333: 修羅場ステーション 2018/02/08(木)18:59:24 ID:V27
ゼミのグループワークで同じ班になった中にAという男子がいる。
初対面で「メイド喫茶で働いてそうな顔をしてるねww」と言われた。
ハァ?意味わからんと思ってスルー。
その後「×××(知らない横文字っぽいタイトル)のエンバン貸すよ」と言われた。
エンバンの意味がわからなくて「わからないからいいです」と言うと舌打ちして離れていった(後に円盤=DVDらしいと知った)
同じ班の女子と雑談していて、お互いの彼氏のことを話していたら
「見栄張ってるw」とAに絡まれたり、私が知らない人の名前が結婚したどうとかで「昨日泣いた?目が赤いぞ」とからかわれたりした。
Aの言動のすべてがイミフで、気味悪いので避けた。
避けたら余計粘着され、班長の男子が見かねて注意してくれるまで続いた。
グループワークがほぼ終わって、ちょっと早い打ち上げの飲み会をしたんだけど、その時彼氏に迎えに来てもらった。
Aはなぜか私の彼氏をずっと架空の存在だと決め付けていて「画面から出てくるのかよw」とか言っていた。
実物の彼氏が登場して、Aは物凄く驚いていた。
周囲に「本人がずっと彼氏いるって言ってただろう。なんで驚くのかお前の方が驚き」と言われていた。
その後、班長の男子がAから色々聞いてくれて、
Aの中では「メイド喫茶で働いてるのを否定しなかった→図星→オタク女」になっていたと知った。
彼氏は何かのゲームのキャラだと思われてたらしい。このへんはなんでそう誤解されたのか不明。
結婚したどうこうの人はアニメの声優。なぜこの人のファンだと認定されたのかも不明。
「オタク女=下に見ていい」みたいな感覚だったみたい。
ちなみに私は勘助スレとかでよく見る色白黒髪きょぬーなルックスではないです。ネイルもメイクも頑張ってるし。
ていうか私がたとえオタクだったとしても見下げられる覚えはない!!神経わからん



スポンサードリンク