スポンサードリンク

上司

128 : 名無しさん@おーぷん 2014/05/13(火)09:56:45 ID:hNOovJpkx
とりあえず流れは読まない!そして長くなりました。スミマセン
ヲタ話含むので、苦手な人はスルーしてくださいね。

勤め先のビルが同じ男が勘助だった。
フロアが最上階にあったから、出来る限りエレベーターに乗ったら乗り合わせた人には、挨拶・階数聞き・扉を開け閉めをいつもしてたんだけど、
スポンサードリンク

51 : 名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水)23:34:56 ID:1Gb
職場の上司(30代の女性)が物凄く太ってる
マツコデラックスをギュッと握って固めて圧縮した感じ
で、その上司が頻繁に自虐デブネタを口にするんだけど、
部下と上司という立場なだけに正直言って反応に困る
スポンサードリンク

546 : 名無しさん@HOME 2012/10/07(日) 21:37:38
俺の去年あった修羅場 

下痢になってけつがかぶれたので、風呂で綺麗に洗おうと思ったんだが 
スポンジでやると痛そうだったので石鹸を素手で泡立てて洗った
スポンサードリンク

436 : 名無しさん@おーぷん 2015/07/07(火)19:29:49 ID:o16
この前の日曜日、死ぬかと思った

うちの部長は本社の役員も兼ねているので、たまにしか俺の職場には顔を出さない
コワモテなうえにゴリマッチョな見た目なんだが、ヅラを装着している
それがもう「素敵な帽子ですね」と冗談を言うのも憚られるレベルのヅラ
1500万プレーヤーなんだから、もっといいの作れよ!って全力でツッこみたくなるクオリティ
だけど笑っただけでそのデカイ拳で粉砕されるんじゃないかってくらい怖いので誰も言えない
まあ、単純に偉い人だから誰も触れられなかったんだけど
スポンサードリンク

201 : 恋人は名無しさん 2008/11/26(水) 10:59:15 ID:gU3EKrqG0
流れぶった切って、幼馴染が巻き込まれている修羅場を投下。 

A男:29歳独身 ・ B男:36歳バツイチ ・ C子:27歳独身 ・ D子:32歳独身 
(全員同じ会社・部署は違う) 

 A男はC子と約2年付き合っており、C子との結婚を考え始めていた。 

 A男は職場のおじさん・おばさん連の人望が厚く、嫁候補がいないならD子ちゃんが 
いいんじゃない?などとしきりにD子とくっつけられそうになっていた。 
最近それがエスカレートしてきていたので、同じ職場にいるC子は気が気じゃない。 
A男とC子の話し合いの結果、A男は社外に彼女が出来たことにした。
スポンサードリンク

813 : おさかなくわえた名無しさん 02/08/06 16:09 ID:eqhycXy5
ウチの夫の直属の上司、
とにかくウチの夫を酒に誘う。
夫も、アフターではちょこちょこと
付き合っているみたいだけど、
ついに一昨日、日曜日の夕方にお誘いの電話が…。
スポンサードリンク

727 : 名無しさん@おーぷん 2015/04/17(金)09:10:59 ID:4mq
同期にバレそうだが、衝撃的だったはなしを。
ちなみにその職場には現在働いていません。

女性ばかりの職場で、上司ももちろん女性だったのだが、いわゆるおばちゃん!って感じの人だった。
飴ちゃん配ったり、おしゃべりが大好きだったり、テレビでやってた節約術を実践したがるようなおばちゃん。でも、仕事はバリバリできる、みたいな。
私はそんな上司のもとに卒後すぐに配属された。
スポンサードリンク

246 : 本当にあった怖い名無し 2013/03/11(月) 03:14:55 ID:dElbPDe50
初書き込みなので読みづらかったらすみません。

スペック

私 20歳 学生 女

副社長 30前後 妻子持ち


デザイン事務所で就職を前提にバイトを始め、親睦会をしようと副社長と居酒屋へ。
前に事務所のパーティーで喘息っぽくなるから酒はあまり飲めないと伝えていたけど、飲み放題を頼まれて無理矢理飲まされ、結局終電で帰れなくなってしまった。
満喫に泊まろうとしていたら、部下を一人にするなんて危ないから始発まで一緒にいてあげると言われて他の飲食店へ行くことに。
スポンサーリンク

894 : おさかなくわえた名無しさん 2007/10/15(月) 02:30:11 ID:ImJjskis
前の職場の上司だった奴。既婚37歳。
私がそいつの下に配属されてから暫くして、
終業後仕事のことで話があるから
軽く御飯でも食べながら話そうと言われた。
その日は本当にほぼ仕事の話だけで普通に帰ったんだけど、
次の日からなぜか私を見る目がネットリしてきた。
ある日別室のコピー機のところに行ったらソイツが登場。
他愛もない話をしてコピーができるのを待ってた。
しかし、私が出来たものをまとめるために
ソイツに背を向けた瞬間、抱き着いてきた…。
ビックリして振り払うと、
スポンサーリンク

このページのトップヘ