スポンサードリンク

マンション

540 : 休憩所249 2006/09/24(日) 16:36:32
スレ違いどころか板違いだけど、かまわず投下。 

子供の頃父親から軽く虐待(セクハラ含む)を受けていた私は 
高校を卒業して家から遠く離れた寮のある会社に就職しました。 
寮と言っても、独身寮は男性ばかりなので、 
私は家族寮を一人で使わせてもらっていました。
スポンサードリンク

65 : 恋人は名無しさん 2011/09/11(日) 16:36:51.58 ID:093uyaTQ0
パチ○カス彼女① 

去年暮れから続いてつい最近終わった話で 
少々長いですが、ご了承ください。 

俺=当時27 フツメン リーマン 
 カノ子=当時26 俺の彼女 見た普通 付き合って3年 
パチオ=当時30 パチプロ 
 A= 友人 当時27 フツメン 
B子= 当時26 友人の彼女でカノ子の親友 

仕事にも慣れてきて、そろそろ結婚かなと思って矢先に彼女がパチ屋から出てくるのを偶然に見てしまった。
スポンサードリンク

588 : 1/2 2008/09/26(金) 09:53:36
昔の彼氏がそうだった。 
ステーキ店(海側の高層ビルで景色の綺麗な高級店)に 
行きたいって言われて行った。 
御馳走してくれるものだと思ってたら、レジで金が無いと言い出した彼。
スポンサードリンク

279 : 名無しさん@HOME 2012/11/12(月) 22:23:54
数時間前に実際に自分の身に修羅場が起きたよ…。 

仕事から帰ってきてマンションのエレベーターに乗り込もうとしたら、 
「○○さん」と名前を呼ばれ、ふりむいたら、数年前に会社を辞めた後輩(女)がいた。
スポンサードリンク

39 : 恋人は名無しさん 2012/07/18(水) 12:10:54.28 ID:qPaie/CKO
同棲するようになってから家事を彼氏の母親と比較されるようになった。 
「母さんならこうするのに」 
「うちでは髪の毛一本落ちてないかったな」 
小姑のような嫌味ったらしい口調で棚や引き出しをあけて確かめる彼氏。 

彼氏の稼ぎで暮らしてたので調子にのったんだろう。
スポンサードリンク

416 : 名無しさん@HOME 2006/05/28(日) 23:09:28
ウト・旦那・息子・私の合わせ技ですが。そして長文ですが。 

結婚以来ずっとウト(常識があるいい人)が所有するアパート(義実家まで徒歩5分)に住んでいたんだけど、 
運良くいい物件にめぐり合えたので、夫婦の貯金をはたいてマンション購入。 
旦那の通勤時間は大幅に短縮されたし、長女の就学に間に合ったし、 
なにより私と長女・次女(ウトメにとっての孫娘)を嫌っているくせに、 
長男(次女とは双子)と旦那溺愛でほぼ毎日突撃してくるトメと離れられてすっきりしていた。 
スポンサードリンク

609 : 名無しの心子知らず 2011/09/22(木) 21:07:24.71 ID:Ja8ltdLp
小梨夫婦の私は、半年前からとある事故物件のマンションに賃貸で住んでる。 
その部屋は他より半値近くの家賃。立地も日当たりもいいし 
何より内装が全部新品なんだよね。その部屋だけ。 
転勤の2年間だけだったので、まぁいいかと思い入居。 
住んでみたら拍子抜けするくらい何も無いw噂とは大違いだった。
スポンサードリンク

257 : 可愛い奥様 2012/06/26(火) 20:57:21 ID:MyWy/Tan0
ついさっきうちのマンションで起こった事件。 

お昼頃、中国人のガキが自分ちの隣にマンション伝いに侵入。 
それを外壁工事の打ち合わせで下にいたマンション組合の理事長がばっちり目撃。 
私を含めた役員数人が押し入られた家とガキの家の双方にピンポン連打。 
あせったガキども花火(室内)と台所の包丁で応戦。 
警察到着。だが役立たず。 
二時間ほど前に警察が鎮圧。 
けが人複数・・・かすり傷だけどね・・・ 
警察「まあまあお互い話し合って・・・あまり大げさにせずに・・・」 
できるかああああぁぁぁぁ!!!! 
年齢聞いたら12歳と11歳だって・・・一家全員出て行ってほしい・・・
スポンサードリンク

88 : おさかなくわえた名無しさん 04/12/06 13:54:44 ID:XWwtXsNk
図々しい訪問販売の神経がわからん。 
私は既婚で共働きなんだけど、土日が休みの職業じゃないので 
休みは平日で、家でまったりしている。 
その日も旦那が仕事に行ったあと、少し街に出て午後1時ごろ帰ってきた。 
しかし、マンションに着いてみるとオートロックのエントランスのドアが全開、 
誰でも入ってこれるようになってる。無用心なので、ドアを閉めて、自動ロックがかかったのを確認。
スポンサードリンク

このページのトップヘ