315: 修羅場ステーション 2018/10/29(月)23:24:43 ID:5vR
趣味でハンドクラフトをしていた友人Aが結婚を機に引っ越すことになり
諸事情によりハンクラをやめることになった
大量の資材と道具類の処分に困ったらしく、当時別分野のハンクラをしてた私に
格安で買い取ってほしいと連絡がきた
たとえるなら、レザークラフトをやってる人にビーズ細工の資材を引き取れと
いうくらい無茶苦茶な話ではあったが、Aが困っているようだったので引き受けた
Aは私以外に友達がいないらしく、私が断ったら捨てるしかないと泣かれたので
しかたなくというのが本音
資材一式を受け取ってリストアップして気づいたが、格安といっても定価×0.9くらい
しかもほとんどが開封済みでかなり減っているうえに、壊れている道具もあった
Aの転居で物理的に距離も離れるし、餞別代わりだと思って何も言わなかった

珍しい資材については、他のハンクラ仲間Bが、私がAから引き取ったときの
金額そのままで引き取っていってくれた
余ったもののうちまともな道具と資材だけを残して、使えないものは処分した
手元にあるものをどうしようかと悩んでいたらBが「教えてあげるから
始めてみたらどう」と声をかけてくれた
私はそういう手仕事のようなものをやったことがなかったが、Bと一緒に
あーでもないこーでもないとやるのはとても楽しかった
Bは狭い社宅暮らしで別に作業部屋を借りていたので、どうせならうちの
空いてる部屋を使えば?と誘って、うちの空き部屋を物置と作業部屋にした
半年もすると人に見せられる程度になり、1年たつ前にBと一緒にイベントに出展した
BのSNSには根強いファンが多く、Bのおまけではあるが私の作品も売れた
イベントに何度か出展するうちに私のSNSにもフォロワが増えて
リピーターも出てくるようになった
その頃にあるサイトで特集記事を組んでいただき、Bと一緒にインタビューを受けた
Bのほうが当然圧倒的に売れっ子なのだが、Bはとても優しい子で私のほうを
ずいぶんと持ち上げてくれた

その記事を見たAから連絡があった
転居してから2年以上たっていて、初めてのことで何かと思ったら
「私のおかげで儲けられるようになったんだから多少還元しろ(意訳」とのこと
Aの理論でいえば、Aは私の趣味の師匠であり、今私があるのはすべてAのおかげ
だから私はAに儲けを献上しなければならないらしい
返事をせずにそっとブロックしたのでその後はわからないが
私が儲けを献上しなければならないのはどう考えてもBのほうだw
ただB本人はお礼を受け取ってくれないし、家賃浮いたからと資材を
分けてくれたり、私の作品をSNSで宣伝したりしてもくれる…
同じ人間のはずなのに、どうしてこうも差が出るんだろうな



スポンサードリンク