スポンサードリンク

スカッ

244 : 名無しさん@おーぷん 2014/05/17(土)13:23:56 ID:???
プチですが誰もいらっしゃらないようなので。

子供が2〜3歳のころの話。

しきりに、耳を手で掻くのでお耳がかゆいのかな?と思い
お医者さんの指示通り、綿棒で入り口あたりを軽く掻いて掃除していた。
2週間に一度ぐらいでいいと言われてはいたんだけど掃除してもやっぱり耳を掻く
ちょうど、風邪気味で病院にいく予定があったのでついでに耳も見てもらった
スポンサードリンク

193 : おさかなくわえた名無しさん 2010/03/04(木) 14:24:07 ID:gQZW5DaZ
昼前の出来事なのですが車を運転中に店舗からバックで出てこようとする車がいて 
信号待ちの列が続いていたので間隔を開けて止まってあげたらバックで急加速して私の車に激突ww 

おっちゃんは「バックしているんだから止まってなぁ〜」と言い私側が悪いみたいな言い方… 
その内、首が痛いとか言い出す始末。 警察が来たら警官に「人身にしてもらうわぁ〜」と 
言って完璧私に責任を押し付けて来る状態に…
スポンサードリンク

905 : 名無しさん@HOME 2009/01/04(日) 16:44:01
うちの娘のお年玉は100円。同い年のコトメ子君は1万円。 
渡したトメとその場で開けるように言ったコトメはニヤニヤしてた。 

泣きそうな顔してる娘を見て、頭に血が上りかけたけど 
ウトさんは「おい、○○!(トメ)」とすぐ怒ってくれたし、 
旦那は「最悪だな。嫁子帰ろう…」と言ってくれたので少し冷静になれた。 
コトメ旦那は呆然としてた。 
スポンサードリンク

383 : 本当にあった怖い名無し 2013/11/04(月) 14:28:58 ID:2aRXtGo4i
自分が中学の頃にやった復讐もどき。書き逃げごめん。スレチかもとは思う。スッキリもしないと思う。 

私は先天性の身体障害があり車椅子生活。友達は少ない方で、オタクで喪女。 
父親から遺伝しての障害だったので、一人っ子。そしてブス。 
人生ハードモードだから、両親が死んだら自分はひとりで生きていかなきゃいけないっていう意識が強くあって、勉強だけは頑張っていた。 
スポンサードリンク

853 : 名無しさん@HOME 2009/05/01(金) 20:10:51
勝ったと思った。旦那は今お風呂。ニヤニヤが止まらないよーーーー。 

新婚2ヶ月目、車で30分くらいのところに儀実家がある。 
GWだからっていうから行ってきた。泊まる予定だった。 
旦那一人っ子、トメにはまだ可愛い僕ちゃんだったみたい。 
結婚の挨拶のときも、結婚式も普通だったから気がつかなかった。 
スポンサードリンク

863 : 名無しさん@HOME 2014/04/21(月) 12:50:38.90
同居して半年、嫌味意地悪満載なトメが友達を連れてきた。 
「嫁を完全に制御してるアテクシ」をアピールしたいのかいつもにも増してグチグチと嫌味のトメ。 
掃除をやり直せ、何やらせても遅いノロマ、嫁がこれじゃ親もさぞかし常識知らず、 
とまくしたてながらリビングへ行き、「早くお茶淹れなさいよ。ごめんね、気の利かない嫁で。」
スポンサードリンク

604 : 名無しさん@HOME 2005/07/15(金) 19:07:53
近距離別居の結婚2年目嫁です。 
免許もちが義実家周辺で私と旦那しかおらず、何かと車を出してと 
頼ってきて御礼はおろか図々しさに磨きがかかっていくウトメ。 

ディズニ●ランドに家族で遊びに行くから車出してと前日に電話が・・・。 
ウトメ・コトメ・コトメ旦那+幼児2を乗せて往復3時間のドライブ・・・。 
しかも現地で一泊するらしく、私はまた翌日迎えに行かないとダメらしい。 
スポンサードリンク

719 : 名無しさん@HOME 2007/01/24(水) 13:27:23
旦那の弟嫁を散々いじめ抜き病院送りにしたウトメ。 
弟が嫁の病院の近くに引っ越した為、同居も解消されてしまった。 
それが気にいらないのか最近私たち夫婦に擦り寄ってきだした。 

うちは新築マンションを購入予定で 
正月に義実家に言った時、ウトメに間取りを見せながら 
「この和室はお父さんとお母さんの部屋にするんです」と言うと
スポンサードリンク

342 : 名無しさん@HOME 2011/05/25(水) 22:28:16.19 0
先日義実家のお墓参りに行った時のこと。 
ウト姉一家(ウト姉夫婦、娘、娘旦那)も来ていてみんなでお墓参りをした後、うなぎを食べに行く事に。 
私はいつものように何も聞かれず並。夫とウトメは特上。 
夫は気づかないし、言っても「特上がいいって言えば?」と馬鹿。ウトは空気。
スポンサードリンク

このページのトップヘ