけど…。

私や夫にさりげないマウンティングをする。そんなに不快なものではないけど。
「私は社会の大体のことは全部わかってる、賢い、役に立つ、情報通」ってことを
すっごく匂わせる。今まではそんなこと全くしなかったのに。
子供にも急接近していて、一応ガードしているけど子供達も戸惑ってる。



スポンサードリンク

このページのトップヘ