スポンサードリンク

クラスメート

87: 修羅場ステーション 2012/10/04(木) 22:16:14.35 0
長いので分けました。
前編

ちょっと昔のこち亀に、両津と中川が入れ替わるって話があったの覚えてる人いる?
結局両津の策略で単に中川の立場を両津が奪っただけなんだけど、中川も両津の振りをするから『ワシも中川も両津?じゃあ中川はどこに行ったんだ?』って混乱するやつ。
30年ほど前にアレと似たような状態になったのが最大の修羅場。

学校の掃除の時間にうまく絞れてない雑巾で拭き掃除をしたらしく、水でびちゃびちゃになっていた廊下を歩いていた私。当時小学校低学年。
滑って転んで後頭部を強打して、「チクショー後で掃除担当だった奴に文句言ってやる」と思いながら立ち上がったら、背中からクラスメートのキャー!という叫び声が。
振り向くと廊下に真っ赤な水溜り。しかも妙に首筋が湿っぽい。
まさかこの赤いのって私の血かと思ったところで傷が痛みを自己主張し出して、ぎゃああぁぁぁ!という悲鳴が勝手に出てきた。
そのまま担任の先生の車で病院に運ばれて、病院に着くや否や数針縫われて包帯も巻いた。
傷自体はたいしたこと無いけど、怪我した場所が場所なので一応一晩だけ様子見ということで入院する事に。
親は包帯巻いた頃に真っ青な顔してやって来て、元気に挨拶したら泣かれました。
これが第一の修羅場。

さて入院中にふと思う。
先天後天合わせて、やれ喘息だ不整脈だ視力異常だと体のあちこちに病気と爆弾を抱えており、それらの治療の為に結構家計に負担を負わせている自覚のある七歳児。
病気と障害に、ついに怪我まで加えて三冠王となったか。
これはちょっと心を入れ替えて、いい子にならねば親に申し訳が立たぬ。そんな風に決意を新たにしながら病院のベッドで一晩眠りました。



スポンサードリンク

925 : 本当にあった怖い名無し 2009/06/09(火) 10:21:53 ID:ZRI84ijb0
小学生、中学生時代に漫画家を目指して描いていた。 
主人公は必ずクラスメートをモデルにしていた。手軽だったし。 
3本描いたくらいで、あることに気づいた。
スポンサードリンク

このページのトップヘ